初期化 (initialization)、終了処理 (finalization)、スレッド

Python 初期化以前

Python が埋め込まれているアプリケーションでは、他の Python/C API 関数を使う前に Py_Initialize() 関数を呼ばなければなりません。これには例外として、いくつかの関数と グローバルな設定変数 があります。

次の関数は Python の初期化の前でも安全に呼び出せます:

グローバルな設定変数

Python には、様々な機能やオプションを制御するグローバルな設定のための変数があります。 デフォルトでは、これらのフラグは コマンドラインオプション で制御されます。

オプションでフラグがセットされると、フラグの値はそのオプションがセットされた回数になります。 例えば、 -b では Py_BytesWarningFlag が 1 に設定され、 -b では Py_BytesWarningFlag が 2 に設定されます。

Py_BytesWarningFlag

bytes または bytearraystr と比較した場合、または、 bytesint と比較した場合に警告を発生させます。 値が 2 以上になった場合は、エラーを発生させます。

-b オプションで設定します。

Py_DebugFlag

パーサーのデバッグ出力を有効にします。(専門家専用です。コンパイルオプションに依存します)。

-d オプションと PYTHONDEBUG 環境変数で設定します。

Py_DontWriteBytecodeFlag

非ゼロに設定された場合、Python はソースモジュールのインポート時に .pyc ファイルの作成を試みません。

-B オプションと PYTHONDONTWRITEBYTECODE 環境変数で設定します。

Py_FrozenFlag

Py_GetPath() の中でモジュール検索パスを割り出しているときのエラーメッセージを抑制します。

_freeze_importlib プログラムと frozenmain プログラムが使用する非公開フラグです。

Py_HashRandomizationFlag

PYTHONHASHSEED 環境変数が空でない文字列に設定された場合に、 1 にセットされます。

フラグがゼロでない場合、 PYTHONHASHSEED 環境変数を読みシークレットハッシュシードを初期化します。

Py_IgnoreEnvironmentFlag

全ての PYTHON* 環境変数を無視します。例えば、 PYTHONPATHPYTHONHOME などです。

-E オプションと -I オプションで設定します。

Py_InspectFlag

最初の引数にスクリプトが指定されたときや -c オプションが利用されたとき、 sys.stdin がターミナルに出力されないときでも、スクリプトかコマンドを実行した後にインタラクティブモードに入ります。

-i オプションと PYTHONINSPECT 環境変数で設定します。

Py_InteractiveFlag

-i オプションで設定します。

Py_IsolatedFlag

Python を隔離モードで実行します。 隔離モードでは sys.path はスクリプトのディレクトリやユーザのサイトパッケージのディレクトリを含みません。

-I オプションで設定します。

バージョン 3.4 で追加.

Py_LegacyWindowsFSEncodingFlag

フラグがゼロでない場合は、ファイルシステムエンコーディングに UTF-8 エンコーディングの代わりに mbcs エンコーディングが使われます。

PYTHONLEGACYWINDOWSFSENCODING 環境変数が空でない文字列に設定された場合に、 1 にセットされます。

より詳しくは PEP 529 を参照をしてください。

利用可能な環境: Windows 。

Py_LegacyWindowsStdioFlag

フラグがゼロでない場合、 sys の標準ストリームに WindowsConsoleIO の代わりに io.FileIO が使われます。

PYTHONLEGACYWINDOWSSTDIO 環境変数が空でない文字列に設定された場合に、 1 にセットされます。

より詳しくは PEP 528 を参照をしてください。

利用可能な環境: Windows 。

Py_NoSiteFlag

site モジュールの import と、そのモジュールが行なっていた site ごとの sys.path への操作を無効にします。後に site を明示的に import しても、これらの操作は実行されません (実行したい場合は、 site.main() を呼び出してください)。

-S オプションで設定します。

Py_NoUserSiteDirectory

user site-packages directorysys.path に追加しません。

-s オプション、 -IPYTHONNOUSERSITE 環境変数で設定します。

Py_OptimizeFlag

-O オプションと PYTHONOPTIMIZE 環境変数で設定します。

Py_QuietFlag

インタラクティブモードでも copyright とバージョンのメッセージを表示しません。

-q オプションで設定します。

バージョン 3.2 で追加.

Py_UnbufferedStdioFlag

標準出力と標準エラーがバッファリングしないように強制します。

-u オプションと PYTHONUNBUFFERED 環境変数で設定します。

Py_VerboseFlag

モジュールが初期化されるたびにメッセージを出力し、それがどこ (ファイル名やビルトインモジュール) からロードされたのかを表示します。 値が 2 以上の場合は、モジュールを検索するときにチェックされた各ファイルごとにメッセージを出力します。また、終了時のモジュールクリーンアップに関する情報も提供します。

-v オプションと PYTHONVERBOSE 環境変数で設定します。

インタプリタの初期化と終了処理

void Py_Initialize()

Python インタプリタを初期化します。 Python の埋め込みを行うアプリケーションでは、他のあらゆる Python/C API を使用するよりも前にこの関数を呼び出さなければなりません。いくつかの例外については Python 初期化以前 を参照してください。

この関数はロード済みモジュールのテーブル (sys.modules) を初期化し、基盤となるモジュール群、 builtins, __main__, sys を生成します。また、モジュール検索パス (sys.path) も初期化します。 sys.argv の設定は行いません。設定するには、 PySys_SetArgvEx() を使ってください。この関数を (Py_FinalizeEx() を呼ばずに) 再度呼び出しても何も行いません。戻り値はありません。初期化が失敗すれば、それは致命的なエラーです。

注釈

Windows では O_TEXT から O_BINARY へコンソールモードが変更されますが、これはその C ランタイムを使っているコンソールでの Python 以外の使い勝手にも影響を及ぼします。

void Py_InitializeEx(int initsigs)

initsigs1 を指定した場合、この関数は Py_Initialize() と同じように動作します。 initsigs0 を指定した場合、初期化時のシグナルハンドラの登録をスキップすることができ、これは Python の埋め込みで便利でしょう。

int Py_IsInitialized()

Python インタプリタが初期化済みであれば真(非ゼロ)を、さもなければ偽(ゼロ)を返します。Py_FinalizeEx() を呼び出した後は、Py_Initialize() を再び呼び出すまで、この関数は偽を返します。

int Py_FinalizeEx()

Py_Initialize() とそれ以後の Python/C API 関数で行った全ての初期化処理を取り消し、最後の Py_Initialize() 呼び出し以後に Python インタプリタが生成した全てのサブインタプリタ (sub-interpreter, 下記の Py_NewInterpreter() を参照) を消去します。 理想的な状況では、この関数によって Python インタプリタが確保したメモリは全て解放されます。 この関数を (Py_Initialize() を呼ばずに) 再度呼び出しても何も行いません。 通常は返り値は 0 です。終了処理中 (バッファリングされたデータの書き出し) のエラーがあった場合は -1 が返されます。

