21.17. smtplib — SMTP プロトコルクライアント

ソースコード: Lib/smtplib.py


smtplib モジュールは、SMTPまたはESMTPのリスナーデーモンを備えた任意のインターネット上のホストにメールを送るために使用することができる SMTPクライアント・セッション・オブジェクトを定義します。 SMTPおよびESMTPオペレーションの詳細は、 RFC 821 (Simple Mail Transfer Protocol) や RFC 1869 (SMTP Service Extensions)を調べてください。

class smtplib.SMTP(host='', port=0, local_hostname=None, [timeout, ]source_address=None)

An SMTP instance encapsulates an SMTP connection. It has methods that support a full repertoire of SMTP and ESMTP operations. If the optional host and port parameters are given, the SMTP connect() method is called with those parameters during initialization. If specified, local_hostname is used as the FQDN of the local host in the HELO/EHLO command. Otherwise, the local hostname is found using socket.getfqdn(). If the connect() call returns anything other than a success code, an SMTPConnectError is raised. The optional timeout parameter specifies a timeout in seconds for blocking operations like the connection attempt (if not specified, the global default timeout setting will be used). If the timeout expires, socket.timeout is raised. The optional source_address parameter allows binding to some specific source address in a machine with multiple network interfaces, and/or to some specific source TCP port. It takes a 2-tuple (host, port), for the socket to bind to as its source address before connecting. If omitted (or if host or port are '' and/or 0 respectively) the OS default behavior will be used.

普通に使う場合は、初期化と接続を行ってから、 sendmail()quit() メソッドを呼びます。使用例は先の方で記載しています。

The SMTP class supports the with statement. When used like this, the SMTP QUIT command is issued automatically when the with statement exits. E.g.:

>>> from smtplib import SMTP
>>> with SMTP("domain.org") as smtp:
...     smtp.noop()
...
(250, b'Ok')
>>>

バージョン 3.3 で変更: with 構文のサポートが追加されました。

バージョン 3.3 で変更: source_address 引数が追加されました。

バージョン 3.5 で追加: SMTPUTF8 拡張 (RFC 6531) がサポートされました。

class smtplib.SMTP_SSL(host='', port=0, local_hostname=None, keyfile=None, certfile=None, [timeout, ]context=None, source_address=None)

An SMTP_SSL instance behaves exactly the same as instances of SMTP. SMTP_SSL should be used for situations where SSL is required from the beginning of the connection and using starttls() is not appropriate. If host is not specified, the local host is used. If port is zero, the standard SMTP-over-SSL port (465) is used. The optional arguments local_hostname, timeout and source_address have the same meaning as they do in the SMTP class. context, also optional, can contain a SSLContext and allows configuring various aspects of the secure connection. Please read セキュリティで考慮すべき点 for best practices.

keyfile and certfile are a legacy alternative to context, and can point to a PEM formatted private key and certificate chain file for the SSL connection.

バージョン 3.3 で変更: context が追加されました。

バージョン 3.3 で変更: source_address 引数が追加されました。

バージョン 3.4 で変更: このクラスは ssl.SSLContext.check_hostnameServer Name Indication でホスト名のチェックをサポートしました。(ssl.HAS_SNI を参照してください)。

バージョン 3.6 で撤廃: keyfile and certfile are deprecated in favor of context. Please use ssl.SSLContext.load_cert_chain() instead, or let ssl.create_default_context() select the system’s trusted CA certificates for you.

class smtplib.LMTP(host='', port=LMTP_PORT, local_hostname=None, source_address=None)

The LMTP protocol, which is very similar to ESMTP, is heavily based on the standard SMTP client. It’s common to use Unix sockets for LMTP, so our connect() method must support that as well as a regular host:port server. The optional arguments local_hostname and source_address have the same meaning as they do in the SMTP class. To specify a Unix socket, you must use an absolute path for host, starting with a 『/』.

