pathlib --- オブジェクト指向のファイルシステムパス

バージョン 3.4 で追加.

ソースコード: Lib/pathlib.py


このモジュールはファイルシステムのパスを表すクラスを提供していて、様々なオペレーティングシステムについての適切な意味論をそれらのクラスに持たせています。 Path クラスは 純粋パス具象パス からなります。 純粋パスは I/O を伴わない純粋な計算操作を提供します。 具象パスは純粋パスを継承していますが、 I/O 操作も提供しています。

../_images/pathlib-inheritance.png

あなたが今までこのモジュールを使用したことがない場合や、タスクに適しているのがどのクラスかわからない場合は、 Path はきっとあなたに必要なものでしょう。 Path はコードが実行されているプラットフォーム用の 具象パス のインスタンスを作成します。

純粋パスは、以下のようないくつかの特殊なケースで有用です:

  1. Unix マシン上で Windows のパスを扱いたいとき (またはその逆)。Unix 上で実行しているときに WindowsPath のインスタンスを作成することはできませんが、PureWindowsPath なら可能になります。
  2. 実際に OS にアクセスすることなしにパスを操作するだけのコードを確認したいとき。この場合、純粋クラスのインスタンスを一つ作成すれば、それが OS にアクセスすることはないので便利です。

参考

PEP 428: The pathlib module -- オブジェクト指向のファイルシステムパス。

参考

文字列による低水準のパス操作の場合は os.path も使用できます。

基本的な使い方

メインクラスをインポートします:

>>> from pathlib import Path

サブディレクトリの一覧を取得します:

>>> p = Path('.')
>>> [x for x in p.iterdir() if x.is_dir()]
[PosixPath('.hg'), PosixPath('docs'), PosixPath('dist'),
 PosixPath('__pycache__'), PosixPath('build')]

このディレクトリツリー内の Python ソースファイルの一覧を取得します:

>>> list(p.glob('**/*.py'))
[PosixPath('test_pathlib.py'), PosixPath('setup.py'),
 PosixPath('pathlib.py'), PosixPath('docs/conf.py'),
 PosixPath('build/lib/pathlib.py')]

ディレクトリツリー内を移動します:

>>> p = Path('/etc')
>>> q = p / 'init.d' / 'reboot'
>>> q
PosixPath('/etc/init.d/reboot')
>>> q.resolve()
PosixPath('/etc/rc.d/init.d/halt')

パスのプロパティを問い合わせます:

>>> q.exists()
True
>>> q.is_dir()
False

ファイルを開きます:

>>> with q.open() as f: f.readline()
...
'#!/bin/bash\n'

純粋パス

純粋パスオブジェクトは実際にファイルシステムにアクセスしないパス操作処理を提供します。これらのクラスにアクセスするには 3 つの方法があり、それらを フレーバー と呼んでいます:

class pathlib.PurePath(*pathsegments)

システムのパスのフレーバーを表すジェネリッククラスです (インスタンスを作成することで PurePosixPath または PureWindowsPath のどちらかが作成されます):

>>> PurePath('setup.py')      # Running on a Unix machine
PurePosixPath('setup.py')

pathsegments の各要素は、部分パスの文字列表現か、文字列を返す os.PathLike インターフェイスを実装しているオブジェクトか、その他の path オブジェクトです。

>>> PurePath('foo', 'some/path', 'bar')
PurePosixPath('foo/some/path/bar')
>>> PurePath(Path('foo'), Path('bar'))
PurePosixPath('foo/bar')

pathsegments が空のとき、現在のディレクトリとみなされます:

>>> PurePath()
PurePosixPath('.')

絶対パスが複数与えられた場合、最後の要素がアンカーとして取られます (os.path.join() の挙動を真似ています):

>>> PurePath('/etc', '/usr', 'lib64')
PurePosixPath('/usr/lib64')
>>> PureWindowsPath('c:/Windows', 'd:bar')
PureWindowsPath('d:bar')

ただし、Windows のパスでは、ローカルルートを変更してもそれまでのドライブ設定は破棄されません:

>>> PureWindowsPath('c:/Windows', '/Program Files')
PureWindowsPath('c:/Program Files')

誤ったスラッシュおよび単一ドットは無視されますが、2 個のドット ('..') は、シンボリックリンクのときにパスの意味の変更を意味するため受け付けれられます:

