20.13. xml.parsers.expat — Expat を使った高速な XML 解析


警告

pyexpat モジュールは悪意を持って作成されたデータに対して安全ではありません。信頼できないデータや認証されていないデータをパースする必要がある場合は XML の脆弱性 を参照してください。

xml.parsers.expat モジュールは、検証 (validation) を行わない XML パーザ (parser, 解析器)、Expat への Python インタフェースです。モジュールは一つの拡張型 xmlparser を提供します。これは XMLパーザの現在の状況を表します。一旦 xmlparser オブジェクトを生成すると、オブジェクトの様々な属性をハンドラ関数 (handler function) に設定できます。その後、XML 文書をパーザに入力すると、 XML文書の文字列とマークアップに応じてハンドラ関数が呼び出されます。

このモジュールでは、Expatパーザへのアクセスを提供するために pyexpat モジュールを使用します。 pyexpat モジュールの直接使用は撤廃されています。

このモジュールは、例外を一つと型オブジェクトを一つ提供しています:

exception xml.parsers.expat.ExpatError

Expat がエラーを報告したときに例外を送出します。 Expatのエラーを解釈する上での詳細な情報は、 ExpatError 例外 を参照してください。

exception xml.parsers.expat.error

ExpatError の別名です。

xml.parsers.expat.XMLParserType

ParserCreate() 関数から返された戻り値の型を示します。

xml.parsers.expat モジュールには以下の 2 つの関数が収められています:

xml.parsers.expat.ErrorString(errno)

与えられたエラー番号 errno を解説する文字列を返します。

xml.parsers.expat.ParserCreate(encoding=None, namespace_separator=None)

新しい xmlparser オブジェクトを作成し、返します。 encoding が指定されていた場合、XMLデータで使われている文字列のエンコード名でなければなりません。 Expatは、Pythonのように多くのエンコードをサポートしておらず、またエンコーディングのレパートリを拡張することはできません; サポートするエンコードは、UTF-8, UTF-16, ISO-8859-1 (Latin1), ASCII です。 encoding [1] が指定されると、文書に対する明示的、非明示的なエンコード指定を上書き (override) します。

Expat はオプションで XML 名前空間の処理を行うことができます。これは引数 namespace_separator に値を指定することで有効になります。この値は、1文字の文字列でなければなりません; 文字列が誤った長さを持つ場合には ValueError が送出されます (None は値の省略と見なされます)。名前空間の処理が可能なとき、名前空間に属する要素と属性が展開されます。要素のハンドラである StartElementHandlerEndElementHandler に渡された要素名は、名前空間の URI、名前空間の区切り文字、要素名のローカル部を連結したものになります。名前空間の区切り文字が 0 バイト (chr(0)) の場合、名前空間の URI とローカル部は区切り文字なしで連結されます。

たとえば、namespace_separator に空白文字(' ')がセットされ、次のような文書が解析されるとします:

<?xml version="1.0"?>
<root xmlns    = "http://default-namespace.org/"
      xmlns:py = "http://www.python.org/ns/">
  <py:elem1 />
  <elem2 xmlns="" />
</root>

StartElementHandler は各要素ごとに次のような文字列を受け取ります:

http://default-namespace.org/ root
http://www.python.org/ns/ elem1
elem2

pyexpat が使っている Expat ライブラリの制限により、返される xmlparser インスタンスは単独の XML ドキュメントの解析にしか使えません。それぞれのドキュメントごとに別々のパーサのインスタンスを作るために ParserCreate を呼び出してください。

参考

The Expat XML Parser
Expatプロジェクトのホームページ。

20.13.1. XMLParser オブジェクト

xmlparser オブジェクトは以下のようなメソッドを持ちます:

xmlparser.Parse(data[, isfinal])

文字列 data の内容を解析し、解析されたデータを処理するための適切な関数を呼び出します。このメソッドを最後に呼び出す時は isfinal を真にしなければなりません; 単体ファイルを細切れに渡して解析出来ることを意味しますが、複数ファイルは扱えません。 data にはいつでも空の文字列を渡せます。

xmlparser.ParseFile(file)

file オブジェクトから読み込んだXMLデータを解析します。 file には read(nbytes) メソッドのみが必要です。このメソッドはデータがなくなった場合に空文字列を返さねばなりません。。

xmlparser.SetBase(base)

(XML) 宣言中のシステム識別子中の相対 URI を解決するための、基底 URI を設定します。相対識別子の解決はアプリケーションに任されます: この値は関数 ExternalEntityRefHandler()NotationDeclHandler(), UnparsedEntityDeclHandler() に引数 base としてそのまま渡されます。

xmlparser.GetBase()