認証は、通常のSMTP機構を利用してサポートされています。 Unixソケットを利用する場合、LMTPは通常認証をサポートしたり要求したりはしません。しかし、あなたが必要であれば、利用することができます。

このモジュールの例外には次のものがあります:

exception smtplib.SMTPException

OSError の派生クラスで、このモジュールが提供する他の全ての例外の基底クラスです。

バージョン 3.4 で変更: SMTPException が OSError の派生クラスになりました。

exception smtplib.SMTPServerDisconnected

この例外はサーバが突然接続が切断されるか、SMTP インスタンスを生成する前に接続しようとした場合に送出されます。

exception smtplib.SMTPResponseException

SMTPのエラーコードを含んだ例外のクラスです。これらの例外はSMTPサーバがエラーコードを返すときに生成されます。エラーコードは smtp_code 属性に格納されます。また、 smtp_error 属性にはエラーメッセージが格納されます。

exception smtplib.SMTPSenderRefused

送信者のアドレスが弾かれたときに送出される例外です。全ての SMTPResponseException 例外に、 SMTPサーバが弾いた 『sender』 アドレスの文字列がセットされます。

exception smtplib.SMTPRecipientsRefused

全ての受取人アドレスが弾かれたときに送出される例外です。各受取人のエラーは属性 recipients によってアクセス可能で、 SMTP.sendmail() が返す辞書と同じ並びの辞書になっています。

exception smtplib.SMTPDataError

SMTPサーバが、メッセージのデータを受け入れることを拒絶したときに送出される例外です。

exception smtplib.SMTPConnectError

サーバへの接続時にエラーが発生したときに送出される例外です。

exception smtplib.SMTPHeloError

サーバーが HELO メッセージを弾いたときに送出される例外です。

exception smtplib.SMTPNotSupportedError

試行したコマンドやオプションはサーバにサポートされていません。

バージョン 3.5 で追加.

exception smtplib.SMTPAuthenticationError

SMTP 認証が失敗しました。最もあり得るのは、サーバーがユーザ名/パスワードのペアを受け付なかった事です。

参考

RFC 821 - Simple Mail Transfer Protocol
SMTP のプロトコル定義です。このドキュメントでは SMTP のモデル、操作手順、プロトコルの詳細についてカバーしています。
RFC 1869 - SMTP Service Extensions
SMTP に対する ESMTP 拡張の定義です。このドキュメントでは、新たな命令による SMTP の拡張、サーバによって提供される命令を動的に発見する機能のサポート、およびいくつかの追加命令定義について記述しています。

21.17.1. SMTP オブジェクト

SMTP クラスインスタンスは次のメソッドを提供します:

SMTP.set_debuglevel(level)

デバッグ出力レベルを設定します。level が 1 や True の場合、接続ならびにサーバとの送受信のメッセージがデバッグメッセージとなります。level が 2 の場合、それらのメッセージにタイムスタンプが付きます。

バージョン 3.5 で変更: デバッグレベル2が追加されました。

SMTP.docmd(cmd, args='')

サーバへコマンド cmd を送信します。オプション引数 args はスペース文字でコマンドに連結します。戻り値は、整数値のレスポンスコードと、サーバからの応答の値をタプルで返します (サーバからの応答が数行に渡る場合でも一つの大きな文字列で返します)。

数値応答コードと実際の応答行 (複数の応答は 1 つの長い行に結合されます) からなる 2 値タプルを返します。

通常、このメソッドを明示的に使う必要はありません。他のメソッドを実装するのに使い、自分で拡張したものをテストするのに役立つかもしれません。

応答待ちのときにサーバへの接続が切れると SMTPServerDisconnected が送出されます。

SMTP.connect(host='localhost', port=0)

ホスト名とポート番号をもとに接続します。デフォルトはlocalhostの標準的なSMTPポート(25番)に接続します。もしホスト名の末尾がコロン(':')で、後に番号がついている場合は、「ホスト名:ポート番号」として扱われます。このメソッドはコンストラクタにホスト名及びポート番号が指定されている場合、自動的に呼び出されます。戻り値は、この接続の応答内でサーバによって送信された応答コードとメッセージの2要素タプルです。

