20.17. SocketServer --- ネットワークサーバ構築のためのフレームワーク

注釈

SocketServer モジュールは、Python 3 では socketserver にリネームされました。 2to3 ツールが自動的にソースコードの import を修正します。

ソースコード: Lib/SocketServer.py


SocketServer モジュールはネットワークサーバを実装するタスクを単純化します。

基本的な具象サーバクラスが4つあります:

class SocketServer.TCPServer(server_address, RequestHandlerClass, bind_and_activate=True)

This uses the Internet TCP protocol, which provides for continuous streams of data between the client and server. If bind_and_activate is true, the constructor automatically attempts to invoke server_bind() and server_activate(). The other parameters are passed to the BaseServer base class.

class SocketServer.UDPServer(server_address, RequestHandlerClass, bind_and_activate=True)

This uses datagrams, which are discrete packets of information that may arrive out of order or be lost while in transit. The parameters are the same as for TCPServer.

class SocketServer.UnixStreamServer(server_address, RequestHandlerClass, bind_and_activate=True)
class SocketServer.UnixDatagramServer(server_address, RequestHandlerClass, bind_and_activate=True)

These more infrequently used classes are similar to the TCP and UDP classes, but use Unix domain sockets; they're not available on non-Unix platforms. The parameters are the same as for TCPServer.

これらの 4 つのクラスは要求を 同期的に (synchronously) 処理します; 各要求は次の要求を開始する前に完結していなければなりません。同期的な処理は、サーバで大量の計算を必要とする、あるいはクライアントが処理するには時間がかかりすぎるような大量のデータを返す、といった理由によってリクエストに長い時間がかかる状況には向いていません。こうした状況の解決方法は別のプロセスを生成するか、個々の要求を扱うスレッドを生成することです; ForkingMixIn および ThreadingMixIn 配合クラス (mix-in classes) を使えば、非同期的な動作をサポートできます。

Creating a server requires several steps. First, you must create a request handler class by subclassing the BaseRequestHandler class and overriding its handle() method; this method will process incoming requests. Second, you must instantiate one of the server classes, passing it the server's address and the request handler class. Then call the handle_request() or serve_forever() method of the server object to process one or many requests. Finally, call server_close() to close the socket.

ThreadingMixIn から継承してスレッドを利用した接続を行う場合、突発的な通信切断時の処理を明示的に指定する必要があります。 ThreadingMixIn クラスには daemon_threads 属性があり、サーバがスレッドの終了を待ち合わせるかどうかを指定する事ができます。スレッドが独自の処理を行う場合は、このフラグを明示的に指定します。デフォルトは False で、Pythonは ThreadingMixIn クラスが起動した全てのスレッドが終了するまで実行し続けます。

サーバクラス群は使用するネットワークプロトコルに関わらず、同じ外部メソッドおよび属性を持ちます。

20.17.1. サーバ生成に関するノート

継承図にある五つのクラスのうち四つは四種類の同期サーバを表わしています:

+------------+
| BaseServer |
+------------+
      |
      v
+-----------+        +------------------+
| TCPServer |------->| UnixStreamServer |
+-----------+        +------------------+
      |
      v
+-----------+        +--------------------+
| UDPServer |------->| UnixDatagramServer |
+-----------+        +--------------------+

UnixDatagramServerUDPServer から派生していて、 UnixStreamServer からではないことに注意してください --- IP と Unix ストリームサーバの唯一の違いはアドレスファミリーでそれは両方の Unix サーバクラスで単純に繰り返されています。

class SocketServer.ForkingMixIn
class SocketServer.ThreadingMixIn

Forking and threading versions of each type of server can be created using these mix-in classes. For instance, ThreadingUDPServer is created as follows:

class ThreadingUDPServer(ThreadingMixIn, UDPServer):
    pass

The mix-in class comes first, since it overrides a method defined in UDPServer. Setting the various attributes also changes the behavior of the underlying server mechanism.

ForkingMixIn and the Forking classes mentioned below are only available on POSIX platforms that support fork().

class SocketServer.ForkingTCPServer
class SocketServer.ForkingUDPServer
class SocketServer.ThreadingTCPServer
class SocketServer.ThreadingUDPServer

These classes are pre-defined using the mix-in classes.

To implement a service, you must derive a class from BaseRequestHandler and redefine its handle() method. You can then run various versions of the service by combining one of the server classes with your request handler class. The request handler class must be different for datagram or stream services. This can be hidden by using the handler subclasses StreamRequestHandler or DatagramRequestHandler.

