8. エラーと例外

これまでエラーメッセージについては簡単に触れるだけでしたが、チュートリアル中の例を自分で試していたら、実際にいくつかのエラーメッセージを見ていることでしょう。エラーには (少なくとも) 二つのはっきり異なる種類があります。それは 構文エラー (syntax error)例外 (exception) です。

8.1. 構文エラー

構文エラーは構文解析エラー (parsing error) としても知られており、Python を勉強している間に最もよく遭遇する問題の一つでしょう:

>>> while True print 'Hello world'
  File "<stdin>", line 1
    while True print 'Hello world'
                   ^
SyntaxError: invalid syntax

パーサは違反の起きている行を表示し、小さな「矢印」を表示して、行中でエラーが検出された最初の位置を示します。エラーは矢印の 直前の トークンでひき起こされています (または、少なくともそこで検出されています)。上記の例では、エラーは print で検出されています。コロン (':') がその前に無いからです。入力がスクリプトから来ている場合は、どこを見ればよいか分かるようにファイル名と行番号が出力されます。

8.2. 例外

たとえ文や式が構文的に正しくても、実行しようとしたときにエラーが発生するかもしれません。実行中に検出されたエラーは 例外 (exception) と呼ばれ、常に致命的とは限りません。これから、Python プログラムで例外をどのように扱うかを学んでいきます。ほとんどの例外はプログラムで処理されず、以下に示されるようなメッセージになります:

>>> 10 * (1/0)
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
ZeroDivisionError: integer division or modulo by zero
>>> 4 + spam*3
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
NameError: name 'spam' is not defined
>>> '2' + 2
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
TypeError: cannot concatenate 'str' and 'int' objects

エラーメッセージの最終行は何が起こったかを示しています。例外は様々な型 (type) で起こり、その型がエラーメッセージの一部として出力されます。上の例での型は ZeroDivisionError, NameError, TypeError です。例外型として出力される文字列は、発生した例外の組み込み名です。これは全ての組み込み例外について成り立ちますが、ユーザ定義の例外では (成り立つようにするのは有意義な慣習ですが) 必ずしも成り立ちません。標準例外の名前は組み込みの識別子です (予約語ではありません)。

残りの行は例外の詳細で、その例外の型と何が起きたかに依存します。

エラーメッセージの先頭部分では、例外が発生した実行コンテキスト (context) を、スタックのトレースバック (stack traceback) の形式で示しています。一般には、この部分にはソースコード行をリストしたトレースバックが表示されます。しかし、標準入力から読み取られたコードは表示されません。

組み込み例外 には、組み込み例外とその意味がリストされています。

8.3. 例外を処理する

例外を選別して処理するようなプログラムを書くことができます。以下の例を見てください。この例では、有効な文字列が入力されるまでユーザに入力を促しますが、ユーザがプログラムに (Control-C か、またはオペレーティングシステムがサポートしている何らかのキーを使って) 割り込みをかけてプログラムを中断させることができるようにしています。ユーザが生成した割り込みは、 KeyboardInterrupt 例外が送出されることで通知されるということに注意してください。

>>> while True:
...     try:
...         x = int(raw_input("Please enter a number: "))
...         break
...     except ValueError:
...         print "Oops!  That was no valid number.  Try again..."
...

try 文は下記のように動作します。

  • まず、 try 節 (try clause) (キーワード tryexcept の間の文) が実行されます。
  • 何も例外が発生しなければ、 except 節 をスキップして try 文の実行を終えます。
  • try 節内の実行中に例外が発生すると、その節の残りは飛ばされます。次に、例外型が except キーワードの後に指定されている例外に一致する場合、except 節が実行された後、 try 文の後ろへ実行が継続されます。
  • もしも except 節で指定された例外と一致しない例外が発生すると、その例外は try 文の外側に渡されます。例外に対するハンドラ (handler、処理部) がどこにもなければ、 処理されない例外 (unhandled exception) となり、上記に示したようなメッセージを出して実行を停止します。

一つの try 文に複数の except 節を設けて、さまざまな例外に対するハンドラを指定することができます。同時に一つ以上のハンドラが実行されることはありません。ハンドラは対応する try 節内で発生した例外だけを処理し、同じ try 文内の別の例外ハンドラで起きた例外は処理しません。 except 節には複数の例外を丸括弧で囲ったタプルにして渡すことができます。例えば以下のようにします:

