13. さあ何を?

このチュートリアルを読んだことで、おそらく Python を使ってみようという関心はますます強くなったことでしょう — 現実世界の問題を解決するために、Python を適用してみたくなったはずです。さて、それではどこで勉強をしたらよいのでしょうか?

このチュートリアルは Python のドキュメンテーションセットの一部です。セットの中の他のドキュメンテーションをいくつか紹介します:

  • Python 標準ライブラリ:

    このマニュアルをざっと眺めておくと便利です。このマニュアルは型、関数、標準ライブラリのモジュールについての完全なリファレンスです。標準的なPython配布物は たくさんの 追加コードを含んでいます。Unix メールボックスの読み込み、HTTPによるドキュメント取得、乱数の生成、コマンドラインオプションの構文解析、CGIプログラムの作成、データ圧縮やその他たくさんのタスクのためのモジュールがあります。ライブラリリファレンスをざっと見ることで、何が利用できるかのイメージをつかむことができます。

  • Python モジュールのインストール は、他のPythonユーザによって書かれた追加モジュールをどうやってインストールするかを説明しています。

  • Python 言語リファレンス: Pythonの文法とセマンティクスを詳しく説明しています。読むのは大変ですが、言語の完全なガイドとして有用です。

さらなる Python に関するリソース:

  • https://www.python.org: メインの Python Web サイト。このサイトには、コード、ドキュメント、そして Web のあちこちの Python に関連したページへのポインタがあります。この Web サイトは世界のあちこちのさまざまな場所、例えばヨーロッパ、日本、オーストラリアなどでミラーされています。地理的な位置によっては、メインのサイトよりミラーのほうが速いかもしれません。
  • https://docs.python.org: Pythonドキュメントへの素早いアクセスを提供します。
  • https://pypi.python.org/pypi: Python パッケージインデックス、以前は Cheese Shop という愛称でも呼ばれていました。これは、ユーザが作成したダウンロード可能な Python モジュールの索引です。コードのリリースを始めたら、他の人が見つけられるようここに登録することが出来ます。
  • https://code.activestate.com/recipes/langs/python/: Python クックブックはコード例、モジュール、実用的なスクリプトの巨大なコレクションです。主要なものは同名の本Python Cookbook (O’Reilly & Associates, ISBN 0-596-00797-3)に収録されています。
  • http://www.pyvideo.org は学会やユーザグループの会合から Python 関連のビデオのリンクを集めています。
  • https://scipy.org: Scientific Python プロジェクトは配列の高速な計算・操作モジュールに加え、線形代数、フーリエ変換、非線形ソルバー、乱数分布、統計分析などの多くのパッケージを提供しています。

Python 関連の質問や問題の報告については、ニュースグループ comp.lang.python に投稿するか、またはメーリングリスト python-list@python.org に送ることができます。ニュースグループとメーリングリストはゲートウェイされます。したがって、片方に投稿されたメッセージは、もう片方へ自動的に転送されます。質問(と回答)、新しい機能の提案、新しいモジュールの発表などで、1日に数百通の投稿があります。メーリングリストのアーカイブは https://mail.python.org/pipermail/ で利用可能です。

投稿の前に、必ず よくある質問 (FAQとも呼ばれます) のリストをチェックしてください。 FAQ は繰り返し取り上げられる多くの質問に答えています。あなたの問題に対する解決が既に含まれているかもしれません。