12.5. tarfile --- tar アーカイブファイルの読み書き

バージョン 2.3 で追加.

ソースコード: Lib/tarfile.py


tarfile モジュールは、gzip、bz2 圧縮されたものを含む、tar アーカイブを読み書きできます。.zip ファイルの読み書きには zipfile モジュールか、あるいは shutil の高レベル関数を使用してください。

いくつかの事実と形態:

  • モジュールが利用可能な場合、gzipbz2 で圧縮されたアーカイブを読み書きします。

  • POSIX.1-1988 (ustar) フォーマットの読み書きをサポートしています。

  • longname, longlink 拡張を含む GNU tar フォーマットの読み書きをサポートしています。 sparse 拡張は読み込みのみサポートしています。

  • POSIX.1-2001 (pax) フォーマットの読み書きをサポートしています。

    バージョン 2.6 で追加.

  • ディレクトリ、一般ファイル、ハードリンク、シンボリックリンク、fifo、キャラクターデバイスおよびブロックデバイスを処理します。また、タイムスタンプ、アクセス許可や所有者のようなファイル情報の取得および保存が可能です。

注釈

Handling of multi-stream bzip2 files is not supported. Modules such as bz2file let you overcome this.

tarfile.open(name=None, mode='r', fileobj=None, bufsize=10240, **kwargs)

パス名 nameTarFile オブジェクトを返します。TarFile オブジェクトと、利用出来るキーワード引数に関する詳細な情報については、TarFile オブジェクト 節を参照してください。

mode'filemode[:compression]' の形式をとる文字列でなければなりません。デフォルトの値は 'r' です。以下に mode のとりうる組み合わせすべてを示します:

mode action
'r' または 'r:*' 圧縮方法に関して透過的に、読み込み用にオープンします (推奨)。
'r:' 非圧縮で読み込み用に排他的にオープンします。
'r:gz' gzip 圧縮で読み込み用にオープンします。
'r:bz2' bzip2 圧縮で読み込み用にオープンします。
'a' または 'a:' 非圧縮で追記用にオープンします。ファイルが存在しない場合は新たに作成されます。
'w' または 'w:' 非圧縮で書き込み用にオープンします。
'w:gz' gzip 圧縮で書き込み用にオープンします。
'w:bz2' bzip2 圧縮で書き込み用にオープンします。

'a:gz''a:bz2' は利用できないことに注意して下さい。もし mode が、ある (圧縮した) ファイルを読み込み用にオープンするのに適していないなら、ReadError が送出されます。これを防ぐには mode 'r' を使って下さい。もし圧縮方式がサポートされていなければ、CompressionError が送出されます。

もし fileobj が指定されていれば、それは name でオープンされた ファイルオブジェクト の代替として使うことができます。そのファイルオブジェクトの位置が 0 であることを前提に動作します。

'w:gz''r:gz''w:bz2''r:bz2' モードの場合、tarfile.open() はファイルの圧縮レベルを指定するキーワード引数 compresslevel (デフォルトは 9) を受け付けます。

特別な目的のために、mode には 2 番目の形式: 'ファイルモード|[圧縮方式]' があります。この形式を使うと、tarfile.open() が返すのは、データをブロックからなるストリームとして扱う TarFile オブジェクトになります。この場合、ファイルに対してランダムなシークが行えなくなります。fileobj を指定する場合、 read() および write() メソッドを持つ (mode に依存した) 任意のオブジェクトにできます。bufsize にはブロックサイズを指定します。デフォルトは 20 * 512 バイトです。sys.stdin、ソケットファイルオブジェクト、あるいはテープデバイスと組み合わせる場合にはこの形式を使ってください。ただし、このような TarFile オブジェクトにはランダムアクセスを行えないという制限があります。 節を参照してください。現在可能なモードは以下のとおりです。

モード 動作
'r|*' tar ブロックの stream を圧縮方法に関して透過的に読み込み用にオープンします。
'r|' 非圧縮 tar ブロックの stream を読み込み用にオープンします。
'r|gz' gzip 圧縮の stream を読み込み用にオープンします。
'r|bz2' bzip2 圧縮の stream を読み込み用にオープンします。
'w|' 非圧縮の stream を書き込み用にオープンします。
'w|gz' gzip 圧縮の stream を書き込み用にオープンします。
'w|bz2' bzip2 圧縮の stream を書き込み用にオープンします。
class tarfile.TarFile

tar アーカイブを読み書きするためのクラスです。このクラスを直接使わず、代わりに tarfile.open() を使ってください。TarFile オブジェクト を参照してください。

tarfile.is_tarfile(name)