... except (RuntimeError, TypeError, NameError):
...     pass

このタプルの周囲の括弧は必要です。というのも、 except ValueError, e: はモダンな Python で普通 except ValueError as e: と書く(後述)のと同じ意味のかつての文法でした。この古い文法は後方互換のために今でも残されています。つまり except RuntimeError, TypeErrorexcept (RuntimeError, TypeError): と同じではなく、お望みのものとは違う except RuntimeError as TypeError: だということです。

最後の except 節では例外名を省いて、ワイルドカード (wildcard、総称記号) にすることができます。ワイルドカードの except 節は非常に注意して使ってください。というのは、ワイルドカードは通常のプログラムエラーをたやすく隠してしまうからです!ワイルドカードの except 節はエラーメッセージを出力した後に例外を再送出する (関数やメソッドの呼び出し側が同様にして例外を処理できるようにする) 用途にも使えます:

import sys

try:
    f = open('myfile.txt')
    s = f.readline()
    i = int(s.strip())
except IOError as e:
    print "I/O error({0}): {1}".format(e.errno, e.strerror)
except ValueError:
    print "Could not convert data to an integer."
except:
    print "Unexpected error:", sys.exc_info()[0]
    raise

try ... except 文には、オプションで else 節 (else clause) を設けることができます。 else 節を設ける場合、全ての except 節よりも後ろに置かなければなりません。 else 節は try 節で全く例外が送出されなかったときに実行されるコードを書くのに役立ちます。例えば次のようにします:

for arg in sys.argv[1:]:
    try:
        f = open(arg, 'r')
    except IOError:
        print 'cannot open', arg
    else:
        print arg, 'has', len(f.readlines()), 'lines'
        f.close()

追加のコードを追加するのは try 節の後ろよりも else 節の方がよいでしょう。なぜなら、そうすることで try ... except 文で保護したいコードから送出されたもの以外の例外を偶然に捕捉してしまうという事態を避けられるからです。

例外が発生するとき、例外は関連付けられた値を持つことができます。この値は例外の 引数 (argument) とも呼ばれます。引数の有無および引数の型は、例外の型に依存します。

except 節では、例外名 (または例外名タプル) の後に変数を指定することができます。この変数は例外インスタンスに結び付けられており、 instance.args に例外インスタンス生成時の引数が入っています。例外インスタンスには __str__() が定義されており、 .args を参照しなくても引数を直接印字できるように利便性が図られています。

必要なら、例外を送出する前にインスタンス化して、任意の属性を追加できます。

>>> try:
...     raise Exception('spam', 'eggs')
... except Exception as inst:
...     print type(inst)     # the exception instance
...     print inst.args      # arguments stored in .args
...     print inst           # __str__ allows args to be printed directly
...     x, y = inst.args
...     print 'x =', x
...     print 'y =', y
...
<type 'exceptions.Exception'>
('spam', 'eggs')
('spam', 'eggs')
x = spam
y = eggs

例外が引数を持っていれば、それらは処理されない例外のメッセージの最後の部分 (「詳細説明」) に出力されます。

例外ハンドラは、try 節の直接内側で発生した例外を処理するだけではなく、その try 節から (たとえ間接的にでも) 呼び出された関数の内部で発生した例外も処理します。例えば:

>>> def this_fails():
...     x = 1/0
...
>>> try:
...     this_fails()
... except ZeroDivisionError as detail:
...     print 'Handling run-time error:', detail
...
Handling run-time error: integer division or modulo by zero

8.4. 例外を送出する

raise 文を使って、特定の例外を発生させることができます。例えば:

>>> raise NameError('HiThere')
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
NameError: HiThere

raise は送出したい例外を引数として取ります。これは例外クラス(Exception を継承したクラス)か、例外クラスのインスタンスです。

例外が発生したかどうかを判定したいだけで、その例外を処理するつもりがなければ、単純な形式の raise 文を使って例外を再送出させることができます:

>>> try:
...     raise NameError('HiThere')
... except NameError:
...     print 'An exception flew by!'
...     raise
...
An exception flew by!
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 2, in <module>
NameError: HiThere

8.5. ユーザー定義例外

プログラム上で新しい例外クラスを作成することで、独自の例外を指定することができます (Python のクラスについては クラス 参照)。例外は、典型的に Exception クラスから、直接または間接的に派生したものです。例を示します:

>>> class MyError(Exception):
...     def __init__(self, value):
...         self.value = value
...     def __str__(self):
...         return repr(self.value)
...
>>> try:
...     raise MyError(2*2)
... except MyError as e:
...     print 'My exception occurred, value:', e.value
...
My exception occurred, value: 4
>>> raise MyError('oops!')
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
__main__.MyError: 'oops!'

