importlib.metadata -- Accessing package metadata

Added in version 3.8.

バージョン 3.10 で変更: importlib.metadata は、暫定的なものではなくなりました。

ソースコード: Lib/importlib/metadata/__init__.py

importlib.metadata is a library that provides access to the metadata of an installed Distribution Package, such as its entry points or its top-level names (Import Packages, modules, if any). Built in part on Python's import system, this library intends to replace similar functionality in the entry point API and metadata API of pkg_resources. Along with importlib.resources, this package can eliminate the need to use the older and less efficient pkg_resources package.

importlib.metadata operates on third-party distribution packages installed into Python's site-packages directory via tools such as pip. Specifically, it works with distributions with discoverable dist-info or egg-info directories, and metadata defined by the Core metadata specifications.

重要

These are not necessarily equivalent to or correspond 1:1 with the top-level import package names that can be imported inside Python code. One distribution package can contain multiple import packages (and single modules), and one top-level import package may map to multiple distribution packages if it is a namespace package. You can use packages_distributions() to get a mapping between them.

デフォルトでは、配布物のメタデータはファイルシステム上、または sys.path のzipアーカイブに保存されます。拡張機構により、メタデータはほとんどどこにでも置くことができます。

参考

https://importlib-metadata.readthedocs.io/

importlib_metadata のドキュメントは importlib.metadata のバックポートです。これには、このモジュールのクラスと関数の APIリファレンス と、 pkg_resources の既存のユーザーのための 移行ガイド があります。

概要

例えば、pip を使ってインストールした 配布パッケージ のバージョン文字列を取得したいとします。 まず、仮想環境を作成し、そこに何かをインストールすることから始めましょう:

$ python -m venv example
$ source example/bin/activate
(example) $ python -m pip install wheel

以下のように実行することで、wheel のバージョン文字列を取得することができます:

(example) $ python
>>> from importlib.metadata import version  
>>> version('wheel')  
'0.32.3'

また、 console_scriptsdistutils.commands などのエントリポイントのプロパティ(通常は 'group' や 'name' )で選択可能なエントリポイントの集合を取得することができます。 各グループは エントリポイント オブジェクトの集合を含んでいます。

ディストリビューションのメタデータ を取得することができます。:

>>> list(metadata('wheel'))  
['Metadata-Version', 'Name', 'Version', 'Summary', 'Home-page', 'Author', 'Author-email', 'Maintainer', 'Maintainer-email', 'License', 'Project-URL', 'Project-URL', 'Project-URL', 'Keywords', 'Platform', 'Classifier', 'Classifier', 'Classifier', 'Classifier', 'Classifier', 'Classifier', 'Classifier', 'Classifier', 'Classifier', 'Classifier', 'Classifier', 'Classifier', 'Requires-Python', 'Provides-Extra', 'Requires-Dist', 'Requires-Dist']

また、 配布物のバージョン番号 を取得し、 構成ファイル をリストアップし、配布物の 配布物の要件 のリストを取得することができます。

機能 API

本パッケージは、公開APIを通じて以下の機能を提供します。

エントリポイント

entry_points() 関数は、エントリポイントの集合を返します。各 EntryPoint.name, .group, .value 属性と値を解決する .load() メソッドを持っています。 また、 .value 属性の構成要素を取得するための .module, .attr, .extras 属性が存在します。

すべてのエントリポイントに問い合わせる:

>>> eps = entry_points()  

entry_points() 関数は、すべての EntryPoint オブジェクトを集めた EntryPoints オブジェクトを、便宜上 namesgroups 属性を付けて返します。

>>> sorted(eps.groups)  
['console_scripts', 'distutils.commands', 'distutils.setup_keywords', 'egg_info.writers', 'setuptools.installation']

EntryPoints には、特定のプロパティに一致するエントリポイントを選択するための select メソッドがあります。console_scripts グループ内のエントリポイントを選択する:

>>> scripts = eps.select(group='console_scripts')  

Equivalently, since entry_points passes keyword arguments through to select:

>>> scripts = entry_points(group='console_scripts')  

"wheel" という名前の特定のスクリプトを選択します。(wheelプロジェクトにあります):

>>> 'wheel' in scripts.names  
True
>>> wheel = scripts['wheel']  

同様に、選択時にそのエントリポイントを問い合わせます:

>>> (wheel,) = entry_points(group='console_scripts', name='wheel')  
>>> (wheel,) = entry_points().select(group='console_scripts', name='wheel')  

解決したエントリポイントを検証する:

>>> wheel  
EntryPoint(name='wheel', value='wheel.cli:main', group='console_scripts')
>>> wheel.module  
'wheel.cli'
>>> wheel.attr  
'main'
>>> wheel.extras  
[]
>>> main = wheel.load()  
>>> main  
<function main at 0x103528488>

groupname はパッケージの作者によって定義された任意の値で、通常クライアントは特定のグループのエントリポイントを解決したいと思うでしょう。エントリポイント、その他の定義、使用方法についての詳細は setuptoolsのドキュメント を参照してください。

バージョン 3.12 で変更: The "selectable" entry points were introduced in importlib_metadata 3.6 and Python 3.10. Prior to those changes, entry_points accepted no parameters and always returned a dictionary of entry points, keyed by group. With importlib_metadata 5.0 and Python 3.12, entry_points always returns an EntryPoints object. See backports.entry_points_selectable for compatibility options.