この関数が提供されている理由はいくつかあります。Python の埋め込みを行っているアプリケーションでは、アプリケーションを再起動することなく Python を再起動したいことがあります。また、動的ロード可能イブラリ (あるいは DLL) から Python インタプリタをロードするアプリケーションでは、DLL をアンロードする前に Python が確保したメモリを全て解放したいと考えるかもしれません。アプリケーション内で起きているメモリリークを追跡する際に、開発者は Python が確保したメモリをアプリケーションの終了前に解放させたいと思う場合もあります。

バグおよび注意事項: モジュールやモジュール内のオブジェクトはランダムな順番で削除されます。このため、他のオブジェクト(関数オブジェクトも含みます) やモジュールに依存するデストラクタ (__del__() メソッド) が失敗してしまうことがあります。動的にロードされるようになっている拡張モジュールが Python によってロードされていた場合、アンロードされません。 Python が確保したメモリがわずかながら解放されないかもしれません (メモリリークを発見したら、どうか報告してください)。オブジェクト間の循環参照に捕捉されているメモリは解放されないことがあります。拡張モジュールが確保したメモリは解放されないことがあります。拡張モジュールによっては、初期化ルーチンを 2 度以上呼び出すと正しく動作しないことがあります。こうした状況は、 Py_Initialize()Py_FinalizeEx() を 2 度以上呼び出すと起こり得ます。

バージョン 3.6 で追加.

void Py_Finalize()

この関数は Py_FinalizeEx() の後方互換性バージョンで、戻り値がありません。

プロセスワイドのパラメータ

int Py_SetStandardStreamEncoding(const char *encoding, const char *errors)

もし Py_Initialize() が呼ばれるなら、この関数はその前に呼ばなければなりません。標準の IO において、どのエンコーディングおよびどんなエラー処理を使うかを、 str.encode() と同様の意味で指定します。

これは、環境変数が働かない時に PYTHONIOENCODING の値を上書きし、埋め込みコードが IO エンコーディングをコントロールできるようにします。

encodingerrors のどちらかまたは両方を NULL にすることで、 PYTHONIOENCODING とデフォルト値のどちらかまたは両方を使うことができます (他の設定に依存します)。

この設定 (あるいは他の設定) に関わらず、 sys.stderr は常に "backslashreplace" エラーハンドラを使うことに注意してください。

Py_FinalizeEx() を呼び出した場合は、Py_Initialize() を呼び出す前に、この関数を再度呼び出す必要があるでしょう。

成功したら 0 を、エラーの場合は 0 でない値を返します (例えば、インタプリタが初期化された後に、この関数が呼び出された場合)。

バージョン 3.4 で追加.

void Py_SetProgramName(const wchar_t *name)

この関数を呼び出すなら、最初に Py_Initialize() を呼び出すよりも前に呼び出さなければなりません。この関数はインタプリタにプログラムの main() 関数に指定した argv[0] 引数の値を教えます (ワイドキャラクタに変換されます)。この引数値は、 Py_GetPath() や、以下に示すその他の関数が、インタプリタの実行可能形式から Python ランタイムライブラリへの相対パスを取得するために使われます。デフォルトの値は 'python' です。引数はゼロ終端されたワイドキャラクタ文字列で、静的な記憶領域に入っていなければならず、その内容はプログラムの実行中に変更してはなりません。 Python インタプリタ内のコードで、この記憶領域の内容を変更するものは一切ありません。

バイト文字列を wchar_* 文字列にデコードするには Py_DecodeLocale() を使ってください。

wchar* Py_GetProgramName()

Py_SetProgramName() で設定されたプログラム名か、デフォルトのプログラム名を返します。関数が返す文字列ポインタは静的な記憶領域を返します。関数の呼び出し側はこの値を変更できません。

wchar_t* Py_GetPrefix()

プラットフォーム非依存のファイル群がインストールされている場所である prefix を返します。この値は Py_SetProgramName() でセットされたプログラム名やいくつかの環境変数をもとに、数々の複雑な規則から導出されます。例えば、プログラム名が '/usr/local/bin/python' の場合、prefix は '/usr/local' になります。関数が返す文字列ポインタは静的な記憶領域を返します; 関数の呼び出し側はこの値を変更できません。この値はトップレベルの Makefile に指定されている変数 prefix や、ビルド値に configure スクリプトに指定した --prefix 引数に対応しています。この値は Python コードからは sys.prefix として利用できます。これはUnixでのみ有用です。次に説明する関数も参照してください。

wchar_t* Py_GetExecPrefix()

プラットフォーム 依存 のファイルがインストールされている場所である exec-prefix を返します。この値は Py_SetProgramName() でセットされたプログラム名やいくつかの環境変数をもとに、数々の複雑な規則から導出されます。例えば、プログラム名が '/usr/local/bin/python' の場合、exec-prefix は '/usr/local' になります。関数が返す文字列ポインタは静的な記憶領域を返します; 関数の呼び出し側はこの値を変更できません。この値はトップレベルの Makefile に指定されている変数 exec_prefix や、ビルド値に configure スクリプトに指定した --exec-prefix 引数に対応しています。この値は Python コードからは sys.exec_prefix として利用できます。 Unixのみで有用です。

背景: プラットフォーム依存のファイル (実行形式や共有ライブラリ) が別のディレクトリツリー内にインストールされている場合、 exec-prefix は prefix と異なります。典型的なインストール形態では、プラットフォーム非依存のファイルが /usr/local に収められる一方、プラットフォーム依存のファイルは /usr/local/plat サブツリーに収められます。

一般的に、プラットフォームとは、ハードウェアとソフトウェアファミリの組み合わせを指します。例えば、Solaris 2.x を動作させている Sparc マシンは全て同じプラットフォームであるとみなしますが、Solaris 2.x を動作させている Intel マシンは違うプラットフォームになりますし、同じ Intel マシンでも Linux を動作させているならまた別のプラットフォームです。一般的には、同じオペレーティングシステムでも、メジャーリビジョンの違うものは異なるプラットフォームです。非 Unix のオペレーティングシステムの場合は話はまた別です; 非 Unix のシステムでは、インストール方法はとても異なっていて、prefix や exec-prefix には意味がなく、空文字列が設定されています。コンパイル済みの Python バイトコードはプラットフォームに依存しないので注意してください (ただし、どのバージョンの Python でコンパイルされたかには依存します!)。

システム管理者は、 mountautomount プログラムを使って、各プラットフォーム用の /usr/local/plat を異なったファイルシステムに置き、プラットフォーム間で /usr/local を共有するための設定方法を知っているでしょう。

wchar_t* Py_GetProgramFullPath()

Python 実行可能形式の完全なプログラム名を返します; この値はデフォルトのモジュール検索パスを (前述の Py_SetProgramName() で設定された) プログラム名から導出する際に副作用的に計算されます。関数が返す文字列ポインタは静的な記憶領域を返します; 関数の呼び出し側はこの値を変更できません。この値は Python コードからは sys.executable として利用できます。

wchar_t* Py_GetPath()