もし name が tar アーカイブファイルであり、tarfile モジュールで読み込める場合に True を返します。

class tarfile.TarFileCompat(filename, mode='r', compression=TAR_PLAIN)

zipfile 風なインターフェースを持つ tar アーカイブへの制限されたアクセスのためのクラスです。詳細は zipfile のドキュメントを参照してください。 compression は、以下の定数のどれかでなければなりません:

TAR_PLAIN

非圧縮 tar アーカイブのための定数。

TAR_GZIPPED

gzip 圧縮 tar アーカイブのための定数。

バージョン 2.6 で非推奨: TarFileCompat クラスは Python 3 で削除されました。

exception tarfile.TarError

すべての tarfile 例外のための基本クラスです。

exception tarfile.ReadError

tar アーカイブがオープンされた時、tarfile モジュールで操作できないか、あるいは何か無効であるとき送出されます。

exception tarfile.CompressionError

圧縮方法がサポートされていないか、あるいはデータを正しくデコードできない時に送出されます。

exception tarfile.StreamError

ストリームのような TarFile オブジェクトで典型的な制限のために送出されます。

exception tarfile.ExtractError

TarFile.extract() を使った時に 致命的でない エラーに対して送出されます。ただし TarFile.errorlevel== 2 の場合に限ります。

モジュールレベルで以下の定数が利用出来ます。

tarfile.ENCODING

既定の文字エンコーディング。Windows では 'utf-8' 、それ以外では sys.getfilesystemencoding() の返り値です。

exception tarfile.HeaderError

TarInfo.frombuf() メソッドが取得したバッファーが不正だったときに送出されます。

バージョン 2.6 で追加.

以下の各定数は、tarfile モジュールが作成できる tar アーカイブフォーマットを定義しています。詳細は、サポートしている tar フォーマット を参照してください。

tarfile.USTAR_FORMAT

POSIX.1-1988 (ustar) フォーマット。

tarfile.GNU_FORMAT

GNU tar フォーマット。

tarfile.PAX_FORMAT

POSIX.1-2001 (pax) フォーマット。

tarfile.DEFAULT_FORMAT

アーカイブを作成する際のデフォルトのフォーマット。現在は GNU_FORMAT です。

参考

zipfile モジュール
zipfile 標準モジュールのドキュメント。
アーカイブ化操作
shutil が提供するより高水準のアーカイブ機能についてのドキュメント。
GNU tar manual, Basic Tar Format
GNU tar 拡張機能を含む、tar アーカイブファイルのためのドキュメント。

12.5.1. TarFile オブジェクト

TarFile オブジェクトは、tar アーカイブへのインターフェースを提供します。tar アーカイブは一連のブロックです。アーカイブメンバー (保存されたファイル) は、ヘッダーブロックとそれに続くデータブロックで構成されています。一つの tar アーカイブにファイルを何回も保存することができます。各アーカイブメンバーは、TarInfo オブジェクトで確認できます。詳細については TarInfo オブジェクト を参照してください。

TarFile オブジェクトは with 文のコンテキストマネージャーとして利用できます。with ブロックが終了したときにオブジェクトはクローズされます。例外が発生した時、内部で利用されているファイルオブジェクトのみがクローズされ、書き込み用にオープンされたアーカイブのファイナライズは行われないことに注意してください。 節のユースケースを参照してください。

バージョン 2.7 で追加: コンテキスト管理のプロトコルがサポートされました。

class tarfile.TarFile(name=None, mode='r', fileobj=None, format=DEFAULT_FORMAT, tarinfo=TarInfo, dereference=False, ignore_zeros=False, encoding=ENCODING, errors=None, pax_headers=None, debug=0, errorlevel=0)

以下のすべての引数はオプションで、インスタンス属性としてもアクセスできます。

name はアーカイブのパス名です。fileobj が渡された場合は省略可能です。その場合、ファイルオブジェクトに name 属性があれば、それを利用します。

mode は、既存のアーカイブから読み込むための 'r'、既存のアーカイブに追記するための 'a'、あるいは既存のファイルがあれば上書きして新しいファイルを作成する 'w' のいずれかです。

fileobj が与えられていれば、それを使ってデータを読み書きします。もしそれが決定できれば、modefileobj のモードで上書きされます。fileobj は位置 0 から利用されます。