以前の SetBase() によって設定された基底 URI を文字列の形で返します。 SetBase() が呼ばれていないときには None を返します。

xmlparser.GetInputContext()

現在のイベントを発生させた入力データを文字列として返します。データはテキストの入っているエンティティが持っているエンコードになります。イベントハンドラがアクティブでないときに呼ばれると、戻り値は None となります。

xmlparser.ExternalEntityParserCreate(context[, encoding])

親となるパーザで解析された内容が参照している、外部で解析されるエンティティを解析するために使える 「子の」 パーザを作成します。 context パラメータは、以下に記すように ExternalEntityRefHandler() ハンドラ関数に渡される文字列でなければなりません。子のパーザは ordered_attributes, specified_attributes が現在のパーザの値に設定されて生成されます。

xmlparser.SetParamEntityParsing(flag)

パラメーターエンティティ (外部DTDサブセットを含む) の解析を制御します。 flag の有効な値は、 XML_PARAM_ENTITY_PARSING_NEVER, XML_PARAM_ENTITY_PARSING_UNLESS_STANDALONE, XML_PARAM_ENTITY_PARSING_ALWAYS です。 flag の設定をしたら true を返します。

xmlparser.UseForeignDTD([flag])

flag の値をデフォルトのtrueにすると、Expatは代わりのDTDをロードするため、すべての引数に None を設定して ExternalEntityRefHandler を呼び出します。XML文書が文書型定義を持っていなければ、 ExternalEntityRefHandler が呼び出しますが、 StartDoctypeDeclHandlerEndDoctypeDeclHandler は呼び出されません。

flag にfalseを与えると、メソッドが前回呼ばれた時のtrueの設定が解除されますが、他には何も起こりません。

このメソッドは Parse() または ParseFile() メソッドが呼び出される前にだけ呼び出されます;これら2つのメソッドのどちらかが呼び出されたあとにメソッドが呼ばれると、 code に定数 errors.codes[errors.XML_ERROR_CANT_CHANGE_FEATURE_ONCE_PARSING] が設定されて例外 ExpatError が送出されます。

xmlparser オブジェクトは次のような属性を持ちます:

xmlparser.buffer_size

buffer_text が真の時に使われるバッファのサイズです。この属性に新しい整数値を代入することで違うバッファサイズにできます。サイズが変えられるときにバッファはフラッシュされます。

xmlparser.buffer_text

この値を真にすると、 xmlparser オブジェクトが Expatから返されたもとの内容をバッファに保持するようになります。これにより可能なときに何度も CharacterDataHandler() を呼び出してしまうようなことを避けることができます。Expatは通常、文字列のデータを行末ごと大量に破棄するため、かなりパフォーマンスを改善できるはずです。この属性はデフォルトでは偽で、いつでも変更可能です。

xmlparser.buffer_used

buffer_text が利用可能なとき、バッファに保持されたバイト数です。これらのバイトはUTF-8でエンコードされたテキストを表します。この属性は buffer_text が偽の時には意味がありません。

xmlparser.ordered_attributes

この属性をゼロ以外の整数にすると、報告される(XMLノードの) 属性を辞書型ではなくリスト型にします。属性は文書のテキスト中の出現順で示されます。それぞれの属性は、2つのリストのエントリ: 属性名とその値、が与えられます。 (このモジュールの古いバージョンでも、同じフォーマットが使われています。) デフォルトでは、この属性はデフォルトでは偽となりますが、いつでも変更可能です。

xmlparser.specified_attributes

ゼロ以外の整数にすると、パーザは文書のインスタンスで特定される属性だけを報告し、属性宣言から導出された属性は報告しないようになります。この属性が指定されたアプリケーションでは、XMLプロセッサの振る舞いに関する標準に従うために必要とされる (文書型) 宣言によって、どのような付加情報が利用できるのかということについて特に注意を払わなければなりません。デフォルトで、この属性は偽となりますが、いつでも変更可能です。