バージョン 3.13 で変更: EntryPoint objects no longer present a tuple-like interface (__getitem__()).

配布物メタデータ

すべての 配布パッケージ にはメタデータが含まれており、 metadata() 関数を使って取得することができます:

>>> wheel_metadata = metadata('wheel')  

返されたデータ構造である PackageMetadata のキーはメタデータのキーワードを表し、値は配布パッケージのメタデータから解析されずに返されます:

>>> wheel_metadata['Requires-Python']  
'>=2.7, !=3.0.*, !=3.1.*, !=3.2.*, !=3.3.*'

PackageMetadata には json 属性があり、 PEP 566 に従ってすべてのメタデータをJSON互換の形式で返します:

>>> wheel_metadata.json['requires_python']
'>=2.7, !=3.0.*, !=3.1.*, !=3.2.*, !=3.3.*'

注釈

metadata() が返すオブジェクトの実際の型は実装の詳細であり、 PackageMetadataプロトコル が示すインターフェースを通じてのみアクセスすることができます。

バージョン 3.10 で変更: ペイロードを通して提示されるとき、 Description がメタデータに含まれるようになりました。行の継続文字は削除されました。

json 属性が追加されました。

配布物バージョン

version() 関数は 配布パッケージ のバージョン番号を文字列で取得するもっとも簡単な方法です。:

>>> version('wheel')  
'0.32.3'

配布物ファイル

また、配布パッケージに含まれるファイルのフルセットを取得することもできます。files() 関数は 配布パッケージ 名を受け取り、この配布パッケージにインストールされているすべてのファイルを返します。返される各ファイルオブジェクトは PackagePath で、 pathlib.PurePath から派生したオブジェクトに、メタデータで示された dist, size, hash プロパティを追加しています。 例えば:

>>> util = [p for p in files('wheel') if 'util.py' in str(p)][0]  
>>> util  
PackagePath('wheel/util.py')
>>> util.size  
859
>>> util.dist  
<importlib.metadata._hooks.PathDistribution object at 0x101e0cef0>
>>> util.hash  
<FileHash mode: sha256 value: bYkw5oMccfazVCoYQwKkkemoVyMAFoR34mmKBx8R1NI>

ファイルを取得したら、その内容を読むこともできます:

>>> print(util.read_text())  
import base64
import sys
...
def as_bytes(s):
    if isinstance(s, text_type):
        return s.encode('utf-8')
    return s

また、 locate メソッドを使用すると、ファイルへの絶対パスを取得することができます:

>>> util.locate()  
PosixPath('/home/gustav/example/lib/site-packages/wheel/util.py')

In the case where the metadata file listing files (RECORD or SOURCES.txt) is missing, files() will return None. The caller may wish to wrap calls to files() in always_iterable or otherwise guard against this condition if the target distribution is not known to have the metadata present.

配布物の要件

配布パッケージ に必要なすべての要件を取得するには、 requires() 関数を使用します:

>>> requires('wheel')  
["pytest (>=3.0.0) ; extra == 'test'", "pytest-cov ; extra == 'test'"]

Mapping import to distribution packages

インポート可能なトップレベルのPythonモジュールまたは パッケージ を提供する 配布パッケージ 名(名前空間パッケージの場合はその名前)を解決する便利なメソッドです:

>>> packages_distributions()
{'importlib_metadata': ['importlib-metadata'], 'yaml': ['PyYAML'], 'jaraco': ['jaraco.classes', 'jaraco.functools'], ...}

Some editable installs, do not supply top-level names, and thus this function is not reliable with such installs.

Added in version 3.10.

Distributions

上記のAPIは最も一般的で便利な使い方ですが、 Distribution クラスからすべての情報を得ることができます。 Distribution はPython 配布パッケージ のメタデータを表す抽象オブジェクトです。 Distribution のインスタンスを取得することができます。

>>> from importlib.metadata import distribution  
>>> dist = distribution('wheel')  

したがって、バージョン情報を取得する別の方法として、 Distribution インスタンスを使用します:

>>> dist.version  
'0.32.3'

Distribution インスタンスには、あらゆる種類の追加メタデータが用意されています:

>>> dist.metadata['Requires-Python']  
'>=2.7, !=3.0.*, !=3.1.*, !=3.2.*, !=3.3.*'
>>> dist.metadata['License']  
'MIT'

For editable packages, an origin property may present PEP 610 metadata:

>>> dist.origin.url
'file:///path/to/wheel-0.32.3.editable-py3-none-any.whl'

利用可能なメタデータのフルセットは、ここでは説明しません。詳細は コアとなるメタデータの仕様 を参照してください。

Added in version 3.13: The .origin property was added.