注釈

TarFile をクローズした時、fileobj はクローズされません。

format はアーカイブのフォーマットを制御します。モジュールレベルで定義されている、USTAR_FORMATGNU_FORMAT、あるいは PAX_FORMAT のいずれかである必要があります。

バージョン 2.6 で追加.

tarinfo 引数を利用して、デフォルトの TarInfo クラスを別のクラスで置き換えることができます。

バージョン 2.6 で追加.

dereferenceFalse だった場合、シンボリックリンクやハードリンクがアーカイブに追加されます。True だった場合、リンクのターゲットとなるファイルの内容がアーカイブに追加されます。シンボリックリンクをサポートしていないシステムでは効果がありません。

ignore_zerosFalse だった場合、空ブロックをアーカイブの終端として扱います。True だった場合、空の (無効な) ブロックをスキップして、可能な限り多くのメンバーを取得しようとします。このオプションは、連結されたり、壊れたアーカイブファイルを扱うときにのみ、意味があります。

debug0 (デバッグメッセージ無し) から 3 (全デバッグメッセージ) まで設定できます。このメッセージは sys.stderr に書き込まれます。

errorlevel0 の場合、TarFile.extract() 使用時にすべてのエラーが無視されます。エラーが無視された場合でも、debug が有効であれば、エラーメッセージは出力されます。 errorlevel が``1`` の場合、すべての 致命的な(fatal) エラーは OSError または IOError を送出します。2 の場合、すべての 致命的でない(non-fatal) エラーも TarError 例外として送出されます。

encodingerrors 引数は、文字列と unicode オブジェクトとの間の相互変換方法を指定します。デフォルトの設定で、ほとんどのユーザーでうまく動作するでしょう。詳しい情報は、 Unicode に関する問題 節を参照してください。

バージョン 2.6 で追加.

pax_headers 引数は、オプションの、 unicode 文字列の辞書で、 formatPAX_FORMAT だった場合に pax グローバルヘッダに追加されます。

バージョン 2.6 で追加.

classmethod TarFile.open(...)

代替コンストラクターです。モジュールレベルでの tarfile.open() 関数は、実際はこのクラスメソッドへのショートカットです。

TarFile.getmember(name)

メンバー name に対する TarInfo オブジェクトを返します。name がアーカイブに見つからなければ、KeyError が送出されます。

注釈

アーカイブ内にメンバーが複数ある場合は、最後に出現するものが最新のバージョンとみなされます。

TarFile.getmembers()

TarInfo アーカイブのメンバーをオブジェクトのリストとして返します。このリストはアーカイブ内のメンバーと同じ順番です。

TarFile.getnames()

メンバーをその名前のリストを返します。これは getmembers() で返されるリストと同じ順番です。

TarFile.list(verbose=True)

内容の一覧を sys.stdout に出力します。verboseFalse であれば、メンバー名のみ表示します。True であれば、 ls -l に似た出力を生成します。

TarFile.next()

TarFile が読み込み用にオープンされている時、アーカイブの次のメンバーを TarInfo オブジェクトとして返します。もしそれ以上利用可能なものがなければ、None を返します。

TarFile.extractall(path=".", members=None)

すべてのメンバーをアーカイブから現在の作業ディレクトリまたは path に抽出します。オプションの members が与えられるときには、getmembers() で返されるリストの一部でなければなりません。所有者、変更時刻、アクセス権限のようなディレクトリ情報はすべてのメンバーが抽出された後にセットされます。これは二つの問題を回避するためです。一つはディレクトリの変更時刻はその中にファイルが作成されるたびにリセットされるということ、もう一つはディレクトリに書き込み許可がなければその中のファイル抽出は失敗してしまうということです。

警告

内容を信頼できない tar アーカイブを、事前の内部チェック前に展開してはいけません。ファイルが path の外側に作られる可能性があります。例えば、"/" で始まる絶対パスのファイル名や、2 重ドット ".." で始まるパスのファイル名です。

バージョン 2.5 で追加.