SMTP.helo(name='')

SMTPサーバに HELO コマンドで身元を示します。デフォルトではhostname引数はローカルホストを指します。サーバーが返したメッセージは、オブジェクトの helo_resp 属性に格納されます。

通常は sendmail() が呼びだすため、これを明示的に呼び出す必要はありません。

SMTP.ehlo(name='')

EHLO を利用し、ESMTPサーバに身元を明かします。デフォルトではhostname引数はローカルホストのFQDNです。また、ESMTPオプションのために応答を調べたものは、 has_extn() に備えて保存されます。また、幾つかの情報を属性に保存します: サーバーが返したメッセージは ehlo_resp 属性に、 does_esmtp 属性はサーバーがESMTPをサポートしているかどうかによって true か false に、 esmtp_features 属性は辞書で、サーバーが対応しているSMTP サービス拡張の名前と、もしあればそのパラメータを格納します。

メールを送信する前に has_extn() を使おうとしない限り、このメソッドを明示的に呼ぶ必要はないはずです。必要な場合は sendmail() に暗黙的に呼ばれます。

SMTP.ehlo_or_helo_if_needed()

このメソッドは、現在のセッションでまだ EHLOHELO コマンドが実行されていない場合、 ehlo() および/または helo() メソッドを呼び出します。このメソッドは先に ESMTP EHLO を試します。

SMTPHeloError
サーバーが HELO に正しく返答しませんでした。
SMTP.has_extn(name)

name が拡張SMTPサービスセットに含まれている場合には True を返し、そうでなければ False を返します。大小文字は区別されません。

SMTP.verify(address)

VRFY を利用してSMTPサーバにアドレスの妥当性をチェックします。妥当である場合はコード250と完全な RFC 822 アドレス (人名を含む) のタプルを返します。それ以外の場合は、400以上のエラーコードとエラー文字列を返します。

注釈

ほとんどのサイトはスパマーの裏をかくためにSMTPの VRFY は使用不可になっています。

SMTP.login(user, password, *, initial_response_ok=True)

認証が必要なSMTPサーバにログインします。認証に使用する引数はユーザ名とパスワードです。まだセッションが無い場合は、 EHLO または HELO コマンドでセッションを作ります。ESMTPの場合は EHLO が先に試されます。認証が成功した場合は通常このメソッドは戻りますが、例外が起こった場合は以下の例外が上がります:

SMTPHeloError
サーバーが HELO に正しく返答しませんでした。
SMTPAuthenticationError
サーバがユーザ名/パスワードでの認証に失敗しました。
SMTPNotSupportedError
AUTH コマンドはサーバにサポートされていません。
SMTPException
適当な認証方法が見付かりませんでした。

Each of the authentication methods supported by smtplib are tried in turn if they are advertised as supported by the server. See auth() for a list of supported authentication methods. initial_response_ok is passed through to auth().

Optional keyword argument initial_response_ok specifies whether, for authentication methods that support it, an 「initial response」 as specified in RFC 4954 can be sent along with the AUTH command, rather than requiring a challenge/response.

バージョン 3.5 で変更: SMTPNotSupportedError が送出される場合があります。initial_response_ok 引数が追加されました。

SMTP.auth(mechanism, authobject, *, initial_response_ok=True)

Issue an SMTP AUTH command for the specified authentication mechanism, and handle the challenge response via authobject.

mechanism specifies which authentication mechanism is to be used as argument to the AUTH command; the valid values are those listed in the auth element of esmtp_features.

authobject must be a callable object taking an optional single argument:

data = authobject(challenge=None)

If optional keyword argument initial_response_ok is true, authobject() will be called first with no argument. It can return the RFC 4954 「initial response」 bytes which will be encoded and sent with the AUTH command as below. If the authobject() does not support an initial response (e.g. because it requires a challenge), it should return None when called with challenge=None. If initial_response_ok is false, then authobject() will not be called first with None.