もちろん、まだ頭を使わなければなりません! たとえば、サービスがリクエストによっては書き換えられるようなメモリ上の状態を使うならば、フォークするサーバを使うのは馬鹿げています。というのも子プロセスでの書き換えは親プロセスで保存されている初期状態にも親プロセスから分配される各子プロセスの状態にも届かないからです。この場合、スレッド実行するサーバを使うことはできますが、共有データの一貫性を保つためにロックを使わなければならなくなるでしょう。

一方、全てのデータが外部に(たとえばファイルシステムに)保存される HTTP サーバを作っているのだとすると、同期クラスではどうしても一つの要求が処理されている間サービスが「耳の聞こえない」状態を呈することになります --- この状態はもしクライアントが要求した全てのデータをゆっくり受け取るととても長い時間続きかねません。こういう場合にはサーバをスレッド実行したりフォークすることが適切です。

In some cases, it may be appropriate to process part of a request synchronously, but to finish processing in a forked child depending on the request data. This can be implemented by using a synchronous server and doing an explicit fork in the request handler class handle() method.

スレッドも fork() もサポートされない環境で (もしくはサービスにとってそれらがあまりに高価についたり不適切な場合に) 多数の同時要求を捌くもう一つのアプローチは、部分的に処理し終えた要求のテーブルを自分で管理し、次にどの要求に対処するか (または新しく入ってきた要求を扱うかどうか) を決めるのに select() を使う方法です。これは (もしスレッドやサブプロセスが使えなければ) 特にストリームサービスに対して重要で、そのようなサービスでは各クライアントが潜在的に長く接続し続けます。この問題を管理する別の方法について、 asyncore モジュールを参照してください。

20.17.2. Serverオブジェクト

class SocketServer.BaseServer(server_address, RequestHandlerClass)

This is the superclass of all Server objects in the module. It defines the interface, given below, but does not implement most of the methods, which is done in subclasses. The two parameters are stored in the respective server_address and RequestHandlerClass attributes.

fileno()

サーバが要求待ちを行っているソケットのファイル記述子を整数で返します。この関数は一般的に、同じプロセス中の複数のサーバを監視できるようにするために、 select.select() に渡されます。

handle_request()

Process a single request. This function calls the following methods in order: get_request(), verify_request(), and process_request(). If the user-provided handle() method of the handler class raises an exception, the server's handle_error() method will be called. If no request is received within timeout seconds, handle_timeout() will be called and handle_request() will return.

serve_forever(poll_interval=0.5)

Handle requests until an explicit shutdown() request. Poll for shutdown every poll_interval seconds. Ignores the timeout attribute. If you need to do periodic tasks, do them in another thread.

shutdown()

serve_forever() ループに停止するように指示し、停止されるまで待ちます。

バージョン 2.6 で追加.

server_close()

サーバをクリーンアップします。上書き出来ます。

バージョン 2.6 で追加.

address_family

サーバのソケットが属しているプロトコルファミリです。一般的な値は socket.AF_INET および socket.AF_UNIX です。

RequestHandlerClass

ユーザが提供する要求処理クラスです; 要求ごとにこのクラスのインスタンスが生成されます。

server_address

The address on which the server is listening. The format of addresses varies depending on the protocol family; see the documentation for the socket module for details. For Internet protocols, this is a tuple containing a string giving the address, and an integer port number: ('127.0.0.1', 80), for example.

socket

サーバが入力の要求待ちを行うためのソケットオブジェクトです。

サーバクラスは以下のクラス変数をサポートします:

allow_reuse_address

サーバがアドレスの再使用を許すかどうかを示す値です。この値は標準で False で、サブクラスで再使用ポリシを変更するために設定することができます。

request_queue_size

要求待ち行列 (queue) のサイズです。単一の要求を処理するのに長時間かかる場合には、サーバが処理中に届いた要求は最大 request_queue_size 個まで待ち行列に置かれます。待ち行列が一杯になると、それ以降のクライアントからの要求は "接続拒否 (Connection denied)" エラーになります。標準の値は通常 5 ですが、この値はサブクラスで上書きすることができます。

socket_type

サーバが使うソケットの型です; 一般的な2つの値は、 socket.SOCK_STREAMsocket.SOCK_DGRAM です。

timeout

タイムアウト時間(秒)、もしくは、タイムアウトを望まない場合に Nonehandle_request() がこの時間内にリクエストを受信しない場合、 handle_timeout() メソッドが呼ばれます。