この例では Exception のデフォルト __init__() がオーバーライドされています。新しい振る舞いでは、単に value 属性を作ります。これは、デフォルトの args 属性を作成する振る舞いを置き換えています。

例外クラスでは、普通のクラスができることなら何でも定義することができますが、通常は単純なものにしておきます。大抵は、いくつかの属性だけを提供し、例外が発生したときにハンドラがエラーに関する情報を取り出せるようにする程度にとどめます。複数の別個の例外を送出するようなモジュールを作成する際には、そのモジュールで定義されている例外の基底クラスを作成するのが一般的なプラクティスです:

class Error(Exception):
    """Base class for exceptions in this module."""
    pass

class InputError(Error):
    """Exception raised for errors in the input.

    Attributes:
        expr -- input expression in which the error occurred
        msg  -- explanation of the error
    """

    def __init__(self, expr, msg):
        self.expr = expr
        self.msg = msg

class TransitionError(Error):
    """Raised when an operation attempts a state transition that's not
    allowed.

    Attributes:
        prev -- state at beginning of transition
        next -- attempted new state
        msg  -- explanation of why the specific transition is not allowed
    """

    def __init__(self, prev, next, msg):
        self.prev = prev
        self.next = next
        self.msg = msg

ほとんどの例外は、標準の例外の名前付けと同様に、"Error" で終わる名前で定義されています。

多くの標準モジュールでは、モジュールで定義されている関数内で発生する可能性のあるエラーを報告させるために、独自の例外を定義しています。クラスについての詳細な情報は クラス 章で提供されています。

8.6. クリーンアップ動作を定義する

try 文にはもう一つオプションの節があります。この節はクリーンアップ動作を定義するためのもので、どんな状況でも必ず実行されます。例を示します:

>>> try:
...     raise KeyboardInterrupt
... finally:
...     print 'Goodbye, world!'
...
Goodbye, world!
KeyboardInterrupt
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 2, in <module>

finally 節 (finally clause) は、例外が発生したかどうかに関わらず、 try 文を抜ける前に常に実行されます。 try 節の中で例外が発生して、 except 節で処理されていない場合、または except 節か else 節で例外が発生した場合は、 finally 節を実行した後、その例外を再送出します。 finally 節はまた、 try 節から break 文や continue 文、 return 文経由で抜ける際にも、 "抜ける途中で" 実行されます。より複雑な例です (except 節や finally 節が同じ try 文の中にあって、 Python 2.5 以降で動作します)。

>>> def divide(x, y):
...     try:
...         result = x / y
...     except ZeroDivisionError:
...         print "division by zero!"
...     else:
...         print "result is", result
...     finally:
...         print "executing finally clause"
...
>>> divide(2, 1)
result is 2
executing finally clause
>>> divide(2, 0)
division by zero!
executing finally clause
>>> divide("2", "1")
executing finally clause
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
  File "<stdin>", line 3, in divide
TypeError: unsupported operand type(s) for /: 'str' and 'str'

見てわかるとおり、 finally 節はどの場合にも実行されています。文字列を割り算することで発生した TypeErrorexcept 節で処理されていないので、 finally 節実行後に再度送出されています。

実世界のアプリケーションでは、 finally 節は(ファイルやネットワーク接続などの)外部リソースを、利用が成功したかどうかにかかわらず解放するために便利です。

8.7. 定義済みクリーンアップ処理

オブジェクトのなかには、その利用の成否にかかわらず、不要になった際に実行される標準的なクリーンアップ処理が定義されているものがあります。以下の、ファイルをオープンして内容を画面に表示する例をみてください。

for line in open("myfile.txt"):
    print line,

このコードの問題点は、コードの実行が終わった後に不定の時間ファイルを開いたままでいることです。これは単純なスクリプトでは問題になりませんが、大きなアプリケーションでは問題になりえます。 with 文はファイルのようなオブジェクトが常に、即座に正しくクリーンアップされることを保証します。

with open("myfile.txt") as f:
    for line in f:
        print line,

この文が実行されたあとで、たとえ行の処理中に問題があったとしても、ファイル f は常に close されます。ファイルなどの、定義済みクリーンアップ処理を持つオブジェクトについては、それぞれのドキュメントで示されます。