TarFile.extract(member, path="")

アーカイブからメンバーの完全な名前を使って、現在のディレクトリに展開します。ファイル情報はできる限り正確に展開されます。 member はファイル名もしくは TarInfo オブジェクトです。 path を使って別のディレクトリを指定することもできます。

注釈

extract() メソッドはいくつかの展開に関する問題を扱いません。ほとんどの場合、extractall() メソッドの利用を考慮するべきです。

警告

extractall() の警告を参してください。

TarFile.extractfile(member)

アーカイブからメンバーをファイルオブジェクトとして抽出します。 member は、ファイル名あるいは TarInfo オブジェクトです。もし member が普通のファイルであれば、ファイル風のオブジェクトを返します。もし member がリンクであれば、ファイル風のオブジェクトをリンクのターゲットから構成します。もし member が上のどれでもなければ、 None が返されます。

注釈

ファイル風のオブジェクトは読み出し専用です。このオブジェクトは read(), readline(), readlines(), seek(), tell(), close(). の各メソッドを提供し、行に対するイテレーションをサポートします。

TarFile.add(name, arcname=None, recursive=True, exclude=None, filter=None)

ファイル name をアーカイブに追加します。 name は、任意のファイルタイプ (ディレクトリ、fifo、シンボリックリンク等)です。もし arcname が与えられていれば、それはアーカイブ内のファイルの代替名を指定します。デフォルトではディレクトリは再帰的に追加されます。これは、 recursiveFalse に設定することで避けることができます。 exclude を指定する場合、それは1つのファイル名を引数にとってブール値を返す関数である必要があります。この関数の戻り値が True の場合、そのファイルが除外されます。 False の場合、そのファイルは追加されます。 filter を指定する場合、それは TarInfo オブジェクトを引数として受け取り、操作した TarInfo オブジェクトを返す関数でなければなりません。代わりに None を返した場合、 TarInfo オブジェクトはアーカイブから除外されます。 にある例を参照してください。

バージョン 2.6 で変更: exclude パラメータが追加されました。

バージョン 2.7 で変更: filter パラメータが追加されました。

バージョン 2.7 で非推奨: exclude 引数は廃止予定です。代わりに filter 引数を利用してください。将来 exclude 引数が削除されたときに互換性を保つため、 filter は位置引数ではなくてキーワード引数として利用するべきです。

TarFile.addfile(tarinfo, fileobj=None)

TarInfo オブジェクト tarinfo をアーカイブに追加します。 fileobj が与えられている場合は、tarinfo.size バイトがそれから読まれ、アーカイブに追加されます。 TarInfo オブジェクトは直接もしくは gettarinfo() を使って作成することができます。

注釈

Windows プラットフォームでは、fileobj は、ファイルサイズに関する問題を避けるために、常にモード 'rb' でオープンするべきです。

TarFile.gettarinfo(name=None, arcname=None, fileobj=None)

os.stat() の結果か、既存のファイルに相当するものから、TarInfo オブジェクトを作成します。このファイルは、name で名付けられるか、ファイル記述子を持つ file object fileobj として指定されます。arcname が与えられた場合、アーカイブ内のファイルに対して代替名を指定します。与えられない場合、名前は fileobjname 属性、もしくは name 引数から取られます。

TarInfo の属性の一部は、addfile() を使用して追加する前に修正できます。ファイルオブジェクトが、ファイルの先頭にある通常のファイルオブジェクトでない場合、 size などの属性は修正が必要かもしれません。これは、 GzipFile などの属性に当てはまります。name も修正できるかもしれず、この場合、arcname はダミーの文字列にすることができます。

TarFile.close()

TarFile をクローズします。書き込みモードでは、完了ゼロブロックが 2 個アーカイブに追加されます。

TarFile.posix

この値を True にすることは、 formatUSTAR_FORMAT にすることと同じです。この値を False にすることは、 formatGNU_FORMAT にすることと同じです。

バージョン 2.4 で変更: posix のデフォルト値が False になりました。

バージョン 2.6 で非推奨: 代わりに format 属性を利用してください。

TarFile.pax_headers

pax グローバルヘッダーに含まれる key-value ペアの辞書です。

バージョン 2.6 で追加.

12.5.2. TarInfo オブジェクト

TarInfo オブジェクトは TarFile の一つのメンバーを表します。ファイルに必要なすべての属性 (ファイルタイプ、ファイルサイズ、時刻、アクセス権限、所有者等のような) を保存する他に、そのタイプを決定するのに役に立ついくつかのメソッドを提供します。これにはファイルのデータそのものは 含まれません

TarInfo オブジェクトは TarFile のメソッド getmember()getmembers() および gettarinfo() によって返されます。

class tarfile.TarInfo(name="")

TarInfo オブジェクトを作成します。

TarInfo.frombuf(buf)

TarInfo オブジェクトを文字列バッファー buf から作成して返します。

バージョン 2.6 で追加: バッファーが不正な場合 HeaderError を送出します。

TarInfo.fromtarfile(tarfile)

TarFile オブジェクトの tarfile から、次のメンバーを読み込んで、それを TarInfo オブジェクトとして返します。

バージョン 2.6 で追加.

