filecmp --- ファイルおよびディレクトリの比較

ソースコード: Lib/filecmp.py


filecmp モジュールでは、ファイルおよびディレクトリを比較するため、様々な時間/正確性のトレードオフに関するオプションを備えた関数を定義しています。ファイルの比較については、 difflib モジュールも参照してください。

filecmp モジュールでは以下の関数を定義しています:

filecmp.cmp(f1, f2, shallow=True)

名前が f1 および f2 のファイルを比較し、二つのファイルが同じらしければ True を返し、そうでなければ False を返します。

shallow が真の場合、同一の os.stat() シグニチャを持つファイルは等しいとみなされます。そうでなければ、ファイルの内容が比較されます。

可搬性と効率のために、この関数は外部プログラムを一切呼び出さないので注意してください。

この関数は過去の比較と結果のキャッシュを使用します。ファイルの os.stat() 情報が変更された場合、キャッシュの項目は無効化されます。clear_cache() を使用して全キャッシュを削除することが出来ます。

filecmp.cmpfiles(dir1, dir2, common, shallow=True)

dir1dir2 ディレクトリの中の、common で指定されたファイルを比較します。

ファイル名からなる3つのリスト: match, mismatch, errors を返します。match には双方のディレクトリで一致したファイルのリストが含まれ、mismatch にはそうでないファイル名のリストが入ります。そして errors は比較されなかったファイルが列挙されます。errors になるのは、片方あるいは両方のディレクトリに存在しなかった、ユーザーにそのファイルを読む権限がなかった、その他何らかの理由で比較を完了することができなかった場合です。

引数 shallow はその意味も標準の設定も filecmp.cmp() と同じです。

例えば、cmpfiles('a', 'b', ['c', 'd/e'])a/cb/c と、a/d/eb/d/e と、それぞれ比較します。'c''d/e' はそれぞれ、返される3つのリストのいずれかに登録されます。

filecmp.clear_cache()

filecmp のキャッシュをクリアします。背後のファイルシステムの mtime 分解能未満でのファイル変更後にすぐに比較するような場合に有用です。

バージョン 3.4 で追加.

dircmp クラス

class filecmp.dircmp(a, b, ignore=None, hide=None)

ディレクトリ a および b を比較するための新しいディレクトリ比較オブジェクトを生成します。 ignore は比較の際に無視するファイル名のリストで、標準の設定では filecmp.DEFAULT_IGNORES です。 hide は表示しない名前のリストで、標準の設定では [os.curdir, os.pardir] です。

dircmp クラスは、 filecmp.cmp() で説明されているような 浅い 比較を行うことによりファイルを比較します。

dircmp クラスは以下のメソッドを提供しています:

report()

ab の比較を (sys.stdout に) 表示します。

report_partial_closure()

a および b およびそれらの直下にある共通のサブディレクトリ間での比較結果を出力します。

report_full_closure()

a および b およびそれらの共通のサブディレクトリ間での比較結果を (再帰的に比較して) 出力します。

dircmp クラスは、比較されているディレクトリ階層に関する様々な情報のビットを得るために使用することのできる、興味深い属性を数多く提供しています。

すべての属性は __getattr__() フックによって遅延評価されるので、計算が軽い属性のみを使用した場合は、属性の計算による速度の低下は起こりません。

left

ディレクトリ a です。

right

ディレクトリ b です。

left_list

a にあるファイルおよびサブディレクトリです。hide および ignore でフィルタされています。

right_list

b にあるファイルおよびサブディレクトリです。hide および ignore でフィルタされています。

common

a および b の両方にあるファイルおよびサブディレクトリです。

left_only

a だけにあるファイルおよびサブディレクトリです。

right_only

b だけにあるファイルおよびサブディレクトリです。

common_dirs

a および b の両方にあるサブディレクトリです。

common_files

a および b の両方にあるファイルです。

common_funny

a および b の両方にあり、ディレクトリ間でタイプが異なるか、 os.stat() がエラーを報告するような名前です。

same_files

クラスのファイル比較オペレータを用いて ab の両方において同一のファイルです。

diff_files

ab の両方に存在し、クラスのファイル比較オペレータに基づいて内容が異なるファイルです。

funny_files

a および b 両方にあるが、比較されなかったファイルです。

subdirs

A dictionary mapping names in common_dirs to dircmp instances (or MyDirCmp instances if this instance is of type MyDirCmp, a subclass of dircmp).

バージョン 3.10 で変更: Previously entries were always dircmp instances. Now entries are the same type as self, if self is a subclass of dircmp.

filecmp.DEFAULT_IGNORES

バージョン 3.4 で追加.

デフォルトで dircmp に無視されるディレクトリのリストです。

これは subdirs 属性を使用して 2 つのディレクトリを再帰的に探索して、共通の異なるファイルを示すための単純化された例です:

>>> from filecmp import dircmp
>>> def print_diff_files(dcmp):
...     for name in dcmp.diff_files:
...         print("diff_file %s found in %s and %s" % (name, dcmp.left,
...               dcmp.right))
...     for sub_dcmp in dcmp.subdirs.values():
...         print_diff_files(sub_dcmp)
...
>>> dcmp = dircmp('dir1', 'dir2') 
>>> print_diff_files(dcmp)