glob --- Unix 形式のパス名のパターン展開

ソースコード: Lib/glob.py


The glob module finds all the pathnames matching a specified pattern according to the rules used by the Unix shell, although results are returned in arbitrary order. No tilde expansion is done, but *, ?, and character ranges expressed with [] will be correctly matched. This is done by using the os.scandir() and fnmatch.fnmatch() functions in concert, and not by actually invoking a subshell.

Note that files beginning with a dot (.) can only be matched by patterns that also start with a dot, unlike fnmatch.fnmatch() or pathlib.Path.glob(). (For tilde and shell variable expansion, use os.path.expanduser() and os.path.expandvars().)

リテラルにマッチさせるには、メタ文字を括弧に入れてください。例えば、'[?]' は文字 '?' にマッチします。

参考

pathlib モジュールは高水準のパスオブジェクトを提供します。

glob.glob(pathname, *, root_dir=None, dir_fd=None, recursive=False, include_hidden=False)

Return a possibly empty list of path names that match pathname, which must be a string containing a path specification. pathname can be either absolute (like /usr/src/Python-1.5/Makefile) or relative (like ../../Tools/*/*.gif), and can contain shell-style wildcards. Broken symlinks are included in the results (as in the shell). Whether or not the results are sorted depends on the file system. If a file that satisfies conditions is removed or added during the call of this function, whether a path name for that file be included is unspecified.

If root_dir is not None, it should be a path-like object specifying the root directory for searching. It has the same effect on glob() as changing the current directory before calling it. If pathname is relative, the result will contain paths relative to root_dir.

この関数は dir_fd パラメタで ディレクトリ記述子への相対パス をサポートしています。

recursive が真の場合、パターン "**" はあらゆるファイルや0個以上のディレクトリ、サブディレクトリおよびディレクトリへのシンボリックリンクにマッチします。パターンの末尾が os.sep または os.altsep の場合、ファイルは一致しません。

If include_hidden is true, "**" pattern will match hidden directories.

引数 pathname, recursive を指定して 監査イベント glob.glob を送出します。

引数 pathname, recursive, root_dir, dir_fd を指定して 監査イベント glob.glob/2 を送出します。

注釈

パターン "**" を大きなディレクトリツリーで使用するととてつもなく時間がかかるかもしれません。

バージョン 3.5 で変更: "**" を使った再帰的な glob がサポートされました。

バージョン 3.10 で変更: root_dirdir_fd 引数が追加されました。

バージョン 3.11 で変更: Added the include_hidden parameter.

glob.iglob(pathname, *, root_dir=None, dir_fd=None, recursive=False, include_hidden=False)

実際には一度にすべてを格納せずに、glob() と同じ値を順に生成する イテレーター を返します。

引数 pathname, recursive を指定して 監査イベント glob.glob を送出します。

引数 pathname, recursive, root_dir, dir_fd を指定して 監査イベント glob.glob/2 を送出します。

バージョン 3.5 で変更: "**" を使った再帰的な glob がサポートされました。

バージョン 3.10 で変更: root_dirdir_fd 引数が追加されました。

バージョン 3.11 で変更: Added the include_hidden parameter.

glob.escape(pathname)

すべての特殊文字 ('?''*''[') をエスケープします。特殊文字を含んでいる可能性のある任意のリテラル文字列をマッチさせたいときに便利です。drive/UNC sharepoints の特殊文字はエスケープされません。たとえば Windows では escape('//?/c:/Quo vadis?.txt')'//?/c:/Quo vadis[?].txt' を返します。

バージョン 3.4 で追加.

たとえば、次の 3 個のファイル 1.gif, 2.txt, card.gif と、ファイル 3.txt だけを含んだサブディレクトリ sub があった場合、glob() は以下の結果を返します。パスに接頭する要素がどう維持されるかに注意してください。:

>>> import glob
>>> glob.glob('./[0-9].*')
['./1.gif', './2.txt']
>>> glob.glob('*.gif')
['1.gif', 'card.gif']
>>> glob.glob('?.gif')
['1.gif']
>>> glob.glob('**/*.txt', recursive=True)
['2.txt', 'sub/3.txt']
>>> glob.glob('./**/', recursive=True)
['./', './sub/']

ディレクトリが . で始まるファイルを含んでいる場合、デフォルトでそれらはマッチしません。例えば、 card.gif.card.gif を含むディレクトリを考えてください:

>>> import glob
>>> glob.glob('*.gif')
['card.gif']
>>> glob.glob('.c*')
['.card.gif']

参考

fnmatch モジュール

シェル形式の (パスではない) ファイル名展開