デフォルトのモジュール検索パスを返します; パスは (上の Py_SetProgramName() で設定された) プログラム名と、いくつかの環境変数から計算されます。戻り値となる文字列は、プラットフォーム依存のパス区切り文字で分割された一連のディレクトリ名からなります。区切り文字は Unix と Mac OS X では ':', Windows では ';' です。関数が返す文字列ポインタは静的な記憶領域を返します; 関数の呼び出し側はこの値を変更できません。 sys.path はインタプリタによってこの値で初期化され、その後にモジュールをロードする際の検索パスを変更するために修正することが可能で、たいていそうされます。

void Py_SetPath(const wchar_t *)

デフォルトのモジュール検索パスを設定します。この関数が Py_Initialize() より前に呼び出された場合、 Py_GetPath() はデフォルトの検索パスを計算しようとせず、代わりにこの関数が与えた検索パスを返します。これは、 Python がアプリケーションに組み込まれていて、そのアプリケーションが全てのモジュールの場所を完全に把握しているときに便利です。パスはプラットフォーム依存の区切り文字で分割されている必要があります。区切り文字は Unix と Mac OS X では ':' 、Windows では ';' です。

また、この関数は sys.executable に特に加工されていないプログラム名 (Py_SetProgramName() を参照) をセットし、 sys.prefixsys.exec_prefix に空文字列をセットします。 Py_Initialize() が呼び出された後で、これらの値を変更する必要がある場合は、呼び出し側の責任で行います。

バイト文字列を wchar_* 文字列にデコードするには Py_DecodeLocale() を使ってください。

パス引数は内部でコピーされます。したがって、呼び出し完了後に呼び出し元は引数を解放できます。

const char* Py_GetVersion()

Python インタプリタのバージョンを返します。バージョンは、次のような形式の文字列です

"3.0a5+ (py3k:63103M, May 12 2008, 00:53:55) \n[GCC 4.2.3]"

第一ワード (最初のスペース文字まで) は、現在の Python のバージョンです; 最初の三文字は、ピリオドで区切られたメジャーバージョンとマイナーバージョンです。関数が返す文字列ポインタは静的な記憶領域を返します; 関数の呼び出し側はこの値を変更できません。この値は Python コードからは sys.version として利用できます。

const char* Py_GetPlatform()

現在のプラットフォームのプラットフォーム識別文字列を返します。Unixでは、オペレーティングシステムの "公式の" 名前を小文字に変換し、後ろにメジャーリビジョン番号を付けた構成になっています。例えば Solaris 2.x は、SunOS 5.x, としても知られていますが、'sunos5' になります。Mac OS X では 'darwin' です。Windows では 'win' です。関数が返す文字列ポインタは静的な記憶領域を返します; 関数の呼び出し側はこの値を変更できません。この値は Python コードからは sys.platform として利用できます。

const char* Py_GetCopyright()

現在の Python バージョンに対する公式の著作権表示文字列を返します。例えば

'Copyright 1991-1995 Stichting Mathematisch Centrum, Amsterdam'

関数が返す文字列ポインタは静的な記憶領域を返します; 関数の呼び出し側はこの値を変更できません。この値は Python コードからは sys.copyright として利用できます。

const char* Py_GetCompiler()

現在使っているバージョンの Python をビルドする際に用いたコンパイラを示す文字列を、角括弧で囲った文字列を返します。例えば:

"[GCC 2.7.2.2]"

関数が返す文字列ポインタは静的な記憶領域を返します; 関数の呼び出し側はこの値を変更できません。この値は Python コードからは sys.version の一部として取り出せます。

const char* Py_GetBuildInfo()

現在使っている Python インタプリタインスタンスの、シーケンス番号とビルド日時に関する情報を返します。例えば

"#67, Aug  1 1997, 22:34:28"

関数が返す文字列ポインタは静的な記憶領域を返します; 関数の呼び出し側はこの値を変更できません。この値は Python コードからは sys.version の一部として取り出せます。

void PySys_SetArgvEx(int argc, wchar_t **argv, int updatepath)

argc および argv に基づいて sys.argv を設定します。これらの引数はプログラムの main() に渡した引数に似ていますが、最初の要素が Python インタプリタの宿主となっている実行形式の名前ではなく、実行されるスクリプト名を参照しなければならない点が違います。実行するスクリプトがない場合、 argv の最初の要素は空文字列にしてもかまいません。この関数が sys.argv の初期化に失敗した場合、致命的エラーを Py_FatalError() で知らせます。

updatepath が 0 の場合、ここまでの動作がこの関数がすることの全てです。 updatepath が 0 でない場合、この関数は sys.path を以下のアルゴリズムに基づいて修正します:

  • 存在するスクリプトの名前が argv[0] に渡された場合、そのスクリプトがある場所の絶対パスを sys.path の先頭に追加します。

  • それ以外の場合 (argc0 だったり、 argv[0] が存在するファイル名を指していない場合)、 sys.path の先頭に空の文字列を追加します。 これは現在の作業ディレクトリ (".") を先頭に追加するのと同じです。

バイト文字列を wchar_* 文字列にデコードするには Py_DecodeLocale() を使ってください。

注釈

単一のスクリプトを実行する以外の目的でPython インタプリタを埋め込んでいるアプリケーションでは、 updatepath0 を渡して、必要な場合は自分で sys.path を更新することをおすすめします。 CVE-2008-5983 を参照してください。

3.1.3 より前のバージョンでは、 PySys_SetArgv() の呼び出しが完了した後に sys.path の先頭の要素を取り出すことで、同じ効果が得られます。例えばこのように使います:

PyRun_SimpleString("import sys; sys.path.pop(0)\n");

バージョン 3.1.3 で追加.

void PySys_SetArgv(int argc, wchar_t **argv)

この関数は、 python インタプリタが -I オプション付きで実行されている場合を除き PySys_SetArgvEx()updatepath1 を設定したのと同じように動作します。

バイト文字列を wchar_* 文字列にデコードするには Py_DecodeLocale() を使ってください。

バージョン 3.4 で変更: updatepath の値は -I オプションに依存します。

void Py_SetPythonHome(const wchar_t *home)

Python の標準ライブラリがある、デフォルトの "home" ディレクトリを設定します。引数の文字列の意味については PYTHONHOME を参照してください。

引数は静的なストレージに置かれてプログラム実行中に書き換えられないようなゼロ終端の文字列であるべきです。Python インタプリタはこのストレージの内容を変更しません。

バイト文字列を wchar_* 文字列にデコードするには Py_DecodeLocale() を使ってください。

w_char* Py_GetPythonHome()

前回の Py_SetPythonHome() 呼び出しで設定されたデフォルトの "home" か、 PYTHONHOME 環境変数が設定されていればその値を返します。

スレッド状態 (thread state) とグローバルインタプリタロック (global interpreter lock)

Python インタプリタは完全にはスレッドセーフではありません。マルチスレッドの Python プログラムをサポートするために、 グローバルインタプリタロック あるいは GIL と呼ばれるグローバルなロックが存在していて、現在のスレッドが Python オブジェクトに安全にアクセスする前に必ずロックを獲得しなければならなくなっています。ロック機構がなければ、単純な操作でさえ、マルチスレッドプログラムの実行に問題を引き起こす可能性があります。たとえば、二つのスレッドが同じオブジェクトの参照カウントを同時にインクリメントすると、結果的に参照カウントは二回でなく一回だけしかインクリメントされないかもしれません。