>>> PurePath('foo//bar')
PurePosixPath('foo/bar')
>>> PurePath('foo/./bar')
PurePosixPath('foo/bar')
>>> PurePath('foo/../bar')
PurePosixPath('foo/../bar')

(通常 PurePosixPath('foo/../bar')PurePosixPath('bar') と等価になりますが、foo が他のディレクトリへのシンボリックリンクの場合は等価になりません)

純粋パスオブジェクトは os.PathLike インターフェースを実装しており、そのインタフェースを受理する箇所ならどこでも使用することができます。

バージョン 3.6 で変更: os.PathLike インターフェースがサポートされました。

class pathlib.PurePosixPath(*pathsegments)

PurePath のサブクラスです。このパスフレーバーは非 Windows パスを表します:

>>> PurePosixPath('/etc')
PurePosixPath('/etc')

pathsegments の指定は PurePath と同じです。

class pathlib.PureWindowsPath(*pathsegments)

PurePath のサブクラスです。このパスフレーバーは Windows ファイルシステムパスを表します:

>>> PureWindowsPath('c:/Program Files/')
PureWindowsPath('c:/Program Files')

pathsegments の指定は PurePath と同じです。

これらクラスはあらゆるシステムコールを行わないため、起動しているシステムにかかわらずインスタンスを作成できます。

全般的な性質

パスオブジェクトはイミュータブルでハッシュ可能です。 同じフレーバーのパスオブジェクトは比較ならびに順序付け可能です。 これらのプロパティは、フレーバーのケースフォールディング (訳注: 比較のために正規化すること、例えば全て大文字にする) のセマンティクスに従います。

>>> PurePosixPath('foo') == PurePosixPath('FOO')
False
>>> PureWindowsPath('foo') == PureWindowsPath('FOO')
True
>>> PureWindowsPath('FOO') in { PureWindowsPath('foo') }
True
>>> PureWindowsPath('C:') < PureWindowsPath('d:')
True

異なるフレーバーのパスオブジェクト同士の比較は等価になることはなく、順序付けもできません:

>>> PureWindowsPath('foo') == PurePosixPath('foo')
False
>>> PureWindowsPath('foo') < PurePosixPath('foo')
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
TypeError: '<' not supported between instances of 'PureWindowsPath' and 'PurePosixPath'

演算子

演算子スラッシュ "/" はパスの追加を行います。os.path.join() と似ています:

>>> p = PurePath('/etc')
>>> p
PurePosixPath('/etc')
>>> p / 'init.d' / 'apache2'
PurePosixPath('/etc/init.d/apache2')
>>> q = PurePath('bin')
>>> '/usr' / q
PurePosixPath('/usr/bin')

os.PathLike を実装したオブジェクトが受理できる箇所ならどこでも、パスオブジェクトが使用できます:

>>> import os
>>> p = PurePath('/etc')
>>> os.fspath(p)
'/etc'

パスオブジェクトの文字列表現はそのシステム自身の Raw ファイルシステムパス (ネイティブの形式、例えば Windows では区切り文字がバックスラッシュ) になり、文字列としてファイルパスを取るあらゆる関数に渡すことができます:

>>> p = PurePath('/etc')
>>> str(p)
'/etc'
>>> p = PureWindowsPath('c:/Program Files')
>>> str(p)
'c:\\Program Files'

同様に、パスオブジェクトを bytes で呼び出すと、Raw ファイルシステムパスを os.fsencode() でエンコードされたバイト列オブジェクトで返します:

>>> bytes(p)
b'/etc'

注釈

bytes での呼び出しは Unix 上での使用のみ推奨します。Windows では Unicode 形式が標準的なファイルシステムパス表現になります。

個別の構成要素へのアクセス

パスの個別の "構成要素" へアクセスするには、以下のプロパティを使用します:

PurePath.parts

パスのさまざまな構成要素へのアクセス手段を提供するタプルになります:

>>> p = PurePath('/usr/bin/python3')
>>> p.parts
('/', 'usr', 'bin', 'python3')

>>> p = PureWindowsPath('c:/Program Files/PSF')
>>> p.parts
('c:\\', 'Program Files', 'PSF')

(ドライブ名とローカルルートは単一要素にまとめられます)

メソッドとプロパティ

純粋パスは以下のメソッドとプロパティを提供します:

PurePath.drive

ドライブ文字または名前を表す文字列があればそれになります:

>>> PureWindowsPath('c:/Program Files/').drive
'c:'
>>> PureWindowsPath('/Program Files/').drive
''
>>> PurePosixPath('/etc').drive
''

UNC 共有名もドライブとみなされます:

>>> PureWindowsPath('//host/share/foo.txt').drive
'\\\\host\\share'
PurePath.root

ローカルまたはグローバルルートを表す文字列があればそれになります:

>>> PureWindowsPath('c:/Program Files/').root
'\\'
>>> PureWindowsPath('c:Program Files/').root
''
>>> PurePosixPath('/etc').root
'/'

UNC 共有名は常にルートを持ちます:

>>> PureWindowsPath('//host/share').root
'\\'
PurePath.anchor

ドライブとルートを結合した文字列になります:

>>> PureWindowsPath('c:/Program Files/').anchor
'c:\\'
>>> PureWindowsPath('c:Program Files/').anchor
'c:'
>>> PurePosixPath('/etc').anchor
'/'
>>> PureWindowsPath('//host/share').anchor
'\\\\host\\share\\'
PurePath.parents

パスの論理的な上位パスにアクセスできるイミュータブルなシーケンスになります:

>>> p = PureWindowsPath('c:/foo/bar/setup.py')
>>> p.parents[0]
PureWindowsPath('c:/foo/bar')
>>> p.parents[1]
PureWindowsPath('c:/foo')
>>> p.parents[2]
PureWindowsPath('c:/')
PurePath.parent

パスの論理的な上位パスになります:

>>> p = PurePosixPath('/a/b/c/d')
>>> p.parent
PurePosixPath('/a/b/c')

アンカーの位置を超えることや空のパスになる位置には対応していません:

>>> p = PurePosixPath('/')
>>> p.parent
PurePosixPath('/')
>>> p = PurePosixPath('.')
>>> p.parent
PurePosixPath('.')

注釈

これは純粋な字句操作であるため、以下のような挙動になります:

>>> p = PurePosixPath('foo/..')
>>> p.parent
PurePosixPath('foo')

任意のファイルシステムパスを上位方向に移動したい場合、シンボリックリンクの解決や ".." 要素の除去のため、最初に Path.resolve() を呼ぶことを推奨します。

PurePath.name

パス要素の末尾を表す文字列があればそれになります。ドライブやルートは含まれません:

>>> PurePosixPath('my/library/setup.py').name
'setup.py'

UNC ドライブ名は考慮されません:

>>> PureWindowsPath('//some/share/setup.py').name
'setup.py'
>>> PureWindowsPath('//some/share').name
''
PurePath.suffix

末尾の要素に拡張子があればそれになります:

>>> PurePosixPath('my/library/setup.py').suffix
'.py'
>>> PurePosixPath('my/library.tar.gz').suffix
'.gz'
>>> PurePosixPath('my/library').suffix
''
PurePath.suffixes

パスのファイル拡張子のリストになります:

>>> PurePosixPath('my/library.tar.gar').suffixes
['.tar', '.gar']
>>> PurePosixPath('my/library.tar.gz').suffixes
['.tar', '.gz']
>>> PurePosixPath('my/library').suffixes
[]
PurePath.stem

パス要素の末尾から拡張子を除いたものになります:

>>> PurePosixPath('my/library.tar.gz').stem
'library.tar'
>>> PurePosixPath('my/library.tar').stem
'library'
>>> PurePosixPath('my/library').stem
'library'
PurePath.as_posix()

フォワードスラッシュ (/) を使用したパスを表す文字列を返します:

>>> p = PureWindowsPath('c:\\windows')
>>> str(p)
'c:\\windows'
>>> p.as_posix()
'c:/windows'
PurePath.as_uri()

file URI で表したパスを返します。絶対パスではない場合に ValueError を送出します。

>>> p = PurePosixPath('/etc/passwd')
>>> p.as_uri()
'file:///etc/passwd'
>>> p = PureWindowsPath('c:/Windows')
>>> p.as_uri()
'file:///c:/Windows'
PurePath.is_absolute()

パスが絶対パスかどうかを返します。パスが絶対パスとみなされるのは、ルートと (フレーバーが許す場合) ドライブとの両方が含まれる場合です:

>>> PurePosixPath('/a/b').is_absolute()
True
>>> PurePosixPath('a/b').is_absolute()
False

>>> PureWindowsPath('c:/a/b').is_absolute()
True
>>> PureWindowsPath('/a/b').is_absolute()
False
>>> PureWindowsPath('c:').is_absolute()
False
>>> PureWindowsPath('//some/share').is_absolute()
True
PurePath.is_reserved()

PureWindowsPath の場合はパスが Windows 上で予約されていれば True を返し、そうでなければ False を返します。PurePosixPath の場合は常に False を返します。

>>> PureWindowsPath('nul').is_reserved()
True
>>> PurePosixPath('nul').is_reserved()
False

ファイルシステムで予約されたパスを呼び出すと、原因不明で失敗したり、予期せぬ結果になります。

PurePath.joinpath(*other)

このメソッドの呼び出しは引数 other を順々に繋げることと等価になります:

>>> PurePosixPath('/etc').joinpath('passwd')
PurePosixPath('/etc/passwd')
>>> PurePosixPath('/etc').joinpath(PurePosixPath('passwd'))
PurePosixPath('/etc/passwd')
>>> PurePosixPath('/etc').joinpath('init.d', 'apache2')
PurePosixPath('/etc/init.d/apache2')
>>> PureWindowsPath('c:').joinpath('/Program Files')
PureWindowsPath('c:/Program Files')
PurePath.match(pattern)

現在のパスが glob 形式で与えられたパターンと一致したら True を、一致しなければ False を返します。

pattern が相対表記であればパスは相対および絶対パスを取ることができ、右から一致を調べます:

>>> PurePath('a/b.py').match('*.py')
True
>>> PurePath('/a/b/c.py').match('b/*.py')
True
>>> PurePath('/a/b/c.py').match('a/*.py')
False

pattern が絶対表記であれば、パスは絶対パスでなければならず、パス全体が一致しなければなりません:

>>> PurePath('/a.py').match('/*.py')
True
>>> PurePath('a/b.py').match('/*.py')
False

他のメソッドと同様に、大文字小文字の区別はフレーバーに依存します:

>>> PureWindowsPath('b.py').match('*.PY')
True
PurePath.relative_to(*other)

other で表されたパスから現在のパスへの相対パスを返します。それが不可能だった場合は ValueError が送出されます:

>>> p = PurePosixPath('/etc/passwd')
>>> p.relative_to('/')
PurePosixPath('etc/passwd')
>>> p.relative_to('/etc')
PurePosixPath('passwd')
>>> p.relative_to('/usr')
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
  File "pathlib.py", line 694, in relative_to
    .format(str(self), str(formatted)))
ValueError: '/etc/passwd' does not start with '/usr'
PurePath.with_name(name)

現在のパスの name 部分を変更したパスを返します。オリジナルパスに name 部分がない場合は ValueError が送出されます:

>>> p = PureWindowsPath('c:/Downloads/pathlib.tar.gz')
>>> p.with_name('setup.py')
PureWindowsPath('c:/Downloads/setup.py')
>>> p = PureWindowsPath('c:/')
>>> p.with_name('setup.py')
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
  File "/home/antoine/cpython/default/Lib/pathlib.py", line 751, in with_name
    raise ValueError("%r has an empty name" % (self,))
ValueError: PureWindowsPath('c:/') has an empty name
PurePath.with_suffix(suffix)

suffix を変更した新しいパスを返します。 元のパスに suffix が無かった場合、代わりに新しい suffix が追加されます。 suffix が空文字列だった場合、元の suffix は除去されます:

>>> p = PureWindowsPath('c:/Downloads/pathlib.tar.gz')
>>> p.with_suffix('.bz2')
PureWindowsPath('c:/Downloads/pathlib.tar.bz2')
>>> p = PureWindowsPath('README')
>>> p.with_suffix('.txt')
PureWindowsPath('README.txt')
>>> p = PureWindowsPath('README.txt')
>>> p.with_suffix('')
PureWindowsPath('README')

具象パス

具象パスは純粋パスクラスのサブクラスです。純粋パスが提供する操作に加え、パスオブジェクト上でシステムコールを呼ぶメソッドも提供しています。具象パスのインスタンスを作成するには 3 つの方法があります:

class pathlib.Path(*pathsegments)

