syslog --- Unix syslog ライブラリルーチン群


このモジュールでは Unix syslog ライブラリルーチン群へのインタフェースを提供します。syslog の便宜レベルに関する詳細な記述は Unix マニュアルページを参照してください。

このモジュールはシステムの syslog ファミリのルーチンをラップしています。 syslog サーバーと通信できる pure Python のライブラリが、 logging.handlers モジュールの SysLogHandler にあります。

このモジュールには、以下の関数が定義されています:

syslog.syslog(message)
syslog.syslog(priority, message)

文字列 message をシステムログ機構に送信します。末尾の改行文字は必要に応じて追加されます。各メッセージは facility および level からなる優先度でタグ付けされます。オプションの priority 引数はメッセージの優先度を定義します。標準の値は LOG_INFO です。 priority 中に、便宜レベルが (LOG_INFO | LOG_USER のように) 論理和を使ってコード化されていない場合、 openlog() を呼び出した際の値が使われます。

syslog() が呼び出される前に openlog() が呼び出されなかった場合、 openlog() が引数なしで呼び出されます。

syslog.openlog([ident[, logoption[, facility]]])

openlog() 関数を呼び出すことで以降の syslog() の呼び出しに対するログオプションを設定することができます。ログがまだ開かれていない状態で syslog() を呼び出すと openlog() が引数なしで呼び出されます。

オプションの ident キーワード引数は全てのメッセージの先頭に付く文字列で、デフォルトでは sys.argv[0] から前方のパス部分を取り除いたものです。オプションの logoption キーワード引数 (デフォルトは 0) はビットフィールドです。組み合わせられる値については下記を参照してください。オプションの facility キーワード引数 (デフォルトは LOG_USER) は明示的に facility が encode されていないメッセージに設定される facility です。

バージョン 3.2 で変更: In previous versions, keyword arguments were not allowed, and ident was required. The default for ident was dependent on the system libraries, and often was python instead of the name of the Python program file.

syslog.closelog()

syslog モジュールの値をリセットし、システムライブラリの closelog() を呼び出します。

この関数を呼ぶと、モジュールが最初に import されたときと同じようにふるまいます。例えば、(openlog() を呼び出さないで) syslog() を最初に呼び出したときに、 openlog() が呼び出され、 ident やその他の openlog() の引数はデフォルト値にリセットされます。

syslog.setlogmask(maskpri)

優先度マスクを maskpri に設定し、以前のマスク値を返します。 maskpri に設定されていない優先度レベルを持った syslog() の呼び出しは無視されます。標準では全ての優先度をログ出力します。関数 LOG_MASK(pri) は個々の優先度 pri に対する優先度マスクを計算します。関数 LOG_UPTO(pri) は優先度 pri までの全ての優先度を含むようなマスクを計算します。

このモジュールでは以下の定数を定義しています:

優先度 (降順):
LOG_EMERGLOG_ALERTLOG_CRITLOG_ERRLOG_WARNINGLOG_NOTICELOG_INFOLOG_DEBUG
機能:
LOG_KERNLOG_USERLOG_MAILLOG_DAEMONLOG_AUTHLOG_LPRLOG_NEWSLOG_UUCPLOG_CRONLOG_SYSLOGLOG_LOCAL0 から LOG_LOCAL7 、および <syslog.h> で定義されていれば、 LOG_AUTHPRIV
ログオプション:
LOG_PIDLOG_CONSLOG_NDELAY 、また <syslog.h> で定義されている場合、 LOG_ODELAYLOG_NOWAIT 、および LOG_PERROR

使用例

シンプルな例

1つ目のシンプルな例:

import syslog

syslog.syslog('Processing started')
if error:
    syslog.syslog(syslog.LOG_ERR, 'Processing started')

いくつかのログオプションを設定する例。ログメッセージにプロセスIDを含み、メッセージをメールのログ用の facility にメッセージを書きます:

syslog.openlog(logoption=syslog.LOG_PID, facility=syslog.LOG_MAIL)
syslog.syslog('E-mail processing initiated...')