このため、 GIL を獲得したスレッドだけが Python オブジェクトを操作したり、 Python/C API 関数を呼び出したりできるというルールがあります。並行処理をエミュレートするために、インタプリタは定期的にロックを解放したり獲得したりします。 (sys.setswitchinterval() を参照) このロックはブロックが起こりうる I/O 操作の付近でも解放・獲得され、 I/O を要求するスレッドが I/O 操作の完了を待つ間、他のスレッドが動作できるようにしています。

Python インタプリタはスレッドごとに必要な情報を PyThreadState と呼ばれるデータ構造の中に保存します。そしてグローバル変数として現在の PyThreadState を指すポインタを1つ持ちます。このグローバル変数は PyThreadState_Get() を使って取得できます。

拡張コード内で GIL を解放する

GIL を操作するほとんどのコードは、次のような単純な構造になります:

Save the thread state in a local variable.
Release the global interpreter lock.
... Do some blocking I/O operation ...
Reacquire the global interpreter lock.
Restore the thread state from the local variable.

この構造は非常に一般的なので、作業を単純にするために2つのマクロが用意されています:

Py_BEGIN_ALLOW_THREADS
... Do some blocking I/O operation ...
Py_END_ALLOW_THREADS

Py_BEGIN_ALLOW_THREADS マクロは新たなブロックを開始し、隠しローカル変数を宣言します; Py_END_ALLOW_THREADS はブロックを閉じます。

上のブロックは次のコードに展開されます:

PyThreadState *_save;

_save = PyEval_SaveThread();
... Do some blocking I/O operation ...
PyEval_RestoreThread(_save);

これらの関数の動作を説明します。GIL は現在のスレッド状態を指すポインタを保護するために使われます。ロックを解放してスレッド状態を退避する際、ロックを解放する前に現在のスレッド状態ポインタを取得しておかなければなりません (他のスレッドがすぐさまロックを獲得して、自らのスレッド状態をグローバル変数に保存してしまうかもしれないからです)。逆に、ロックを獲得してスレッド状態を復帰する際には、グローバル変数にスレッド状態ポインタを保存する前にロックを獲得しておかなければなりません。

注釈

GIL を解放するのはほとんどがシステムのI/O関数を呼び出す時ですが、メモリバッファに対する圧縮や暗号化のように、 Python のオブジェクトにアクセスしない長時間かかる計算処理を呼び出すときも GIL を解放することは有益です。例えば、 zlibhashlib モジュールは圧縮やハッシュ計算の前に GIL を解放します。

Python 以外で作られたスレッド

Python API を通して作られたスレッド (threading モジュールなど) では自動的にスレッド状態が割り当てられて、上記のコードは正しく動きます。しかし、(自前でスレッド管理を行う外部のライブラリなどにより)C言語でスレッドを生成した場合、そのスレッドには GIL がなく、スレッド状態データ構造体もないことに注意する必要があります。

このようなスレッドから Python コードを呼び出す必要がある場合 (外部のライブラリからコールバックするAPIなどがよくある例です)、Python/C API を呼び出す前に、スレッド状態データ構造体を生成し、GIL を獲得し、スレッド状態ポインタを保存することで、スレッドをインタプリタに登録しなければなりません。スレッドが作業を終えたら、スレッド状態ポインタをリセットして、ロックを解放し、最後にスレッド状態データ構造体のメモリを解放しなければなりません。

PyGILState_Ensure()PyGILState_Release() はこの処理を自動的に行います。 Cのスレッドから Python を呼び出す典型的な方法は以下のとおりです:

PyGILState_STATE gstate;
gstate = PyGILState_Ensure();

/* Perform Python actions here. */
result = CallSomeFunction();
/* evaluate result or handle exception */

/* Release the thread. No Python API allowed beyond this point. */
PyGILState_Release(gstate);

PyGILState_*() 関数は、(Py_Initialize() によって自動的に作られる) グローバルインタプリタ1つだけが存在すると仮定する事に気をつけて下さい。 Python は (Py_NewInterpreter() を使って) 追加のインタプリタを作成できることに変わりはありませんが、複数インタプリタと PyGILState_*() API を混ぜて使うことはサポートされていません。

注意しないといけないもう一つの重要な点は、 C の fork() を呼び出した時の動作です。ほとんどの fork() を持っているシステムでは、fork されたプロセスには fork を実行したスレッドしか存在しません。これは、別のスレッドに取得されたロックがずっと解放されないことを意味します。 Python は fork する前にロックを取得し、その後に fork を解放することでこの os.fork() の問題を解決しています。加えて、子プロセスではすべての Lock オブジェクト をリセットします。 Python を拡張したり埋め込んだりしている場合、 Python に fork 前に取得したり fork 後に解放しなければならない追加の (Python 以外の) ロックを Python に教える手段がありません。 Python と同じことを実現するには、 pthread_atfork() のようなOSの機能を使う必要があります。加えて、Python を拡張したり埋め込んだりしているときに、 os.fork() を通してではなく直接 fork() を呼び出すと、fork後に失われるスレッドに取得されていた Python の内部ロックのためにデッドロックが発生するかもしれません。 PyOS_AfterFork_Child() は必要なロックのリセットを試みますが、いつでもそれが可能とは限りません。

高レベルAPI

C拡張を書いたりPythonインタプリタを埋め込むときに最も一般的に使われる型や関数は次のとおりです:

PyInterpreterState

このデータ構造体は、協調動作する多数のスレッド間で共有されている状態を表現します。同じインタプリタに属するスレッドはモジュール管理情報やその他いくつかの内部的な情報を共有しています。この構造体には公開 (public) のメンバはありません。

異なるインタプリタに属するスレッド間では、利用可能なメモリ、開かれているファイルデスクリプタなどといったプロセス状態を除いて、初期状態では何も共有されていません。GILもまた、スレッドがどのインタプリタに属しているかに関わらずすべてのスレッドで共有されています。

PyThreadState

単一のスレッドの状態を表現する表現するデータ構造体です。スレッドのインタプリタ状態を指すポインタ PyInterpreterState * interp だけが公開されているデータメンバです。

void PyEval_InitThreads()

GIL を初期化し、獲得します。この関数は、主スレッドが第二のスレッドを生成する以前や、 PyEval_ReleaseThread(tstate) といった他のスレッド操作に入るよりも前に呼び出されるようにしておかなければなりません。 PyEval_SaveThread(), PyEval_RestoreThread() の前に呼び出す必要はありません。

二度目に呼び出すと何も行いません。

バージョン 3.7 で変更: この関数は Py_Initialize() から呼び出されるようになり、わざわざ呼び出す必要はもう無くなりました。

バージョン 3.2 で変更: この関数は Py_Initialize() より前に呼び出すことができなくなりました。

int PyEval_ThreadsInitialized()

