21.22. http.server — HTTP サーバ

ソースコード: Lib/http/server.py


このモジュールは HTTP (web) サーバを実装するためのクラスを提供しています。

クラス HTTPServersocketserver.TCPServer のサブクラスです。 HTTPServer は HTTP ソケットを生成してリクエスト待ち (listen) を行い、リクエストをハンドラに渡します。 サーバを作成して動作させるためのコードは以下のようになります:

def run(server_class=HTTPServer, handler_class=BaseHTTPRequestHandler):
    server_address = ('', 8000)
    httpd = server_class(server_address, handler_class)
    httpd.serve_forever()
class http.server.HTTPServer(server_address, RequestHandlerClass)

このクラスは TCPServer クラスの上に構築されており、サーバのアドレスをインスタンス変数 server_name および server_port に記憶します。 サーバはハンドラからアクセス可能で、通常ハンドラの server インスタンス変数からアクセスします。

HTTPServerRequestHandlerClass の初期化のときに与えられなければならず、このモジュールはこのクラスの3つの変種を提供しています:

class http.server.BaseHTTPRequestHandler(request, client_address, server)

このクラスはサーバに到着したリクエストを処理します。 このメソッド自体では、実際のリクエストに応答することはできません; (GET や POST のような) 各リクエストメソッドを処理するためにはサブクラス化しなければなりません。 BaseHTTPRequestHandler では、サブクラスで使うためのクラスやインスタンス変数、メソッド群を数多く提供しています。

このハンドラはリクエストを解釈し、次いでリクエスト形式ごとに固有のメソッドを呼び出します。メソッド名はリクエストの名称から構成されます。例えば、リクエストメソッド SPAM に対しては、 do_SPAM() メソッドが引数なしで呼び出されます。リクエストに関連する情報は全て、ハンドラのインスタンス変数に記憶されています。サブクラスでは __init__() メソッドを上書きしたり拡張したりする必要はありません。

BaseHTTPRequestHandler は以下のインスタンス変数を持っています:

client_address

HTTP クライアントのアドレスを参照している、(host, port) の形式をとるタプルが入っています。

server

server インスタンスが入っています。

close_connection

handle_one_request() が返る前に設定すべき真偽値で、別のリクエストが期待されているかどうか、もしくはコネクションを切断すべきかどうかを指し示しています。

requestline

HTTP リクエスト行の文字列表現を保持しています。 末尾の CRLF は除去されています。 この属性は handle_one_request() によって設定されるべきです。 妥当なリクエスト行が1行も処理されなかった場合は、空文字列に設定されるべきです。

command

HTTP 命令 (リクエスト形式) が入っています。例えば 'GET' です。

path

リクエストされたパスが入っています。

request_version

リクエストのバージョン文字列が入っています。例えば 'HTTP/1.0' です。

headers

MessageClass クラス変数で指定されたクラスのインスタンスを保持しています。 このインスタンスは HTTP リクエストのヘッダを解釈し、管理しています。 http.clientparse_headers() 関数がヘッダを解釈するために使われ、 HTTP リクエストが妥当な RFC 2822 スタイルのヘッダを提供することを要求します。

rfile

An io.BufferedIOBase input stream, ready to read from the start of the optional input data.

wfile

Contains the output stream for writing a response back to the client. Proper adherence to the HTTP protocol must be used when writing to this stream in order to achieve successful interoperation with HTTP clients.

バージョン 3.6 で変更: This is an io.BufferedIOBase stream.

BaseHTTPRequestHandler has the following attributes:

server_version

サーバのソフトウェアバージョンを指定します。この値は上書きする必要が生じるかもしれません。書式は複数の文字列を空白で分割したもので、各文字列はソフトウェア名[/バージョン] の形式をとります。例えば、'BaseHTTP/0.2' です。

sys_version

Python 処理系のバージョンが, version_string メソッドや server_version クラス変数で利用可能な形式で入っています。例えば 'Python/1.4' です。

error_message_format

Specifies a format string that should be used by send_error() method for building an error response to the client. The string is filled by default with variables from responses based on the status code that passed to send_error().

error_content_type

エラーレスポンスをクライアントに送信する時に使う Content-Type HTTP ヘッダを指定します。デフォルトでは 'text/html' です。

protocol_version

この値には応答に使われる HTTP プロトコルのバージョンを指定します。 'HTTP/1.1' に設定されると、サーバは持続的 HTTP 接続を許可します; しかしその場合、サーバは全てのクライアントに対する応答に、正確な値を持つ Content-Length ヘッダを (send_header() を使って) 含め なければなりません 。以前のバージョンとの互換性を保つため、標準の設定値は 'HTTP/1.0' です。

MessageClass

HTTP ヘッダを解釈するための email.message.Message 類似のクラスを指定します。 通常この値が上書きされることはなく、デフォルトの http.client.HTTPMessage になっています。

responses

This attribute contains a mapping of error code integers to two-element tuples containing a short and long message. For example, {code: (shortmessage, longmessage)}. The shortmessage is usually used as the message key in an error response, and longmessage as the explain key. It is used by send_response_only() and send_error() methods.