TCPServer のような基底クラスのサブクラスで上書きできるサーバメソッドは多数あります; これらのメソッドはサーバオブジェクトの外部のユーザにとっては役にたたないものです。

finish_request(request, client_address)

Actually processes the request by instantiating RequestHandlerClass and calling its handle() method.

get_request()

ソケットから要求を受理して、クライアントとの通信に使われる 新しい ソケットオブジェクト、およびクライアントのアドレスからなる、2 要素のタプルを返します。

handle_error(request, client_address)

This function is called if the handle() method of a RequestHandlerClass instance raises an exception. The default action is to print the traceback to standard output and continue handling further requests.

handle_timeout()

この関数は timeout 属性が None 以外に設定されて、リクエストがないままタイムアウト秒数が過ぎたときに呼ばれます。 fork型サーバーでのデフォルトの動作は、終了した子プロセスの情報を集めるようになっています。スレッド型サーバーではこのメソッドは何もしません。

process_request(request, client_address)

finish_request() を呼び出して、 RequestHandlerClass のインスタンスを生成します。必要なら、この関数から新たなプロセスかスレッドを生成して要求を処理することができます; その処理は ForkingMixIn または ThreadingMixIn クラスが行います。

server_activate()

Called by the server's constructor to activate the server. The default behavior for a TCP server just invokes listen() on the server's socket. May be overridden.

server_bind()

サーバのコンストラクタによって呼び出され、適切なアドレスにソケットをバインドします。このメソッドは上書きできます。

verify_request(request, client_address)

ブール値を返さなければなりません; 値が True の場合には要求が処理され、 False の場合には要求は拒否されます。サーバへのアクセス制御を実装するためにこの関数を上書きすることができます。標準の実装では常に True を返します。

20.17.3. Request Handler Objects

class SocketServer.BaseRequestHandler

This is the superclass of all request handler objects. It defines the interface, given below. A concrete request handler subclass must define a new handle() method, and can override any of the other methods. A new instance of the subclass is created for each request.

setup()

handle() メソッドより前に呼び出され、何らかの必要な初期化処理を行います。標準の実装では何も行いません。

handle()

この関数では、クライアントからの要求を実現するために必要な全ての作業を行わなければなりません。デフォルト実装では何もしません。この作業の上で、いくつかのインスタンス属性を利用することができます; クライアントからの要求は self.request です; クライアントのアドレスは self.client_address です; そしてサーバごとの情報にアクセスする場合には、サーバインスタンスを self.server で取得できます。

The type of self.request is different for datagram or stream services. For stream services, self.request is a socket object; for datagram services, self.request is a pair of string and socket.

finish()

handle() メソッドより後に呼び出され、何らかの必要なクリーンアップ処理を行います。標準の実装では何も行いません。 setup() メソッドが例外を送出した場合、このメソッドは呼び出されません。

class SocketServer.StreamRequestHandler
class SocketServer.DatagramRequestHandler

These BaseRequestHandler subclasses override the setup() and finish() methods, and provide self.rfile and self.wfile attributes. The self.rfile and self.wfile attributes can be read or written, respectively, to get the request data or return data to the client.

20.17.4. 例

20.17.4.1. SocketServer.TCPServer の例

サーバーサイドの例です:

import SocketServer

class MyTCPHandler(SocketServer.BaseRequestHandler):
    """
    The request handler class for our server.

    It is instantiated once per connection to the server, and must
    override the handle() method to implement communication to the
    client.
    """

    def handle(self):
        # self.request is the TCP socket connected to the client
        self.data = self.request.recv(1024).strip()
        print "{} wrote:".format(self.client_address[0])
        print self.data
        # just send back the same data, but upper-cased
        self.request.sendall(self.data.upper())

if __name__ == "__main__":
    HOST, PORT = "localhost", 9999

    # Create the server, binding to localhost on port 9999
    server = SocketServer.TCPServer((HOST, PORT), MyTCPHandler)

    # Activate the server; this will keep running until you
    # interrupt the program with Ctrl-C
    server.serve_forever()

別の、ストリーム(標準のファイル型のインタフェースを利用して通信をシンプルにしたファイルライクオブジェクト)を使うリクエストハンドラクラスの例です:

class MyTCPHandler(SocketServer.StreamRequestHandler):

    def handle(self):
        # self.rfile is a file-like object created by the handler;
        # we can now use e.g. readline() instead of raw recv() calls
        self.data = self.rfile.readline().strip()
        print "{} wrote:".format(self.client_address[0])
        print self.data
        # Likewise, self.wfile is a file-like object used to write back
        # to the client
        self.wfile.write(self.data.upper())