以下の属性には、 xmlparser オブジェクトで最も最近に起きたエラーに関する値が入っており、また Parse() または ParseFile() メソッドが xml.parsers.expat.ExpatError 例外を送出した際にのみ正しい値となります。

xmlparser.ErrorByteIndex

エラーが発生したバイトのインデクスです。

xmlparser.ErrorCode

エラーを特定する数値によるコードです。この値は ErrorString() に渡したり、 errors オブジェクトで定義された内容と比較できます。

xmlparser.ErrorColumnNumber

エラーの発生したカラム番号です。

xmlparser.ErrorLineNumber

エラーの発生した行番号です。

以下の属性は xmlparser オブジェクトがその時パースしている位置に関する値を保持しています。コールバックがパースイベントを報告している間、これらの値はイベントの生成した文字列の先頭の位置を指し示します。コールバックの外から参照された時には、(対応するコールバックであるかにかかわらず)直前のパースイベントの位置を示します。

xmlparser.CurrentByteIndex

パーサへの入力の、現在のバイトインデックス。

xmlparser.CurrentColumnNumber

パーサへの入力の、現在のカラム番号。

xmlparser.CurrentLineNumber

パーサへの入力の、現在の行番号。

以下に指定可能なハンドラのリストを示します。 xmlparser オブジェクト o にハンドラを指定するには、 o.handlername = func を使用します。 handlername は、以下のリストに挙げた値をとらなければならず、また func は正しい数の引数を受理する呼び出し可能なオブジェクトでなければなりません。引数は特に明記しない限り、すべて文字列となります。

xmlparser.XmlDeclHandler(version, encoding, standalone)

XML 宣言が解析された時に呼ばれます。 XML宣言は XML 勧告の適用バージョン、文書テクストのエンコード、ならびに任意の 「standalone」 宣言の (任意の) 宣言です。 versionencoding は文字列で、standalone は文書がスタンドアローンと宣言された場合は 1、スタンドアローンでないと宣言された場合は 0、スタンドアローン節がない場合は -1 です。 Expat のバージョン 1.95.0 以降でのみ使用できます。

xmlparser.StartDoctypeDeclHandler(doctypeName, systemId, publicId, has_internal_subset)

Expatが文書型宣言 (<!DOCTYPE ...)を解析し始めたときに呼び出されます。 doctypeName は、与えられた値がそのまま Expat に提供されます。 systemIdpublicId パラメタが指定されている場合、それぞれシステムと公開識別子を与えます。省略する時には None にします。文書が内部的な文書宣言のサブセット (internal document declaration subset) を持つか、サブセット自体の場合、 has_internal_subset は true になります。このハンドラには、Expat version 1.2以上が必要です。

xmlparser.EndDoctypeDeclHandler()

Expatが文書型宣言の解析を終えたときに呼び出されます。このハンドラには、Expat version 1.2以上が必要です。

xmlparser.ElementDeclHandler(name, model)

それぞれの要素型宣言ごとに呼び出されます。 name は要素型の名前であり、 model は内容モデル (content model) の表現です。

xmlparser.AttlistDeclHandler(elname, attname, type, default, required)

ひとつの要素型で宣言される属性ごとに呼び出されます。属性リストの宣言が 3つの属性を宣言したとすると、このハンドラは各属性に1度ずつ、 3度呼び出されます。 elname は要素名であり、これに対して宣言が適用され、 attname が宣言された属性名となります。属性型は文字列で、 type として渡されます。取り得る値は、 'CDATA', 'ID', 'IDREF', … です。 default は、文書のインスタンスによって属性が指定されていないときに使用されるデフォルト値です。デフォルト値(#IMPLIED values)が存在しないときには None を与えます。文書のインスタンス中に属性値を与える必要のあるときには required が true になります。これにはExpat version 1.95.0 以上が必要です。

xmlparser.StartElementHandler(name, attributes)

要素の開始ごとに呼び出されます。 name は要素名を持つ文字列で、 attributes は要素の属性です。 ordered_attributes が真の場合これはリストです (詳細は ordered_attributes を参照してください)。 そうでなければ名前を値に対応させる辞書です。

xmlparser.EndElementHandler(name)

要素の終端を処理するごとに呼び出されます。

xmlparser.ProcessingInstructionHandler(target, data)

処理命令を処理するごとに呼び出されます。

xmlparser.CharacterDataHandler(data)

文字データを処理するときに呼びだされます。このハンドラは通常の文字データ、 CDATAセクション、無視できる空白文字列のために呼び出されます。これらを識別しなければならないアプリケーションは、要求された情報を収集するために StartCdataSectionHandler, EndCdataSectionHandler, and ElementDeclHandler コールバックメソッドを使用できます。

xmlparser.UnparsedEntityDeclHandler(entityName, base, systemId, publicId, notationName)