TarInfo.tobuf(format=DEFAULT_FORMAT, encoding=ENCODING, errors='strict')

TarInfo オブジェクトから文字列バッファーを作成します。引数についての情報は、TarFile クラスのコンストラクターを参照してください。

バージョン 2.6 で変更: 引数が追加されました。

TarInfo オブジェクトには以下のデータ属性があります:

TarInfo.name

アーカイブメンバーの名前。

TarInfo.size

バイト単位でのサイズ。

TarInfo.mtime

最後に変更された時刻。

TarInfo.mode

許可ビット。

TarInfo.type

ファイルタイプ。type は通常、定数 REGTYPEAREGTYPELNKTYPESYMTYPEDIRTYPEFIFOTYPECONTTYPECHRTYPEBLKTYPE、あるいは GNUTYPE_SPARSE のいずれかです。TarInfo オブジェクトのタイプをもっと簡単に解決するには、下記の is*() メソッドを使って下さい。

TarInfo.linkname

リンク先ファイルの名前。これはタイプ LNKTYPESYMTYPETarInfo オブジェクトにだけ存在します。

TarInfo.uid

ファイルメンバーを保存した元のユーザーのユーザー ID。

TarInfo.gid

ファイルメンバーを保存した元のユーザーのグループ ID。

TarInfo.uname

ファイルメンバーを保存した元のユーザーのユーザー名。

TarInfo.gname

ファイルメンバーを保存した元のユーザーのグループ名。

TarInfo.pax_headers

pax 拡張ヘッダーに関連付けられた、key-value ペアの辞書。

バージョン 2.6 で追加.

TarInfo オブジェクトは便利な照会用のメソッドもいくつか提供しています:

TarInfo.isfile()

Tarinfo オブジェクトが一般ファイルの場合に、True を返します。

TarInfo.isreg()

isfile() と同じです。

TarInfo.isdir()

ディレクトリの場合に True を返します。

TarInfo.issym()

シンボリックリンクの場合に True を返します。

TarInfo.islnk()

ハードリンクの場合に True を返します。

TarInfo.ischr()

キャラクターデバイスの場合に True を返します。

TarInfo.isblk()

ブロックデバイスの場合に True を返します。

TarInfo.isfifo()

FIFO の場合に True を返します。

TarInfo.isdev()

キャラクターデバイス、ブロックデバイスあるいは FIFO のいずれかの場合に True を返します。

12.5.3. 例

tar アーカイブから現在のディレクトリにすべて抽出する方法:

import tarfile
tar = tarfile.open("sample.tar.gz")
tar.extractall()
tar.close()

tar アーカイブの一部を、リストの代わりにジェネレーター関数を利用して TarFile.extractall() で展開する方法:

import os
import tarfile

def py_files(members):
    for tarinfo in members:
        if os.path.splitext(tarinfo.name)[1] == ".py":
            yield tarinfo

tar = tarfile.open("sample.tar.gz")
tar.extractall(members=py_files(tar))
tar.close()

非圧縮 tar アーカイブをファイル名のリストから作成する方法:

import tarfile
tar = tarfile.open("sample.tar", "w")
for name in ["foo", "bar", "quux"]:
    tar.add(name)
tar.close()

with 文を利用した同じ例:

import tarfile
with tarfile.open("sample.tar", "w") as tar:
    for name in ["foo", "bar", "quux"]:
        tar.add(name)

gzip 圧縮 tar アーカイブを作成してメンバー情報のいくつかを表示する方法:

import tarfile
tar = tarfile.open("sample.tar.gz", "r:gz")
for tarinfo in tar:
    print tarinfo.name, "is", tarinfo.size, "bytes in size and is",
    if tarinfo.isreg():
        print "a regular file."
    elif tarinfo.isdir():
        print "a directory."
    else:
        print "something else."
tar.close()

TarFile.add() 関数の filter 引数を利用してユーザー情報をリセットしながらアーカイブを作成する方法:

import tarfile
def reset(tarinfo):
    tarinfo.uid = tarinfo.gid = 0
    tarinfo.uname = tarinfo.gname = "root"
    return tarinfo
tar = tarfile.open("sample.tar.gz", "w:gz")
tar.add("foo", filter=reset)
tar.close()