BaseHTTPRequestHandler インスタンスは以下のメソッドを持っています:

handle()

handle_one_request() を一度だけ (持続的接続が有効になっている場合には複数回) 呼び出して、HTTPリクエストを処理します。このメソッドを上書きする必要はまったくありません; そうする代わりに適切な do_*() を実装してください。

handle_one_request()

このメソッドはリクエストを解釈し、適切な do_*() メソッドに転送します。このメソッドを上書きする必要はまったくありません。

handle_expect_100()

HTTP/1.1 準拠のサーバが Expect: 100-continue リクエストヘッダを受け取ったとき、 100 Continue を返し、その後に 200 OK がきます。 このメソッドは、サーバがクライアントに継続を要求しない場合、エラーを送出するようにオーバーライドできます。 例えば、サーバはレスポンスヘッダとして 417 Expectation Failed を送る選択をし、 return False とできます。

バージョン 3.2 で追加.

send_error(code, message=None, explain=None)

Sends and logs a complete error reply to the client. The numeric code specifies the HTTP error code, with message as an optional, short, human readable description of the error. The explain argument can be used to provide more detailed information about the error; it will be formatted using the error_message_format attribute and emitted, after a complete set of headers, as the response body. The responses attribute holds the default values for message and explain that will be used if no value is provided; for unknown codes the default value for both is the string ???. The body will be empty if the method is HEAD or the response code is one of the following: 1xx, 204 No Content, 205 Reset Content, 304 Not Modified.

バージョン 3.4 で変更: The error response includes a Content-Length header. Added the explain argument.

send_response(code, message=None)

Adds a response header to the headers buffer and logs the accepted request. The HTTP response line is written to the internal buffer, followed by Server and Date headers. The values for these two headers are picked up from the version_string() and date_time_string() methods, respectively. If the server does not intend to send any other headers using the send_header() method, then send_response() should be followed by an end_headers() call.

バージョン 3.3 で変更: Headers are stored to an internal buffer and end_headers() needs to be called explicitly.

send_header(keyword, value)

Adds the HTTP header to an internal buffer which will be written to the output stream when either end_headers() or flush_headers() is invoked. keyword should specify the header keyword, with value specifying its value. Note that, after the send_header calls are done, end_headers() MUST BE called in order to complete the operation.

バージョン 3.2 で変更: ヘッダは内部バッファに保存されます。

send_response_only(code, message=None)

Sends the response header only, used for the purposes when 100 Continue response is sent by the server to the client. The headers not buffered and sent directly the output stream.If the message is not specified, the HTTP message corresponding the response code is sent.

バージョン 3.2 で追加.

end_headers()

Adds a blank line (indicating the end of the HTTP headers in the response) to the headers buffer and calls flush_headers().

バージョン 3.2 で変更: バッファされたヘッダは出力ストリームに書き出されます。

flush_headers()

最終的にヘッダを出力ストリームに送り、内部ヘッダバッファをフラッシュします。

バージョン 3.3 で追加.

log_request(code='-', size='-')

受理された (成功した) リクエストをログに記録します。code にはこの応答に関連付けられた HTTP コード番号を指定します。応答メッセージの大きさを知ることができる場合、size パラメタに渡すとよいでしょう。

log_error(...)

リクエストを遂行できなかった際に、エラーをログに記録します。標準では、メッセージを log_message() に渡します。従って同じ引数 (format と追加の値) を取ります。

log_message(format, ...)

任意のメッセージを sys.stderr にログ記録します。このメソッドは通常、カスタムのエラーログ記録機構を作成するために上書きされます。 format 引数は標準の printf 形式の書式文字列で、 log_message() に渡された追加の引数は書式化の入力として適用されます。ログ記録される全てのメッセージには、クライアントの IP アドレスおよび現在の日付、時刻が先頭に付けられます。

version_string()

Returns the server software’s version string. This is a combination of the server_version and sys_version attributes.

date_time_string(timestamp=None)

Returns the date and time given by timestamp (which must be None or in the format returned by time.time()), formatted for a message header. If timestamp is omitted, it uses the current date and time.