先ほどとの違いは、readline() の呼び出しが、改行を受け取るまで recv() を複数回呼び出すことです。1回の recv() の呼び出しは、クライアント側から1回の sendall() 呼び出しで送信された分しか受け取りません。

クライアントサイドの例:

import socket
import sys

HOST, PORT = "localhost", 9999
data = " ".join(sys.argv[1:])

# Create a socket (SOCK_STREAM means a TCP socket)
sock = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_STREAM)

try:
    # Connect to server and send data
    sock.connect((HOST, PORT))
    sock.sendall(data + "\n")

    # Receive data from the server and shut down
    received = sock.recv(1024)
finally:
    sock.close()

print "Sent:     {}".format(data)
print "Received: {}".format(received)

この例の出力は次のようになります:

Server:

$ python TCPServer.py
127.0.0.1 wrote:
hello world with TCP
127.0.0.1 wrote:
python is nice

Client:

$ python TCPClient.py hello world with TCP
Sent:     hello world with TCP
Received: HELLO WORLD WITH TCP
$ python TCPClient.py python is nice
Sent:     python is nice
Received: PYTHON IS NICE

20.17.4.2. SocketServer.UDPServer の例

サーバーサイドの例です:

import SocketServer

class MyUDPHandler(SocketServer.BaseRequestHandler):
    """
    This class works similar to the TCP handler class, except that
    self.request consists of a pair of data and client socket, and since
    there is no connection the client address must be given explicitly
    when sending data back via sendto().
    """

    def handle(self):
        data = self.request[0].strip()
        socket = self.request[1]
        print "{} wrote:".format(self.client_address[0])
        print data
        socket.sendto(data.upper(), self.client_address)

if __name__ == "__main__":
    HOST, PORT = "localhost", 9999
    server = SocketServer.UDPServer((HOST, PORT), MyUDPHandler)
    server.serve_forever()

クライアントサイドの例:

import socket
import sys

HOST, PORT = "localhost", 9999
data = " ".join(sys.argv[1:])

# SOCK_DGRAM is the socket type to use for UDP sockets
sock = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_DGRAM)

# As you can see, there is no connect() call; UDP has no connections.
# Instead, data is directly sent to the recipient via sendto().
sock.sendto(data + "\n", (HOST, PORT))
received = sock.recv(1024)

print "Sent:     {}".format(data)
print "Received: {}".format(received)

この例の出力は、TCPサーバーの例と全く同じようになります。

20.17.4.3. 非同期処理の Mix-in

複数の接続を非同期に処理するハンドラを作るには、 ThreadingMixInForkingMixIn クラスを利用します。

ThreadingMixIn クラスの利用例:

import socket
import threading
import SocketServer

class ThreadedTCPRequestHandler(SocketServer.BaseRequestHandler):

    def handle(self):
        data = self.request.recv(1024)
        cur_thread = threading.current_thread()
        response = "{}: {}".format(cur_thread.name, data)
        self.request.sendall(response)

class ThreadedTCPServer(SocketServer.ThreadingMixIn, SocketServer.TCPServer):
    pass

def client(ip, port, message):
    sock = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_STREAM)
    sock.connect((ip, port))
    try:
        sock.sendall(message)
        response = sock.recv(1024)
        print "Received: {}".format(response)
    finally:
        sock.close()

if __name__ == "__main__":
    # Port 0 means to select an arbitrary unused port
    HOST, PORT = "localhost", 0

    server = ThreadedTCPServer((HOST, PORT), ThreadedTCPRequestHandler)
    ip, port = server.server_address

    # Start a thread with the server -- that thread will then start one
    # more thread for each request
    server_thread = threading.Thread(target=server.serve_forever)
    # Exit the server thread when the main thread terminates
    server_thread.daemon = True
    server_thread.start()
    print "Server loop running in thread:", server_thread.name

    client(ip, port, "Hello World 1")
    client(ip, port, "Hello World 2")
    client(ip, port, "Hello World 3")

    server.shutdown()
    server.server_close()

この例の出力は次のようになります:

$ python ThreadedTCPServer.py
Server loop running in thread: Thread-1
Received: Thread-2: Hello World 1
Received: Thread-3: Hello World 2
Received: Thread-4: Hello World 3

The ForkingMixIn class is used in the same way, except that the server will spawn a new process for each request. Available only on POSIX platforms that support fork().