18.12. base64 --- RFC 3548: Base16, Base32, Base64 データの符号化

このモジュールは、 RFC 3548 で定められた仕様によるデータの符号化 (エンコード、 encoding) および復元 (デコード、 decoding) を提供します。この RFC 標準では Base16, Base32 および Base64 が定義されており、これはバイナリ文字列とテキスト文字列とをエンコードあるいはデコードするためのアルゴリズムです。変換されたテキスト文字列は email で確実に送信したり、 URL の一部として使用したり、 HTTP POST リクエストの一部に含めることができます。これらの符号化アルゴリズムは uuencode で使われているものとは別物です。

There are two interfaces provided by this module. The modern interface supports encoding and decoding string objects using both base-64 alphabets defined in RFC 3548 (normal, and URL- and filesystem-safe). The legacy interface provides for encoding and decoding to and from file-like objects as well as strings, but only using the Base64 standard alphabet.

Python 2.4 で導入された現代的なインターフェイスは以下のものを提供します :

base64.b64encode(s[, altchars])

Base64 をつかって、文字列をエンコードします。

s はエンコードする文字列です。オプション引数 altchars は最低でも 2 の長さをもつ文字列で (これ以降の文字は無視されます)、これは +/ の代わりに使われる代替アルファベットを指定します。これにより、アプリケーションはたとえば URL やファイルシステムの影響をうけない Base64 文字列を生成することができます。デフォルトの値は None で、これは標準の Base64 アルファベット集合が使われることを意味します。

エンコードされた文字列が返されます。

base64.b64decode(s[, altchars])

Base64 文字列をデコード ( 復元 ) します。

s にはデコードする文字列を渡します。オプション引数の altchars は最低でも 2 の長さをもつ文字列で ( これ以降の文字は無視されます ) 、これは +/ の代わりに使われる代替アルファベットを指定します。

The decoded string is returned. A TypeError is raised if s is incorrectly padded. Characters that are neither in the normal base-64 alphabet nor the alternative alphabet are discarded prior to the padding check.

base64.standard_b64encode(s)

標準の Base64 アルファベット集合をもちいて文字列 s をエンコード ( 符号化 ) します。

base64.standard_b64decode(s)

標準の Base64 アルファベット集合をもちいて文字列 s をデコード ( 復元 ) します。

base64.urlsafe_b64encode(s)

Encode string s using the URL- and filesystem-safe alphabet, which substitutes - instead of + and _ instead of / in the standard Base64 alphabet. The result can still contain =.

base64.urlsafe_b64decode(s)

Decode string s using the URL- and filesystem-safe alphabet, which substitutes - instead of + and _ instead of / in the standard Base64 alphabet.

base64.b32encode(s)

Base32 をつかって、文字列をエンコード ( 符号化 ) します。 s にはエンコードする文字列を渡し、エンコードされた文字列が返されます。

base64.b32decode(s[, casefold[, map01]])

Base32 をつかって、文字列をデコード ( 復元 ) します。

s にはエンコードする文字列を渡します。オプション引数 casefold は小文字のアルファベットを受けつけるかどうかを指定します。セキュリティ上の理由により、デフォルトではこれは False になっています。

RFC 3548 は付加的なマッピングとして、数字の 0 (零) をアルファベットの O (オー) に、数字の 1 (壱) をアルファベットの I (アイ) または L (エル) に対応させることを許しています。オプション引数は map01 は、 None でないときは、数字の 1 をどの文字に対応づけるかを指定します (map01None でないとき、数字の 0 はつねにアルファベットの O (オー) に対応づけられます)。セキュリティ上の理由により、これはデフォルトでは None になっているため、 0 および 1 は入力として許可されていません。

デコードされた文字列が返されます。 s が正しくパディングされていなかったり、規定のアルファベット以外の文字が含まれていた場合には TypeError が発生します。

base64.b16encode(s)

Base16 をつかって、文字列をエンコード ( 符号化 ) します。

s にはエンコードする文字列を渡し、エンコードされた文字列が返されます。

base64.b16decode(s[, casefold])

Base16 をつかって、文字列をデコード ( 復元 ) します。

s にはエンコードする文字列を渡します。オプション引数 casefold は小文字のアルファベットを受けつけるかどうかを指定します。セキュリティ上の理由により、デフォルトではこれは False になっています。

デコードされた文字列が返されます。 s が正しくパディングされていなかったり、規定のアルファベット以外の文字が含まれていた場合には TypeError が発生します。

レガシーなインターフェイスは以下のものを提供します:

base64.decode(input, output)

input の中身をデコードした結果を output に出力します。 inputoutput ともにファイルオブジェクトか、ファイルオブジェクトと同じインターフェースを持ったオブジェクトである必要があります。 inputinput.read() が空文字列を返すまで読まれます。

base64.decodestring(s)

文字列 s をデコードして結果のバイナリデータを返します。 s には一行以上の base64 形式でエンコードされたデータが含まれている必要があります。

base64.encode(input, output)

input の中身を base64 形式でエンコードした結果を output に出力します。 inputoutput ともにファイルオブジェクトか、ファイルオブジェクトと同じインターフェースを持ったオブジェクトである必要があります。 inputinput.read() が空文字列を返すまで読まれます。 encode() はエンコードされたデータと改行文字 ('\n') を出力します。

base64.encodestring(s)

文字列 s ( 任意のバイナリデータを含むことができます ) を r base64 形式でエンコードした結果の (1 行以上の文字列 ) データを返します。 encodestring() はエンコードされた一行以上のデータと改行文字 ('\n') を出力します。

モジュールの使用例:

>>> import base64
>>> encoded = base64.b64encode('data to be encoded')
>>> encoded
'ZGF0YSB0byBiZSBlbmNvZGVk'
>>> data = base64.b64decode(encoded)
>>> data
'data to be encoded'

参考

モジュール binascii
ASCII からバイナリへ、バイナリから ASCII への変換をサポートするモジュール。
RFC 1521 - MIME (Multipurpose Internet Mail Extensions) Part One: Mechanisms for Specifying and Describing the Format of Internet Message Bodies
Section 5.2, "Base64 Content-Transfer-Encoding," provides the definition of the base64 encoding.