If the initial response check returns None, or if initial_response_ok is false, authobject() will be called to process the server’s challenge response; the challenge argument it is passed will be a bytes. It should return bytes data that will be base64 encoded and sent to the server.

The SMTP class provides authobjects for the CRAM-MD5, PLAIN, and LOGIN mechanisms; they are named SMTP.auth_cram_md5, SMTP.auth_plain, and SMTP.auth_login respectively. They all require that the user and password properties of the SMTP instance are set to appropriate values.

User code does not normally need to call auth directly, but can instead call the login() method, which will try each of the above mechanisms in turn, in the order listed. auth is exposed to facilitate the implementation of authentication methods not (or not yet) supported directly by smtplib.

バージョン 3.5 で追加.

SMTP.starttls(keyfile=None, certfile=None, context=None)

TLS (Transport Layer Security) モードで SMTP 接続します。続く全てのSMTP コマンドは暗号化されます。その後、もう一度 ehlo() を呼んでください。

keyfilecertfile が与えられた場合、 socket モジュールの ssl() 関数に渡されます。

Optional context parameter is a ssl.SSLContext object; This is an alternative to using a keyfile and a certfile and if specified both keyfile and certfile should be None.

もしまだ EHLOHELO コマンドが実行されていない場合、このメソッドは ESMTP EHLO を先に試します。

SMTPHeloError
サーバーが HELO に正しく返答しませんでした。
SMTPNotSupportedError
サーバーが STARTTLS 拡張に対応していません。
RuntimeError
実行中の Python インタプリタで、SSL/TLS サポートが利用できません。

バージョン 3.3 で変更: context が追加されました。

バージョン 3.4 で変更: The method now supports hostname check with SSLContext.check_hostname and Server Name Indicator (see HAS_SNI).

バージョン 3.5 で変更: The error raised for lack of STARTTLS support is now the SMTPNotSupportedError subclass instead of the base SMTPException.

SMTP.sendmail(from_addr, to_addrs, msg, mail_options=[], rcpt_options=[])

メールを送信します。必要な引数は RFC 822 のfromアドレス文字列、 RFC 822 のtoアドレス文字列またはアドレス文字列のリスト、メッセージ文字列です。送信側は MAIL FROM コマンドで使用される mail_options の ESMTPオプション(8bitmime のような)のリストを得るかもしれません。全ての RCPT コマンドで使われるべきESMTPオプション (例えば DSN コマンド)は、 rcpt_options を通して利用することができます。(もし送信先別にESMTPオプションを使う必要があれば、メッセージを送るために mail()rcpt()data() といった下位レベルのメソッドを使う必要があります。)

注釈

配送エージェントは from_addrto_addrs 引数を使い、メッセージのエンベロープを構成します。sendmail はメッセージヘッダを修正しません。

msg may be a string containing characters in the ASCII range, or a byte string. A string is encoded to bytes using the ascii codec, and lone \r and \n characters are converted to \r\n characters. A byte string is not modified.

まだセッションが無い場合は、 EHLO または HELO コマンドでセッションを作ります。ESMTPの場合は EHLO が先に試されます。また、サーバがESMTP対応ならば、メッセージサイズとそれぞれ指定されたオプションも渡します。(featureオプションがあればサーバの広告をセットします) EHLO が失敗した場合は、ESMTPオプションの無い HELO が試されます。

このメソッドは最低でも1人の受信者にメールが受け取られたときは正常に戻ります。そうでない場合は例外を投げます。つまり、このメソッドが例外を送出しないときは誰かが送信したメールを受け取ったはずです。また、例外を送出しない場合は拒絶された受信者ごとに項目のある辞書を返します。各項目はサーバーが送ったSMTPエラーコードと付随するエラーメッセージのタプルを持ちます。

If SMTPUTF8 is included in mail_options, and the server supports it, from_addr and to_addrs may contain non-ASCII characters.