PyEval_InitThreads() をすでに呼び出している場合は真 (非ゼロ) を返します。この関数は、GILを獲得せずに呼び出すことができますので、シングルスレッドで実行している場合にはロック関連のAPI呼び出しを避けるために使うことができます。

バージョン 3.7 で変更: GILPy_Initialize() で初期化されるようになりました。

PyThreadState* PyEval_SaveThread()

(GIL が生成されていて、スレッドサポートが有効の場合) GILを解放して、スレッドの状態を NULL にし、以前のスレッド状態 (NULL にはなりません) を返します。ロックがすでに生成されている場合、現在のスレッドがロックを獲得していなければなりません。

void PyEval_RestoreThread(PyThreadState *tstate)

(GIL が生成されていて、スレッドサポートが有効の場合) GIL を獲得して、現在のスレッド状態を tstate に設定します。 tstateNULL であってはなりません。 GIL が生成されていて、この関数を呼び出したスレッドがすでにロックを獲得している場合、デッドロックに陥ります。

注釈

ランタイムが終了処理をしているときに、スレッドからこの関数を呼び出すと、そのスレッドが Python によって作成されたものではなかったとしても終了させられます。 _Py_IsFinalizing()sys.is_finalizing() を使うと、この関数を呼び出す前にインタプリタが終了される過程の途中なのか確認でき、望まないスレッドの終了が避けられます。

PyThreadState* PyThreadState_Get()

現在のスレッド状態を返します。GIL を保持していなければなりません。現在のスレッド状態が NULL なら、(呼び出し側が NULL チェックをしなくてすむように) この関数は致命的エラーを起こすようになっています。

PyThreadState* PyThreadState_Swap(PyThreadState *tstate)

現在のスレッド状態を tstate に指定したスレッド状態と入れ変えます。tstateNULL の場合があります。GIL を保持していなければならず、解放しません。

void PyEval_ReInitThreads()

この関数は PyOS_AfterFork_Child() から呼び出され、新しい子プロセスが、子プロセス内で実行していないスレッドが持っているロックを持たないようにします。

以下の関数はスレッドローカルストレージを利用していて、サブインタプリタとの互換性がありません:

PyGILState_STATE PyGILState_Ensure()

Pythonの状態やGILに関わらず、実行中スレッドでPython C APIの呼び出しが可能となるようにします。この関数はスレッド内で何度でも呼び出すことができますが、必ず全ての呼び出しに対応して PyGILState_Release() を呼び出す必要があります。通常、 PyGILState_Ensure() 呼び出しと PyGILState_Release() 呼び出しの間でこれ以外のスレッド関連API を使用することができますが、Release()の前にスレッド状態は復元されていなければなりません。例えば、通常の Py_BEGIN_ALLOW_THREADS マクロと Py_END_ALLOW_THREADS は使用することができます。

戻り値は PyGILState_Ensure() 呼び出し時のスレッド状態を隠蔽した"ハンドル"で、 PyGILState_Release() に渡してPythonを同じ状態に保たなければなりません。再起呼び出しも可能ですが、ハンドルを共有することは できません - それぞれの PyGILState_Ensure() 呼び出しでハンドルを保存し、対応する PyGILState_Release() 呼び出しで渡してください。

関数から復帰したとき、実行中のスレッドはGILを所有していて、任意の Python コードを実行できます。処理の失敗は致命的なエラーです。

注釈

ランタイムが終了処理をしているときに、スレッドからこの関数を呼び出すと、そのスレッドが Python によって作成されたものではなかったとしても終了させられます。 _Py_IsFinalizing()sys.is_finalizing() を使うと、この関数を呼び出す前にインタプリタが終了される過程の途中なのか確認でき、望まないスレッドの終了が避けられます。

void PyGILState_Release(PyGILState_STATE)

獲得したすべてのリソースを解放します。この関数を呼び出すと、Pythonの状態は対応する PyGILState_Ensure() を呼び出す前と同じとなります (通常、この状態は呼び出し元でははわかりませんので、GILState APIを利用するようにしてください)。

PyGILState_Ensure() を呼び出す場合は、必ず同一スレッド内で対応する PyGILState_Release() を呼び出してください。

PyThreadState* PyGILState_GetThisThreadState()

このスレッドの現在のスレッドの状態を取得します。これまで現在のスレッドで GILState API を使ったことが無い場合は、NULL が返ります。メインスレッドで自身のスレッド状態に関する呼び出しを全くしないとしても、メインスレッドは常にスレッド状態の情報を持っていることに注意してください。こうなっている目的は主にヘルパ機能もしくは診断機能のためです。

int PyGILState_Check()

現在のスレッドが GILを保持しているならば 1 を、そうでなければ 0 を返します。この関数はいつでもどのスレッドからでも呼び出すことができます。 Python スレッドの状態が初期化されており、現在 GIL を保持している場合にのみ 1 を返します。これは主にヘルパー/診断用の関数です。この関数は、例えばコールバックのコンテキストやメモリ割り当て機能で有益でしょう。なぜなら、 GIL がロックされていると知っていれば、呼び出し元は sensitive な行動を実行することができ、そうでなければ異なるやりかたで振る舞うことができるからです。

バージョン 3.4 で追加.

以下のマクロは、通常末尾にセミコロンを付けずに使います; Python ソース配布物内の使用例を見てください。

Py_BEGIN_ALLOW_THREADS

このマクロを展開すると { PyThreadState *_save; _save = PyEval_SaveThread(); になります。マクロに開き波括弧が入っていることに注意してください; この波括弧は後で Py_END_ALLOW_THREADS マクロと対応させなければなりません。マクロについての詳しい議論は上記を参照してください。

Py_END_ALLOW_THREADS

このマクロを展開すると PyEval_RestoreThread(_save); } になります。マクロに開き波括弧が入っていることに注意してください; この波括弧は事前の Py_BEGIN_ALLOW_THREADS マクロと対応していなければなりません。マクロについての詳しい議論は上記を参照してください。

Py_BLOCK_THREADS

このマクロを展開すると PyEval_RestoreThread(_save); になります: 閉じ波括弧のない Py_END_ALLOW_THREADS と同じです。

Py_UNBLOCK_THREADS

このマクロを展開すると _save = PyEval_SaveThread(); になります: 開き波括弧のない Py_BEGIN_ALLOW_THREADS と同じです。

低レベルAPI

次の全ての関数は Py_Initialize() の後に呼び出さなければなりません。

バージョン 3.7 で変更: Py_Initialize()GIL を初期化するようになりました。

PyInterpreterState* PyInterpreterState_New()

新しいインタプリタ状態オブジェクトを生成します。GIL を保持しておく必要はありませんが、この関数を次々に呼び出す必要がある場合には保持しておいたほうがよいでしょう。

void PyInterpreterState_Clear(PyInterpreterState *interp)

インタプリタ状態オブジェクト内の全ての情報をリセットします。GIL を保持していなければなりません。

void PyInterpreterState_Delete(PyInterpreterState *interp)

インタプリタ状態オブジェクトを破壊します。GIL を保持しておく必要はありません。インタプリタ状態は PyInterpreterState_Clear() であらかじめリセットしておかなければなりません。

PyThreadState* PyThreadState_New(PyInterpreterState *interp)

指定したインタプリタオブジェクトに属する新たなスレッド状態オブジェクトを生成します。GIL を保持しておく必要はありませんが、この関数を次々に呼び出す必要がある場合には保持しておいたほうがよいでしょう。

void PyThreadState_Clear(PyThreadState *tstate)

スレッド状態オブジェクト内の全ての情報をリセットします。GIL を保持していなければなりません。

void PyThreadState_Delete(PyThreadState *tstate)

スレッド状態オブジェクトを破壊します。GIL を保持する必要はありません。スレッド状態は PyThreadState_Clear() であらかじめリセットしておかなければなりません。

PY_INT64_T PyInterpreterState_GetID(PyInterpreterState *interp)

インタプリタの一意な ID を返します。 処理中に何かエラーが起きたら、 -1 が返され、エラーがセットされます。

バージョン 3.7 で追加.