12.5.4. サポートしている tar フォーマット

tarfile モジュールは 3 種類の tar フォーマットを作成することができます:

  • POSIX.1-1988 ustar format (USTAR_FORMAT). ファイル名の長さは256文字までで、リンク名の長さは100文字までです。最大のファイルサイズは8GiBです。このフォーマットは古くて制限が多いですが、広くサポートされています。

  • GNU tar format (GNU_FORMAT). 長いファイル名とリンク名、8GiBを超えるファイルやスパース(sparse)ファイルをサポートしています。これは GNU/Linux システムにおいてデファクト・スタンダードになっています。 tarfile モジュールは長いファイル名を完全にサポートしています。 スパースファイルは読み込みのみサポートしています。

  • POSIX.1-2001 pax フォーマット (PAX_FORMAT)。最も柔軟性があり、ほぼ制限が無いフォーマットです。長いファイル名やリンク名、大きいファイルをサポートし、パス名をポータブルな方法で保存します。しかし、現在のところ、すべての tar の実装が pax フォーマットを正しく扱えるわけではありません。

    pax フォーマットは既存の ustar フォーマットの拡張です。ustar では保存できない情報を追加のヘッダーを利用して保存します。pax には 2 種類のヘッダーがあります。1 つ目は拡張ヘッダーで、その次のファイルヘッダーに影響します。2 つ目はグローバルヘッダーで、アーカイブ全体に対して有効で、それ以降のすべてのファイルに影響します。すべての pax ヘッダーの内容は、ポータブル性のために UTF-8 で保存されます。

他にも、読み込みのみサポートしている tar フォーマットがいくつかあります:

  • ancient V7 フォーマット。これは Unix 7th Edition から存在する、最初の tar フォーマットです。通常のファイルとディレクトリのみ保存します。名前は 100 文字を超えてはならず、ユーザー/グループ名に関する情報は保存されません。いくつかのアーカイブは、フィールドが ASCII でない文字を含む場合に、ヘッダーのチェックサムの計算を誤ります。
  • SunOS tar 拡張フォーマット。POSIX.1-2001 pax フォーマットの亜流ですが、互換性がありません。

12.5.5. Unicode に関する問題

tarフォーマットはもともと、テープドライブにファイルシステムのバックアップを取る目的で設計されました。現在、tarアーカイブはファイルを配布する場合に一般的に用いられ、ネットワークごしに送受信されます。オリジナルのフォーマットの抱える1つの問題(ほか多くのフォーマットも同じですが)は、文字エンコーディングが異なる環境を考慮していないことです。例えば、通常の UTF-8 の環境で作成されたアーカイブは、非ASCII文字を含んでいた場合 Latin-1 のシステムでは正しく読み込むことができません。非ASCII文字を含む名前(ファイル名、リンク名、ユーザー/グループ名)が破壊されます。不幸なことに、アーカイブのエンコーディングを自動検出する方法はありません。

pax フォーマットはこの問題を解決するように設計されました。このフォーマットは、非ASCII文字の名前を UTF-8 で保存します。 pax アーカイブを読み込むときに、この UTF-8 の名前がローカルのファイルシステムのエンコーディングに変換されます。

unicode 変換の動作は、 TarFile クラスの encodingerrors キーワード引数によって制御されます。

encoding のデフォルト値はローカルの文字エンコーディングです。これは sys.getfilesystemencoding()sys.getdefaultencoding() から取得されます。読み込みモードでは、 encoding は pax フォーマット内の unicode の名前をローカルの文字エンコーディングに変換するために利用されます。書き込みモードでは、 encoding の扱いは選択されたアーカイブフォーマットに依存します。 PAX_FORMAT の場合、入力された非ASCII文字を含む文字は UTF-8 文字列として保存する前に一旦デコードする必要があるので、そこで encoding が利用されます。それ以外のフォーマットでは、 encoding は、入力された名前に unicode が含まれない限りは利用されません。unicodeが含まれている場合、アーカイブに保存する前に encoding でエンコードされます。

errors 引数は、 encoding を利用して変換できない文字の扱いを指定します。利用可能な値は、 Codec 基底クラス 節でリストアップされています。読み込みモードでは、追加の値として 'utf-8' を選択することができ、エラーが発生したときは UTF-8 を利用することができます。(これがデフォルトです) 書き込みモードでは、 errors のデフォルト値は 'strict' になっていて、名前が気づかないうちに変化することが無いようにしています。