出力は 'Sun, 06 Nov 1994 08:49:37 GMT' のようになります。

log_date_time_string()

ログ記録向けに書式化された、現在の日付および時刻を返します。

address_string()

クライアントのアドレスを返します。

バージョン 3.3 で変更: Previously, a name lookup was performed. To avoid name resolution delays, it now always returns the IP address.

class http.server.SimpleHTTPRequestHandler(request, client_address, server)

このクラスは、現在のディレクトリ以下にあるファイルを、HTTP リクエストにおけるディレクトリ構造に直接対応付けて提供します。

A lot of the work, such as parsing the request, is done by the base class BaseHTTPRequestHandler. This class implements the do_GET() and do_HEAD() functions.

SimpleHTTPRequestHandler では以下のメンバ変数を定義しています:

server_version

この値は "SimpleHTTP/" + __version__ になります。__version__ はこのモジュールで定義されている値です。

extensions_map

拡張子を MIME 型指定子に対応付ける辞書です。標準の型指定は空文字列で表され、この値は application/octet-stream と見なされます。対応付けは大小文字の区別をするので、小文字のキーのみを入れるべきです。

SimpleHTTPRequestHandler では以下のメソッドを定義しています:

do_HEAD()

このメソッドは 'HEAD' 型のリクエスト処理を実行します: すなわち、 GET リクエストの時に送信されるものと同じヘッダを送信します。送信される可能性のあるヘッダについての完全な説明は do_GET() メソッドを参照してください。

do_GET()

リクエストを現在の作業ディレクトリからの相対的なパスとして解釈することで、リクエストをローカルシステム上のファイルと対応付けます。

If the request was mapped to a directory, the directory is checked for a file named index.html or index.htm (in that order). If found, the file’s contents are returned; otherwise a directory listing is generated by calling the list_directory() method. This method uses os.listdir() to scan the directory, and returns a 404 error response if the listdir() fails.

If the request was mapped to a file, it is opened and the contents are returned. Any OSError exception in opening the requested file is mapped to a 404, 'File not found' error. Otherwise, the content type is guessed by calling the guess_type() method, which in turn uses the extensions_map variable.

出力は 'Content-type:' と推測されたコンテントタイプで、その後にファイルサイズを示す 'Content-Length;' ヘッダと、ファイルの更新日時を示す 'Last-Modified:' ヘッダが続きます。

そしてヘッダの終了を示す空白行が続き、さらにその後にファイルの内容が続きます。このファイルはコンテントタイプが text/ で始まっている場合はテキストモードで、そうでなければバイナリモードで開かれます。

For example usage, see the implementation of the test() function invocation in the http.server module.

The SimpleHTTPRequestHandler class can be used in the following manner in order to create a very basic webserver serving files relative to the current directory:

import http.server
import socketserver

PORT = 8000

Handler = http.server.SimpleHTTPRequestHandler

with socketserver.TCPServer(("", PORT), Handler) as httpd:
    print("serving at port", PORT)
    httpd.serve_forever()

http.server can also be invoked directly using the -m switch of the interpreter with a port number argument. Similar to the previous example, this serves files relative to the current directory:

python -m http.server 8000

By default, server binds itself to all interfaces. The option -b/--bind specifies a specific address to which it should bind. For example, the following command causes the server to bind to localhost only:

python -m http.server 8000 --bind 127.0.0.1

バージョン 3.4 で追加: --bind 引数が導入されました。

class http.server.CGIHTTPRequestHandler(request, client_address, server)

This class is used to serve either files or output of CGI scripts from the current directory and below. Note that mapping HTTP hierarchic structure to local directory structure is exactly as in SimpleHTTPRequestHandler.

注釈

CGIHTTPRequestHandler クラスで実行される CGI スクリプトは HTTP コード 200 (スクリプトの出力が後に続く) を実行に先立って出力される (これがステータスコードになります) ため、リダイレクト(コード302) を行なうことができません。

The class will however, run the CGI script, instead of serving it as a file, if it guesses it to be a CGI script. Only directory-based CGI are used — the other common server configuration is to treat special extensions as denoting CGI scripts.

do_GET() および do_HEAD() 関数は、HTTP 要求が cgi_directories パス以下のどこかを指している場合、ファイルを提供するのではなく、CGI スクリプトを実行してその出力を提供するように変更されています。

CGIHTTPRequestHandler では以下のデータメンバを定義しています:

cgi_directories

この値は標準で ['/cgi-bin', '/htbin'] であり、CGI スクリプトを含んでいることを示すディレクトリを記述します。

CGIHTTPRequestHandler は以下のメソッドを定義しています:

do_POST()

このメソッドは、CGI スクリプトでのみ許されている 'POST' 型の HTTP 要求に対するサービスを行います。CGI でない url に対して POST を試みた場合、出力は Error 501, 「Can only POST to CGI scripts」 になります。

Note that CGI scripts will be run with UID of user nobody, for security reasons. Problems with the CGI script will be translated to error 403.

CGIHTTPRequestHandler can be enabled in the command line by passing the --cgi option:

python -m http.server --cgi 8000