PyObject* PyThreadState_GetDict()
Return value: Borrowed reference.

拡張モジュールがスレッド固有の状態情報を保存できるような辞書を返します。各々の拡張モジュールが辞書に状態情報を保存するためには唯一のキーを使わなければなりません。現在のスレッド状態がない時にこの関数を呼び出してもかまいません。この関数が NULL を返す場合、例外はまったく送出されず、呼び出し側は現在のスレッド状態が利用できないと考えなければなりません。

int PyThreadState_SetAsyncExc(unsigned long id, PyObject *exc)

スレッド内で非同期的に例外を送出します。 id 引数はターゲットとなるスレッドのスレッド id です; exc は送出する例外オブジェクトです。この関数は exc に対する参照を一切盗み取りません。安直な間違いを防ぐため、この関数を呼び出すには独自に C 拡張モジュールを書かなければなりません。 GIL を保持した状態で呼び出さなければなりません。状態が変更されたスレッドの数を返します; 通常は 1 ですが、スレッドが見付からなかった場合は 0 になることもあります。 excNULL の場合は、このスレッドのまだ送出されていない例外は (何であれ) 消去されます。この場合は例外を送出しません。

バージョン 3.7 で変更: id 引数の型が long から unsigned long へ変更されました。

void PyEval_AcquireThread(PyThreadState *tstate)

GIL を獲得し、現在のスレッド状態を tstate に設定します。 tstateNULL であってはなりません。ロックはあらかじめ作成されていなければなりません。この関数を呼び出したスレッドがすでにロックを獲得している場合、デッドロックに陥ります。

PyEval_RestoreThread() はいつでも (スレッドが初期化されたいないときでも) 利用可能な高レベル関数です。

void PyEval_ReleaseThread(PyThreadState *tstate)

現在のスレッド状態をリセットして NULL にし、GIL を解放します。ロックはあらかじめ作成されていなければならず、かつ現在のスレッドが保持していなければなりません。tstateNULL であってはなりませんが、その値が現在のスレッド状態を表現しているかどうかを調べるためにだけ使われます --- もしそうでなければ、致命的エラーが報告されます。

PyEval_SaveThread() はより高レベルな関数で常に (スレッドが初期化されていないときでも) 利用できます。

void PyEval_AcquireLock()

GILを獲得します。ロックは前もって作成されていなければなりません。この関数を呼び出したスレッドがすでにロックを獲得している場合、デッドロックに陥ります。

バージョン 3.2 で非推奨: この関数は現在のスレッドの状態を更新しません。代わりに PyEval_RestoreThread() もしくは PyEval_AcquireThread() を使用してください。

void PyEval_ReleaseLock()

GILを解放します。ロックは前もって作成されていなければなりません。

バージョン 3.2 で非推奨: この関数は現在のスレッドの状態を更新しません。代わりに PyEval_SaveThread() もしくは PyEval_ReleaseThread() を使用してください。

サブインタプリタサポート

ほとんどの場合は埋め込む Python インタプリタは1つだけですが、いくつかの場合に同一プロセス内、あるいは同一スレッド内で、複数の独立したインタプリタを作成する必要があります。サブインタプリタはこれを可能にします。 PyThreadState_Swap() 関数を使ってサブインタプリタを切り替えることができます。以下の関数を使ってサブインタプリタの作成と削除を行えます:

PyThreadState* Py_NewInterpreter()

新しいサブインタプリタ (sub-interpreter) を生成します。サブインタプリタとは、(ほぼ完全に) 個別に分割された Python コードの実行環境です。特に、新しいサブインタプリタは、 import されるモジュール全てについて個別のバージョンを持ち、これには基盤となるモジュール builtins, __main__ および sys も含まれます。ロード済みのモジュールからなるテーブル (sys.modules) およびモジュール検索パス (sys.path) もサブインタプリタ毎に別個のものになります。新たなサブインタプリタ環境には sys.argv 変数がありません。また、サブインタプリタは新たな標準 I/O ストリーム sys.stdin, sys.stdout, sys.stderr を持ちます (とはいえ、これらのストリームは根底にある同じファイル記述子を参照しています)。

戻り値は、新たなサブインタプリタが生成したスレッド状態 (thread state) オブジェクトのうち、最初のものを指しています。このスレッド状態が現在のスレッド状態 (current thread state) になります。実際のスレッドが生成されるわけではないので注意してください; 下記のスレッド状態に関する議論を参照してください。新たなインタプリタの生成に失敗すると、NULL を返します; 例外状態はセットされませんが、これは例外状態が現在のスレッド状態に保存されることになっていて、現在のスレッド状態なるものが存在しないことがあるからです。(他の Python/C API 関数のように、この関数を呼び出す前にはGILが保持されていなければならず、関数が処理を戻した際にも保持されたままになります; しかし、他の Python/C API 関数とは違い、関数から戻ったときの現在のスレッド状態が関数に入るときと同じとは限らないので注意してください。)

拡張モジュールは以下のような形で (サブ) インタプリタ間で共有されます: ある特定の拡張モジュールを最初に import すると、モジュールを通常通りに初期化し、そのモジュールの辞書の (浅い) コピーをしまい込んでおきます。他の (サブ) インタプリタが同じ拡張モジュールを import すると、新たなモジュールを初期化し、先ほどのコピーの内容で辞書の値を埋めます; 拡張モジュールの init 関数は呼び出されません。この挙動は、 Py_FinalizeEx() および Py_Initialize() を呼び出してインタプリタを完全に再初期化した後に拡張モジュールを import した際の挙動とは異なるので注意してください; 再初期化後に import を行うと、拡張モジュールの initmodule は再度 呼び出されます

void Py_EndInterpreter(PyThreadState *tstate)

指定されたスレッド状態 tstate で表現される (サブ) インタプリタを抹消します。 tstate は現在のスレッド状態でなければなりません。下記のスレッド状態に関する議論を参照してください。関数呼び出しが戻ったとき、現在のスレッド状態は NULL になっています。このインタプリタに関連付けられた全てのスレッド状態は抹消されます。 (この関数を呼び出す前にはGILを保持しておかなければならず、ロックは関数が戻ったときも保持されています。) Py_FinalizeEx() は、その時点で明示的に抹消されていない全てのサブインタプリタを抹消します。