解析されていない (NDATA) エンティティ宣言を処理するために呼び出されます。このハンドラは Expat ライブラリのバージョン1.2のためだけに存在します; より最近のバージョンでは、代わりに EntityDeclHandler を使用してください (根底にある Expat ライブラリ内の関数は、撤廃されたものであると宣言されています)。

xmlparser.EntityDeclHandler(entityName, is_parameter_entity, value, base, systemId, publicId, notationName)

エンティティ宣言ごとに呼び出されます。パラメタと内部エンティティについて、 value はエンティティ宣言の宣言済みの内容を与える文字列となります; 外部エンティティの時には None となります。解析済みエンティティの場合、 notationName パラメタは None となり、解析されていないエンティティの時には記法 (notation) 名となります。 is_parameter_entity は、エンティティがパラメタエンティティの場合真に、一般エンティティ (general entitiy) の場合には偽になります (ほとんどのアプリケーションでは、一般エンティティのことしか気にする必要がありません)。このハンドラは Expat ライブラリのバージョン1.95.0 以降でのみ使用できます。

xmlparser.NotationDeclHandler(notationName, base, systemId, publicId)

記法の宣言 (notation declaration) で呼び出されます。 notationName, base, systemId, および publicId を与える場合、文字列にします。public な識別子が省略された場合、 publicIdNone になります。

xmlparser.StartNamespaceDeclHandler(prefix, uri)

要素が名前空間宣言を含んでいる場合に呼び出されます。名前空間宣言は、宣言が配置されている要素に対して StartElementHandler が呼び出される前に処理されます。

xmlparser.EndNamespaceDeclHandler(prefix)

名前空間宣言を含んでいたエレメントの終了タグに到達したときに呼び出されます。このハンドラは、要素に関する名前空間宣言ごとに、 StartNamespaceDeclHandler とは逆の順番で一度だけ呼び出され、各名前空間宣言のスコープが開始されたことを示します。このハンドラは、要素が終了する際、対応する EndElementHandler が呼ばれた後に呼び出されます。

xmlparser.CommentHandler(data)

コメントで呼び出されます。 data はコメントのテキストで、先頭の 『<!- -『 と末尾の 『- ->』 を除きます。

xmlparser.StartCdataSectionHandler()

CDATA セクションの開始時に呼び出されます。CDATA セクションの構文的な開始と終了位置を識別できるようにするには、このハンドラと EndCdataSectionHandler が必要です。

xmlparser.EndCdataSectionHandler()

CDATA セクションの終了時に呼び出されます。

xmlparser.DefaultHandler(data)

XML 文書中で、適用可能なハンドラが指定されていない文字すべてに対して呼び出されます。この文字とは、検出されたことが報告されるが、ハンドラは指定されていないようなコンストラクト (construct) の一部である文字を意味します。

xmlparser.DefaultHandlerExpand(data)

DefaultHandler() と同じですが、内部エンティティの展開を禁止しません。エンティティ参照はデフォルトハンドラに渡されません。

xmlparser.NotStandaloneHandler()

XML 文書がスタンドアロンの文書として宣言されていない場合に呼び出されます。外部サブセットやパラメタエンティティへの参照が存在するが、XML 宣言が XML 宣言中で standalone 変数を yes に設定していない場合に起きます。このハンドラが 0 を返すと、パーザは XML_ERROR_NOT_STANDALONE を発生させます。このハンドラが設定されていなければ、パーザは前述の事態で例外を送出しません。

xmlparser.ExternalEntityRefHandler(context, base, systemId, publicId)

外部エンティティの参照時に呼び出されます。 base は現在の基底 (base) で、以前の SetBase() で設定された値になっています。 public、および system の識別子である、 systemIdpublicId が指定されている場合、値は文字列です; public 識別子が指定されていない場合、 publicIdNone になります。 context の値は不明瞭なものであり、以下に記述するようにしか使ってはなりません。

外部エンティティが解析されるようにするには、このハンドラを実装しなければなりません。このハンドラは、 ExternalEntityParserCreate(context) を使って適切なコールバックを指定し、子パーザを生成して、エンティティを解析する役割を担います。このハンドラは整数を返さなければなりません; 0 を返した場合、パーザは XML_ERROR_EXTERNAL_ENTITY_HANDLING エラーを送出します。そうでない場合、解析を継続します。

このハンドラが与えられておらず、 DefaultHandler コールバックが指定されていれば、外部エンティティは DefaultHandler で報告されます。

20.13.2. ExpatError 例外

ExpatError 例外はいくつかの興味深い属性を備えています:

ExpatError.code

特定のエラーに対する Expat の内部エラー番号です。 errors.messages 辞書はこれらのエラー番号を Expat のエラーメッセージに対応させます。 例えば:

from xml.parsers.expat import ParserCreate, ExpatError, errors

p = ParserCreate()
try:
    p.Parse(some_xml_document)
except ExpatError as err:
    print("Error:", errors.messages[err.code])

errors モジュールはエラーメッセージ定数と、それらのメッセージをエラーコードに対応させる辞書 codes も提供しています。以下を参照してください。

ExpatError.lineno

エラーが検出された場所の行番号です。最初の行の番号は 1 です。

ExpatError.offset

エラーが発生した場所の行内でのオフセットです。最初のカラムの番号は 0 です。

20.13.3. 使用例

以下のプログラムでは、与えられた引数を出力するだけの三つのハンドラを定義しています。

import xml.parsers.expat

# 3 handler functions
def start_element(name, attrs):
    print('Start element:', name, attrs)
def end_element(name):
    print('End element:', name)
def char_data(data):
    print('Character data:', repr(data))

p = xml.parsers.expat.ParserCreate()

p.StartElementHandler = start_element
p.EndElementHandler = end_element
p.CharacterDataHandler = char_data

p.Parse("""<?xml version="1.0"?>
<parent id="top"><child1 name="paul">Text goes here</child1>
<child2 name="fred">More text</child2>
</parent>""", 1)

このプログラムの出力は以下のようになります:

Start element: parent {'id': 'top'}
Start element: child1 {'name': 'paul'}
Character data: 'Text goes here'
End element: child1
Character data: '\n'
Start element: child2 {'name': 'fred'}
Character data: 'More text'
End element: child2
Character data: '\n'
End element: parent

20.13.4. 内容モデルの記述

内容モデルは入れ子になったタプルを使って記述されています。各タプルには以下の 4 つの値が収められています: 型、限定詞 (quantifier)、名前、そして子のタプル。子のタプルは単に内容モデルを記述したものです。

最初の二つのフィールドの値は xml.parsers.expat.model モジュールで定義されている定数です。これらの定数は二つのグループ: モデル型 (model type) グループと限定子 (quantifier) グループ、に取りまとめられます。

以下にモデル型グループにおける定数を示します:

xml.parsers.expat.model.XML_CTYPE_ANY

モデル名で指定された要素は ANY の内容モデルを持つと宣言されます。

xml.parsers.expat.model.XML_CTYPE_CHOICE

指定されたエレメントはいくつかのオプションから選択できるようになっています; (A | B | C) のような内容モデルで用いられます。

xml.parsers.expat.model.XML_CTYPE_EMPTY

EMPTY であると宣言されている要素はこのモデル型を持ちます。

xml.parsers.expat.model.XML_CTYPE_MIXED
xml.parsers.expat.model.XML_CTYPE_NAME
xml.parsers.expat.model.XML_CTYPE_SEQ

順々に続くようなモデルの系列を表すモデルがこのモデル型で表されます。 (A, B, C) のようなモデルで用いられます。

限定子グループにおける定数を以下に示します:

xml.parsers.expat.model.XML_CQUANT_NONE

修飾子 (modifier) が指定されていません。従って A のように、厳密に一つだけです。

xml.parsers.expat.model.XML_CQUANT_OPT

このモデルはオプションです: A? のように、一つか全くないかです。

xml.parsers.expat.model.XML_CQUANT_PLUS

このモデルは (A+ のように) 一つかそれ以上あります。

xml.parsers.expat.model.XML_CQUANT_REP

このモデルは A* のようにゼロ回以上あります。

20.13.5. Expat エラー定数

以下の定数は xml.parsers.expat.errors モジュールで提供されています。 これらの定数は、エラーが発生した際に送出される ExpatError 例外オブジェクトのいくつかの属性を解釈する上で便利です。 後方互換性の理由で、定数値は数字のエラー コード ではなくエラー メッセージ です。 属性を解釈するには code 属性と errors.codes[errors.XML_ERROR_CONSTANT_NAME] を比較します。

errors モジュールには以下の属性があります:

xml.parsers.expat.errors.codes

数値的なエラーコードを文字列の記述に対応させる辞書です。

バージョン 3.2 で追加.

xml.parsers.expat.errors.messages

文字列の記述をエラーコードに対応させる辞書です。

バージョン 3.2 で追加.

