35.3. spwd --- シャドウパスワードデータベース


このモジュールは Unix のシャドウパスワードデータベースへのアクセスを提供します。様々な Unix 環境で利用できます。

シャドウパスワードデータベースへアクセスできる権限が必要(大抵の場合 root である必要があります)です。

シャドウパスワードデータベースのエントリはタプル状のオプジェクトで提供され、その属性は spwd 構造のメンバーに対応しています(以下を参照してください。<shadow.h> を参照):

インデックス 属性 意味
0 sp_namp ログイン名
1 sp_pwdp 暗号化されたパスワード
2 sp_lstchg 最終更新日
3 sp_min パスワード変更が出来るようになるまでの最小日数
4 sp_max パスワードを変更しなくても良い最大日数
5 sp_warn パスワードが期限切れになる前に、期限切れが近づいている旨の警告をユーザに出しはじめる日数
6 sp_inact パスワードが期限切れになってからアカウントが無効になるまでの日数
7 sp_expire アカウントが期限切れになる日の 1970-01-01 からの日数
8 sp_flag 将来のために予約

sp_nampsp_pwdp は文字列で、他は全て整数です。エントリが見つからなかった時は KeyError が起きます。

以下の関数が定義されています:

spwd.getspnam(name)

与えられたユーザ名に対応するシャドーパスワードデータベースのエントリを返します。

バージョン 3.6 で変更: ユーザが権限を持っていない場合、 KeyError の代わりに PermissionError を送出します。

spwd.getspall()

このモジュールでは以下を定義しています。

参考

grp モジュール
このモジュールに似た、グループデータベースへのアクセスを提供するモジュール。
pwd モジュール
このモジュールに似た通常のパスワードデータベースへのインタフェース。