Distribution Discovery

デフォルトでは、このパッケージは組み込みで、ファイルシステムおよび zip ファイル 配布パッケージ のメタデータを発見するためのサポートを提供します。このメタデータ検索のデフォルトは sys.path ですが、その値をどのように解釈するかは、他のインポート機構が行う方法とは若干異なります。具体的には:

  • importlib.metadatasys.pathbytes オブジェクトを受け入れません。

  • importlib.metadata は、インポート時には無視されますが、 sys.path 上の pathlib.Path オブジェクトを優先的に使用します。

検索アルゴリズムの拡張

Because Distribution Package metadata is not available through sys.path searches, or package loaders directly, the metadata for a distribution is found through import system finders. To find a distribution package's metadata, importlib.metadata queries the list of meta path finders on sys.meta_path.

By default importlib.metadata installs a finder for distribution packages found on the file system. This finder doesn't actually find any distributions, but it can find their metadata.

抽象クラス importlib.abc.MetaPathFinder はPythonの importシステムによってファインダーに期待されるインターフェイスを定義しています。 importlib.metadata はこのプロトコルを拡張し、 sys.meta_path からファインダーにオプションの find_distributions を呼び出すことができるようにし、この拡張インターフェースを DistributionFinder 抽象基底クラスとして提示し、この抽象メソッドを定義しています:

@abc.abstractmethod
def find_distributions(context=DistributionFinder.Context()):
    """Return an iterable of all Distribution instances capable of
    loading the metadata for packages for the indicated ``context``.
    """

DistributionFinder.Context オブジェクトは、検索するパスと一致する名前を示す .path.name のプロパティを提供し、その他の関連するコンテキストを提供することもできます。

つまり、ファイルシステム以外の場所にある配布パッケージのメタデータを見つけるには、 Distribution をサブクラス化して抽象メソッドを実装します。そして、カスタムファインダーから find_distributions() メソッドで、派生した Distribution のインスタンスを返します。

使用例

Consider for example a custom finder that loads Python modules from a database:

class DatabaseImporter(importlib.abc.MetaPathFinder):
    def __init__(self, db):
        self.db = db

    def find_spec(self, fullname, target=None) -> ModuleSpec:
        return self.db.spec_from_name(fullname)

sys.meta_path.append(DatabaseImporter(connect_db(...)))

That importer now presumably provides importable modules from a database, but it provides no metadata or entry points. For this custom importer to provide metadata, it would also need to implement DistributionFinder:

from importlib.metadata import DistributionFinder

class DatabaseImporter(DistributionFinder):
    ...

    def find_distributions(self, context=DistributionFinder.Context()):
        query = dict(name=context.name) if context.name else {}
        for dist_record in self.db.query_distributions(query):
            yield DatabaseDistribution(dist_record)

In this way, query_distributions would return records for each distribution served by the database matching the query. For example, if requests-1.0 is in the database, find_distributions would yield a DatabaseDistribution for Context(name='requests') or Context(name=None).

For the sake of simplicity, this example ignores context.path. The path attribute defaults to sys.path and is the set of import paths to be considered in the search. A DatabaseImporter could potentially function without any concern for a search path. Assuming the importer does no partitioning, the "path" would be irrelevant. In order to illustrate the purpose of path, the example would need to illustrate a more complex DatabaseImporter whose behavior varied depending on sys.path/PYTHONPATH. In that case, the find_distributions should honor the context.path and only yield Distributions pertinent to that path.

DatabaseDistribution, then, would look something like:

class DatabaseDistribution(importlib.metadata.Distributon):
    def __init__(self, record):
        self.record = record

    def read_text(self, filename):
        """
        Read a file like "METADATA" for the current distribution.
        """
        if filename == "METADATA":
            return f"""Name: {self.record.name}
Version: {self.record.version}
"""
        if filename == "entry_points.txt":
            return "\n".join(
              f"""[{ep.group}]\n{ep.name}={ep.value}"""
              for ep in self.record.entry_points)

    def locate_file(self, path):
        raise RuntimeError("This distribution has no file system")

This basic implementation should provide metadata and entry points for packages served by the DatabaseImporter, assuming that the record supplies suitable .name, .version, and .entry_points attributes.

The DatabaseDistribution may also provide other metadata files, like RECORD (required for Distribution.files) or override the implementation of Distribution.files. See the source for more inspiration.