バグと注意事項

サブインタプリタ (とメインインタプリタ) は同じプロセスの一部分なので、インタプリタ間の隔離は完璧ではありません --- 例えば、 os.close() のような低レベルのファイル操作を使うと、 (偶然なり故意なりに) 互いのインタプリタ下にある開かれたファイルに影響を及ぼせてしまいます。拡張モジュールを (サブ) インタプリタ間で共有する方法のせいで、拡張モジュールによっては正しく動作しないかもしれません; 拡張モジュールが (静的な) グローバル変数を利用している場合や、拡張モジュールが初期化後に自身のモジュール辞書を操作する場合には特にそうです。一つのサブインタプリタで生成されたオブジェクトは他のサブインタプリタの名前空間への挿入が可能です; ユーザ定義関数、メソッド、インスタンスおよびクラスをサブインタプリタをサブインタプリタ間で共有しないように十分注意してください。というのは、これらの共有オブジェクトが実行した import 文は間違った (サブ) インタプリタのロード済みモジュール辞書に影響を及ぼす場合があるからです。

サブインタプリタを PyGILState_*() API と組み合わせるのが難しいことにも注意してください。これらのAPIはPythonのスレッド状態とOSレベルスレッドが1対1で対応していることを前提にしていて、サブインタプリタが存在するとその前提が崩れるからです。対応する PyGILState_Ensure()PyGILState_Release() の呼び出しのペアの間では、サブインタプリタの切り替えを行わないことを強く推奨します。さらに、(ctypes のような)これらのAPIを使ってPythonの外で作られたスレッドから Pythonコードを実行している拡張モジュールはサブインタプリタを使うと壊れる可能性があります。

非同期通知

インタプリタのメインスレッドに非同期な通知を行うために提供されている仕組みです。これらの通知は関数ポインタと void ポインタ引数という形態を取ります。

int Py_AddPendingCall(int (*func)(void *), void *arg)

インタプリタのメインスレッドから関数が呼び出される予定を組みます。成功すると 0 が返り、func はメインスレッドの呼び出しキューに詰められます。失敗すると、例外をセットせずに -1 が返ります。

無事にキューに詰められると、funcいつかは必ず インタプリタのメインスレッドから、arg を引数として呼び出されます。この関数は、通常の実行中の Python コードに対して非同期に呼び出されますが、次の両方の条件に合致したときに呼び出されます:

  • bytecode 境界上にいるとき、

  • メインスレッドが global interpreter lock を保持している (すなわち func が全ての C API を呼び出せる) とき。

成功したら func0 を返さねばならず、失敗したら -1 を返し例外をセットしなければいけません。func は、他の非同期通知を行うために、さらに割り込まれることはありませんが、グローバルインタプリタロックが解放された場合は、スレッドの切り替えによって割り込まれる可能性が残っています。

この関数は実行するのに現在のスレッド状態を必要とせず、グローバルインタプリタロックも必要としません。

警告

これは、非常に特別な場合にのみ役立つ、低レベルな関数です。 func が可能な限り早く呼び出される保証はありません。メインスレッドがシステムコールを実行するのに忙しい場合は、 func はシステムコールが返ってくるまで呼び出されないでしょう。この関数は一般的には、任意の C スレッドから Python コードを呼び出すのには 向きません 。これの代わりに、 PyGILState API を使用してください。

バージョン 3.1 で追加.

プロファイルとトレース (profiling and tracing)

Python インタプリタは、プロファイル: 分析 (profile) や実行のトレース: 追跡 (trace) といった機能を組み込むために低水準のサポートを提供しています。このサポートは、プロファイルやデバッグ、適用範囲分析 (coverage analysis) ツールなどに使われます。

この C インタフェースは、プロファイルやトレース作業時に、Python レベルの呼び出し可能オブジェクトが呼び出されることによるオーバヘッドを避け、直接 C 関数呼び出しが行えるようにしています。プロファイルやトレース機能の本質的な特性は変わっていません; インタフェースではトレース関数をスレッドごとにインストールでき、トレース関数に報告される基本イベント (basic event) は以前のバージョンにおいて Python レベルのトレース関数で報告されていたものと同じです。

int (*Py_tracefunc)(PyObject *obj, PyFrameObject *frame, int what, PyObject *arg)

PyEval_SetProfile() および PyEval_SetTrace() を使って登録できるトレース関数の形式です。最初のパラメタはオブジェクトで、登録関数に obj として渡されます。 frame はイベントが属している実行フレームオブジェクトで、 what は定数 PyTrace_CALL, PyTrace_EXCEPTION, PyTrace_LINE, PyTrace_RETURN, PyTrace_C_CALL, PyTrace_C_RETURN, PyTrace_OPCODE のいずれかで、 argwhat の値によって以下のように異なります:

what の値

arg の意味

PyTrace_CALL

常に Py_None

PyTrace_EXCEPTION

sys.exc_info() の返す例外情報です。

PyTrace_LINE

常に Py_None

PyTrace_RETURN

呼び出し側に返される予定の値か、例外によって関数を抜ける場合は NULL です。

PyTrace_C_CALL

呼び出される関数オブジェクト。

PyTrace_C_EXCEPTION

呼び出される関数オブジェクト。

PyTrace_C_RETURN

呼び出される関数オブジェクト。

PyTrace_OPCODE

常に Py_None

int PyTrace_CALL

関数やメソッドが新たに呼び出されたり、ジェネレータが新たなエントリの処理に入ったことを報告する際の、 Py_tracefuncwhat の値です。イテレータやジェネレータ関数の生成は、対応するフレーム内の Python バイトコードに制御の委譲 (control transfer) が起こらないため報告されないので注意してください。

int PyTrace_EXCEPTION

例外が送出された際の Py_tracefuncwhat の値です。現在実行されているフレームで例外がセットされ、何らかのバイトコードが処理された後に、 what にこの値がセットされた状態でコールバック関数が呼び出されます。この結果、例外の伝播によって Python が呼び出しスタックを逆戻りする際に、各フレームから処理が戻るごとにコールバック関数が呼び出されます。トレース関数だけがこれらのイベントを受け取ります; プロファイラはこの種のイベントを必要としません。

int PyTrace_LINE

行番号イベントを報告するときに、 (プロファイル関数ではなく) Py_tracefunc 関数に what 引数として渡す値です。 f_trace_lines0 に設定されたフレームでは無効化されていることもあります。

int PyTrace_RETURN

呼び出しが返るときに Py_tracefunc 関数に what 引数として渡す値です。

int PyTrace_C_CALL

C関数を呼び出す直前に Py_tracefunc 関数の what 引数として渡す値です。

int PyTrace_C_EXCEPTION

C関数が例外を送出したときに Py_tracefunc 関数の what 引数として渡す値です。

int PyTrace_C_RETURN

C関数から戻るときに Py_tracefunc 関数の what 引数として渡す値です。

int PyTrace_OPCODE

新しい opcode が実行されるときに、 (プロファイル関数ではなく) Py_tracefunc 関数に what 引数として渡す値です。 デフォルトではイベントは発火しません。フレーム上で f_trace_lines1 に設定して、明示的に要請しなければなりません。

void PyEval_SetProfile(Py_tracefunc func, PyObject *obj)

