ファイルオブジェクト

これらの API は、 Python 2 の組み込みのファイルオブジェクトの C API を最低限エミュレートするためのものです。それらは、標準 C ライブラリでサポートされているバッファ付き I/O (FILE*) に頼るために使われます。 Python 3 では、ファイルとストリームは新しい io モジュールを使用され、そこに OS の低レベルなバッファ付き I/O の上にいくつかの層が定義されています。下で解説されている関数は、それらの新しい API の便利な C ラッパーであり、インタプリタでの内部的なエラー通知に向いています; サードパーティーのコードは代わりに io の API を使うことが推奨されます。

PyFile_FromFd(int fd, const char *name, const char *mode, int buffering, const char *encoding, const char *errors, const char *newline, int closefd)
Return value: New reference.

既に開かれているファイル fd のファイルディスクリプタから Python のファイルオブジェクトを作成します。 引数 nameencodingerrorsnewline には、デフォルトの値として NULL が使えます。 buffering には -1 を指定してデフォルトの値を使うことができます。 name は無視されるのですが、後方互換性のために残されています。 失敗すると NULL を返します。 より包括的な引数の解説は、 io.open() 関数のドキュメントを参照してください。

警告

Python ストリームは自身のバッファリング層を持つため、ファイル記述子のOSレベルのバッファリングと併用すると、様々な問題 (予期せぬデータ順) などを引き起こします。

バージョン 3.2 で変更: name 属性の無視。

int PyObject_AsFileDescriptor(PyObject *p)

p に関連づけられる ファイルディスクリプタを int として返します。オブジェクトが整数なら、その値を返します。 整数でない場合、オブジェクトに fileno() メソッドがあれば呼び出します; このメソッドの返り値は、ファイル記述子の値として返される整数でなければなりません。失敗すると例外を設定して -1 を返します。

PyObject* PyFile_GetLine(PyObject *p, int n)
Return value: New reference.

p.readline([n]) と同じで、この関数はオブジェクト p の各行を読み出します。 p はファイルオブジェクトか、 readline() メソッドを持つ何らかのオブジェクトでかまいません。 n0 の場合、行の長さに関係なく正確に 1 行だけ読み出します。 n0 より大きければ、 n バイト以上のデータは読み出しません; 従って、行の一部だけが返される場合があります。 どちらの場合でも、読み出し後すぐにファイルの終端に到達した場合には空文字列を 返します。 n0 より小さければ、長さに関わらず 1 行だけを 読み出しますが、すぐにファイルの終端に到達した場合には EOFError を送出します。

int PyFile_SetOpenCodeHook(Py_OpenCodeHookFunction handler)

io.open_code() の通常の振る舞いを上書きして、そのパラメーターを提供されたハンドラで渡します。

ハンドラは PyObject *(*)(PyObject *path, void *userData) 型の関数で、 pathPyUnicodeObject であることが保証されています。

userData ポインタはフック関数に渡されます。 フック関数は別なランタイムから呼び出されるかもしれないので、このポインタは直接 Python の状態を参照すべきではありません。

このフック関数はインポート中に使われることを意図しているため、モジュールが frozen なモジュールであるか sys.modules にある利用可能なモジュールであることが分かっている場合を除いては、フック関数の実行中に新しいモジュールをインポートするのは避けてください。

いったんフック関数が設定されたら、削除や置き換えもできず、後からの PyFile_SetOpenCodeHook() の呼び出しは失敗します。 この関数が失敗したときは、インタープリタが初期化されていた場合、 -1 を返して例外をセットします。

この関数は Py_Initialize() より前に呼び出しても安全です。

バージョン 3.8 で追加.

int PyFile_WriteObject(PyObject *obj, PyObject *p, int flags)

オブジェクト obj をファイルオブジェクト p に書き込みます。 flags がサポートするフラグは Py_PRINT_RAW だけです; このフラグを指定すると、オブジェクトに repr() ではなく str() を適用した結果をファイルに書き出します。成功した場合には 0 を返し、失敗すると -1 を返して適切な例外をセットします。

int PyFile_WriteString(const char *s, PyObject *p)

文字列 s をファイルオブジェクト p に書き出します。成功した場合には 0 を返し、失敗すると -1 を返して適切な例外をセットします。