このメソッドは次の例外を送出することがあります:

SMTPRecipientsRefused
全ての受信を拒否され、誰にもメールが届けられませんでした。例外オブジェクトの recipients 属性は、受信拒否についての情報の入った辞書オブジェクトです。 (辞書は少なくとも一つは受信されたときに似ています)。
SMTPHeloError
サーバーが HELO に正しく返答しませんでした。
SMTPSenderRefused
サーバが from_addr を受理しませんでした。
SMTPDataError
サーバが予期しないエラーコードを返しました (受信拒否以外)。
SMTPNotSupportedError
mail_optionsSMTPUTF8 が与えられましたが、サーバがサポートしていません。

また、この他の注意として、例外が上がった後もコネクションは開いたままになっています。

バージョン 3.2 で変更: msg はバイト文字列でも構いません。

バージョン 3.5 で変更: SMTPUTF8 のサポートが追加されました。SMTPUTF8 が与えられたが、サーバがサポートしていない場合は SMTPNotSupportedError が送出されます。

SMTP.send_message(msg, from_addr=None, to_addrs=None, mail_options=[], rcpt_options=[])

This is a convenience method for calling sendmail() with the message represented by an email.message.Message object. The arguments have the same meaning as for sendmail(), except that msg is a Message object.

If from_addr is None or to_addrs is None, send_message fills those arguments with addresses extracted from the headers of msg as specified in RFC 5322: from_addr is set to the Sender field if it is present, and otherwise to the From field. to_addrs combines the values (if any) of the To, Cc, and Bcc fields from msg. If exactly one set of Resent-* headers appear in the message, the regular headers are ignored and the Resent-* headers are used instead. If the message contains more than one set of Resent-* headers, a ValueError is raised, since there is no way to unambiguously detect the most recent set of Resent- headers.

send_message serializes msg using BytesGenerator with \r\n as the linesep, and calls sendmail() to transmit the resulting message. Regardless of the values of from_addr and to_addrs, send_message does not transmit any Bcc or Resent-Bcc headers that may appear in msg. If any of the addresses in from_addr and to_addrs contain non-ASCII characters and the server does not advertise SMTPUTF8 support, an SMTPNotSupported error is raised. Otherwise the Message is serialized with a clone of its policy with the utf8 attribute set to True, and SMTPUTF8 and BODY=8BITMIME are added to mail_options.

バージョン 3.2 で追加.

バージョン 3.5 で追加: 国際化アドレスのサポート (SMTPUTF8)。

SMTP.quit()

SMTPセッションを終了し、接続を閉じます。SMTP QUIT コマンドの結果を返します。

下位レベルのメソッドは標準SMTP/ESMTPコマンド HELPRSETNOOPMAILRCPTDATA に対応しています。通常これらは直接呼ぶ必要はなく、また、ドキュメントもありません。詳細はモジュールのコードを調べてください。

21.17.2. SMTP 使用例

次の例は最低限必要なメールアドレス(『To』 と 『From』)を含んだメッセージを送信するものです。この例では RFC 822 ヘッダの加工もしていません。メッセージに含まれるヘッダは、メッセージに含まれる必要があり、特に、明確な 『To』、と 『From』 アドレスはメッセージヘッダに含まれている必要があります。

import smtplib

def prompt(prompt):
    return input(prompt).strip()

fromaddr = prompt("From: ")
toaddrs  = prompt("To: ").split()
print("Enter message, end with ^D (Unix) or ^Z (Windows):")

# Add the From: and To: headers at the start!
msg = ("From: %s\r\nTo: %s\r\n\r\n"
       % (fromaddr, ", ".join(toaddrs)))
while True:
    try:
        line = input()
    except EOFError:
        break
    if not line:
        break
    msg = msg + line

print("Message length is", len(msg))

server = smtplib.SMTP('localhost')
server.set_debuglevel(1)
server.sendmail(fromaddr, toaddrs, msg)
server.quit()

注釈

多くの場合、 email パッケージの機能を使って email メッセージを構築し、それを、 send_message() で送信する、という手順を用います。 email: 使用例 を参照してください。