プロファイル関数を func に設定します。 obj パラメタは関数の第一引数として渡されるもので、何らかの Python オブジェクトあるいは NULL です。 プロファイル関数がスレッド状態を維持する必要があるなら、各々のスレッドに異なる obj を使うことで、状態を記憶しておく便利でスレッドセーフな場所を提供できます。 プロファイル関数は、モニタされているイベントのうち、 PyTrace_LINE PyTrace_OPCODE, PyTrace_EXCEPTION を除く全てのイベントに対して呼び出されます。

void PyEval_SetTrace(Py_tracefunc func, PyObject *obj)

トレース関数を func に設定します。 この関数は PyEval_SetProfile() と同じですが、トレース関数は行番号イベントおよび opcode イベントを受け取り、呼び出された C 関数オブジェクトと関係する任意のイベントを受け取らないところが異なっています。 PyEval_SetTrace() で登録されたトレース関数は、what 引数の値として PyTrace_C_CALL, PyTrace_C_EXCEPTION, PyTrace_C_RETURN を受け取りません。

高度なデバッガサポート (advanced debugger support)

以下の関数は高度なデバッグツールでの使用のためだけのものです。

PyInterpreterState* PyInterpreterState_Head()

インタプリタ状態オブジェクトからなるリストのうち、先頭にあるものを返します。

PyInterpreterState* PyInterpreterState_Main()

メインインタプリタの状態オブジェクトを返します。

PyInterpreterState* PyInterpreterState_Next(PyInterpreterState *interp)

インタプリタ状態オブジェクトからなるリストのうち、interp の次にあるものを返します。

PyThreadState * PyInterpreterState_ThreadHead(PyInterpreterState *interp)

インタプリタ interp に関連付けられているスレッドからなるリストのうち、先頭にある PyThreadState オブジェクトを返します。

PyThreadState* PyThreadState_Next(PyThreadState *tstate)

tstate と同じ PyInterpreterState オブジェクトに属しているスレッド状態オブジェクトのうち、 tstate の次にあるものを返します。

スレッドローカルストレージのサポート

Python インタプリタは、スレッドローカルストレージ (thread-local storage, TLS) の低レベルサポートを提供していて、ネイティブの TLS 実装を内部にラップして Python レベルのスレッドローカルストレージ API (threading.local) をサポートしています。 CPython の C レベル API は pthreads や Windows で与えられる TLS と同様です: スレッドキーとスレッドごとに void* 値を関係付ける関数を使います。

API で使われる関数を呼ぶときは、 GIL を取得する必要は ありません 。関数自身のロックがサポートされています。

Python.h は TLS API の宣言を include せず、スレッドローカルストレージを使うには pythread.h を include する必要があることに注意してください。

注釈

この API 関数はどれも void* 値の代わりにメモリ管理を行うことはしません。 メモリの確保と解放は自前で行う必要があります。 void* 値がたまたま PyObject* だった場合は、 API 関数はそれぞれの値の参照カウントの操作は行いません。

スレッド固有ストレージ (Thread Specific Storage, TSS) API

TSS API は、 CPython インタプリタに含まれている既存の TLS API を置き換えるために導入されました。 この API は、スレッドキーの表現に int の代わりに新しい型 Py_tss_t を使います。

バージョン 3.7 で追加.

参考

"CPython のスレッドローカルストレージのための新しい C API" (PEP 539)

Py_tss_t

このデータ構造体はスレッドキーの状態を表現しています。この構造体の定義は、根底の TLS 実装に依存し、キーの初期化状態を表現する内部フィールドを持ちます。 この構造体には公開 (public) のメンバはありません。

Py_LIMITED_API が定義されていないときは、この型の Py_tss_NEEDS_INIT による静的メモリ確保ができます。

Py_tss_NEEDS_INIT

このマクロは Py_tss_t 変数の初期化子に展開されます。 このマクロは Py_LIMITED_API があるときは定義されません。

動的メモリ確保

動的な Py_tss_t のメモリ確保は Py_LIMITED_API でビルドされた拡張モジュールで必要になりますが、その実装がビルド時に不透明なために、この型の静的なメモリ確保は不可能です。

Py_tss_t* PyThread_tss_alloc()

Return a value which is the same state as a value initialized with Py_tss_NEEDS_INIT, or NULL in the case of dynamic allocation failure.

void PyThread_tss_free(Py_tss_t *key)

Free the given key allocated by PyThread_tss_alloc(), after first calling PyThread_tss_delete() to ensure any associated thread locals have been unassigned. This is a no-op if the key argument is NULL.

注釈

A freed key becomes a dangling pointer, you should reset the key to NULL.

メソッド

The parameter key of these functions must not be NULL. Moreover, the behaviors of PyThread_tss_set() and PyThread_tss_get() are undefined if the given Py_tss_t has not been initialized by PyThread_tss_create().

int PyThread_tss_is_created(Py_tss_t *key)

Return a non-zero value if the given Py_tss_t has been initialized by PyThread_tss_create().

int PyThread_tss_create(Py_tss_t *key)

Return a zero value on successful initialization of a TSS key. The behavior is undefined if the value pointed to by the key argument is not initialized by Py_tss_NEEDS_INIT. This function can be called repeatedly on the same key -- calling it on an already initialized key is a no-op and immediately returns success.

void PyThread_tss_delete(Py_tss_t *key)

Destroy a TSS key to forget the values associated with the key across all threads, and change the key's initialization state to uninitialized. A destroyed key is able to be initialized again by PyThread_tss_create(). This function can be called repeatedly on the same key -- calling it on an already destroyed key is a no-op.

int PyThread_tss_set(Py_tss_t *key, void *value)

Return a zero value to indicate successfully associating a void* value with a TSS key in the current thread. Each thread has a distinct mapping of the key to a void* value.

void* PyThread_tss_get(Py_tss_t *key)

Return the void* value associated with a TSS key in the current thread. This returns NULL if no value is associated with the key in the current thread.

スレッドローカルストレージ (TLS) API

バージョン 3.7 で非推奨: This API is superseded by Thread Specific Storage (TSS) API.

注釈

This version of the API does not support platforms where the native TLS key is defined in a way that cannot be safely cast to int. On such platforms, PyThread_create_key() will return immediately with a failure status, and the other TLS functions will all be no-ops on such platforms.

Due to the compatibility problem noted above, this version of the API should not be used in new code.

int PyThread_create_key()
void PyThread_delete_key(int key)
int PyThread_set_key_value(int key, void *value)
void* PyThread_get_key_value(int key)
void PyThread_delete_key_value(int key)
void PyThread_ReInitTLS()