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_ASYNC_ENTITY
xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_ATTRIBUTE_EXTERNAL_ENTITY_REF

属性値中のエンティティ参照が、内部エンティティではなく外部エンティティを参照しました。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_BAD_CHAR_REF

文字参照が、XML では正しくない (illegal) 文字を参照しました (例えば 0 や 『&#0;』)。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_BINARY_ENTITY_REF

エンティティ参照が、記法 (notation) つきで宣言されているエンティティを参照したため、解析できません。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_DUPLICATE_ATTRIBUTE

一つの属性が一つの開始タグ内に一度より多く使われています。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_INCORRECT_ENCODING
xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_INVALID_TOKEN

入力されたバイトが文字に適切に関連付けできない際に送出されます; 例えば、UTF-8 入力ストリームにおける NUL バイト (値 0) などです。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_JUNK_AFTER_DOC_ELEMENT

空白以外の何かがドキュメント要素の後にあります。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_MISPLACED_XML_PI

入力データの先頭以外の場所に XML 定義が見つかりました。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_NO_ELEMENTS

この文書には要素がありません (XML では全ての文書は確実に最上位の要素を正確に一つ持たなければなりません)。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_NO_MEMORY

Expat が内部メモリを確保できませんでした。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_PARAM_ENTITY_REF

パラメータエンティティが許可されていない場所で見つかりました。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_PARTIAL_CHAR

入力に不完全な文字が見つかりました。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_RECURSIVE_ENTITY_REF

エンティティ参照中に、同じエンティティへの別の参照が入っていました; おそらく違う名前で参照しているか、間接的に参照しています。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_SYNTAX

何らかの仕様化されていない構文エラーに遭遇しました。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_TAG_MISMATCH

終了タグが最も内側で開かれている開始タグに一致しません。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_UNCLOSED_TOKEN

何らかの (開始タグのような) トークンが閉じられないまま、ストリームの終端や次のトークンに遭遇しました。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_UNDEFINED_ENTITY

定義されていないエンティティへの参照が行われました。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_UNKNOWN_ENCODING

ドキュメントのエンコードが Expat でサポートされていません。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_UNCLOSED_CDATA_SECTION

CDATAセクションが閉じられていません。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_EXTERNAL_ENTITY_HANDLING
xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_NOT_STANDALONE

XML文書が 「standalone」 だと宣言されており NotStandaloneHandler が設定され 0 が返されているにもかかわらず、パーサは 「standalone」 ではないと判別しました。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_UNEXPECTED_STATE
xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_ENTITY_DECLARED_IN_PE
xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_FEATURE_REQUIRES_XML_DTD

その操作を完了するにはDTDのサポートが必要ですが、ExpatがDTDのサポートをしない設定になっています。これは xml.parsers.expat モジュールの標準的なビルドでは報告されません。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_CANT_CHANGE_FEATURE_ONCE_PARSING

パースが始まったあとで動作の変更が要求されました。これはパースが開始される前にのみ変更可能です。(現在のところ) UseForeignDTD() によってのみ送出されます。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_UNBOUND_PREFIX

名前空間の処理を有効すると宣言されていないプレフィックスが見つかります。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_UNDECLARING_PREFIX

XML文書はプレフィックスに対応した名前空間宣言を削除しようとしました。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_INCOMPLETE_PE

パラメータエンティティは不完全なマークアップを含んでいます。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_XML_DECL

XML文書中に要素がありません。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_TEXT_DECL

外部エンティティ中のテキスト宣言にエラーがあります。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_PUBLICID

パブリックID中に許可されていない文字があります。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_SUSPENDED

要求された操作は一時停止されたパーサで行われていますが、許可されていない操作です。このエラーは追加の入力を行なおうとしている場合、もしくはパーサが停止しようとしている場合にも送出されます。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_NOT_SUSPENDED

パーサを一時停止しようとしましたが、停止されませんでした。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_ABORTED

Pythonアプリケーションには通知されません。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_FINISHED

要求された操作で、パース対象となる入力が完了したと判断しましたが、入力は受理されませんでした。このエラーは追加の入力を行なおうとしている場合、もしくはパーサが停止しようとしている場合に送出されます。

xml.parsers.expat.errors.XML_ERROR_SUSPEND_PE

脚注

[1]XML 出力に含まれるエンコーディング文字列は適切な規格に従っていなければなりません。例えば、 「UTF-8」 は有効ですが、 「UTF8」 はそうではありません。https://www.w3.org/TR/2006/REC-xml11-20060816/#NT-EncodingDeclhttps://www.iana.org/assignments/character-sets/character-sets.xhtml を参照してください。