セルオブジェクト (cell object)

"セル (cell)" オブジェクトは、複数のスコープから参照される変数群を実装するために使われます。セルは各変数について作成され、各々の値を記憶します; この値を参照する各スタックフレームにおけるローカル変数には、そのスタックフレームの外側で同じ値を参照しているセルに対する参照が入ります。セルで表現された値にアクセスすると、セルオブジェクト自体の代わりにセル内の値が使われます。このセルオブジェクトを使った間接参照 (dereference) は、インタプリタによって生成されたバイトコード内でサポートされている必要があります; セルオブジェクトにアクセスした際に、自動的に間接参照は起こりません。上記以外の状況では、セルオブジェクトは役に立たないはずです。

PyCellObject

セルオブジェクトに使われる C 構造体です。

PyTypeObject PyCell_Type

セルオブジェクトに対応する型オブジェクトです。

int PyCell_Check(ob)

Return true if ob is a cell object; ob must not be NULL.

PyObject* PyCell_New(PyObject *ob)
Return value: New reference.

Create and return a new cell object containing the value ob. The parameter may be NULL.

PyObject* PyCell_Get(PyObject *cell)
Return value: New reference.

cell の内容を返します。

PyObject* PyCell_GET(PyObject *cell)
Return value: Borrowed reference.

Return the contents of the cell cell, but without checking that cell is non-NULL and a cell object.

int PyCell_Set(PyObject *cell, PyObject *value)

Set the contents of the cell object cell to value. This releases the reference to any current content of the cell. value may be NULL. cell must be non-NULL; if it is not a cell object, -1 will be returned. On success, 0 will be returned.

void PyCell_SET(PyObject *cell, PyObject *value)

Sets the value of the cell object cell to value. No reference counts are adjusted, and no checks are made for safety; cell must be non-NULL and must be a cell object.