PurePath のサブクラスであり、システムのパスフレーバーの具象パスを表します (このインスタンスの作成で PosixPathWindowsPath のどちらかが作成されます):

>>> Path('setup.py')
PosixPath('setup.py')

pathsegments の指定は PurePath と同じです。

class pathlib.PosixPath(*pathsegments)

Path および PurePosixPath のサブクラスで、非 Windows ファイルシステムの具象パスを表します:

>>> PosixPath('/etc')
PosixPath('/etc')

pathsegments の指定は PurePath と同じです。

class pathlib.WindowsPath(*pathsegments)

Path および PureWindowsPath のサブクラスで、Windows ファイルシステムの具象パスを表します:

>>> WindowsPath('c:/Program Files/')
WindowsPath('c:/Program Files')

pathsegments の指定は PurePath と同じです。

インスタンスを作成できるのはシステムと一致するフレーバーのみです (互換性のないパスフレーバーでのシステムコールの許可はバグやアプリケーションの異常終了の原因になります):

>>> import os
>>> os.name
'posix'
>>> Path('setup.py')
PosixPath('setup.py')
>>> PosixPath('setup.py')
PosixPath('setup.py')
>>> WindowsPath('setup.py')
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
  File "pathlib.py", line 798, in __new__
    % (cls.__name__,))
NotImplementedError: cannot instantiate 'WindowsPath' on your system

メソッド

具象パスは純粋パスに加え、以下のメソッドを提供します。これらメソッドの多くはシステムコールが失敗すると OSError を送出します (例えばパスが存在しない場合):

classmethod Path.cwd()

(os.getcwd() が返す) 現在のディレクトリを表す新しいパスオブジェクトを返します:

>>> Path.cwd()
PosixPath('/home/antoine/pathlib')
classmethod Path.home()

ユーザーのホームディレクトリ (os.path.expanduser() での ~ の返り値) を表す新しいパスオブジェクトを返します:

>>> Path.home()
PosixPath('/home/antoine')

バージョン 3.5 で追加.

Path.stat()

(os.stat() と同様の) 現在のパスに関する情報を返します。値はそれぞれのメソッドを呼び出した時点のものになります。

>>> p = Path('setup.py')
>>> p.stat().st_size
956
>>> p.stat().st_mtime
1327883547.852554
Path.chmod(mode)

os.chmod() のようにファイルのモードとアクセス権限を変更します:

>>> p = Path('setup.py')
>>> p.stat().st_mode
33277
>>> p.chmod(0o444)
>>> p.stat().st_mode
33060
Path.exists()

パスが既存のファイルかディレクトリを指しているかどうかを返します:

>>> Path('.').exists()
True
>>> Path('setup.py').exists()
True
>>> Path('/etc').exists()
True
>>> Path('nonexistentfile').exists()
False

注釈

パスがシンボリックリンクを指している場合、exists() はシンボリックリンクが既存のファイルかディレクトリを指しているかどうかを返します。

Path.expanduser()

パス要素 ~ および ~useros.path.expanduser() が返すように展開した新しいパスオブジェクトを返します:

>>> p = PosixPath('~/films/Monty Python')
>>> p.expanduser()
PosixPath('/home/eric/films/Monty Python')

バージョン 3.5 で追加.

Path.glob(pattern)

現在のパスが表すディレクトリ内で pattern に一致する (あらゆる種類の) すべてのファイルを yield します:

>>> sorted(Path('.').glob('*.py'))
[PosixPath('pathlib.py'), PosixPath('setup.py'), PosixPath('test_pathlib.py')]
>>> sorted(Path('.').glob('*/*.py'))
[PosixPath('docs/conf.py')]

パターン "**" は "このディレクトリおよびすべてのサブディレクトリを再帰的に走査" を意味します。言い換えれば、再帰的な Glob 走査が可能という意味です:

>>> sorted(Path('.').glob('**/*.py'))
[PosixPath('build/lib/pathlib.py'),
 PosixPath('docs/conf.py'),
 PosixPath('pathlib.py'),
 PosixPath('setup.py'),
 PosixPath('test_pathlib.py')]

注釈

パターン "**" を大きなディレクトリツリーで使用するととてつもなく時間がかかるかもしれません。

Path.group()

ファイルを所有するグループ名を返します。ファイルの GID がシステムのデータベースに見つからなかった場合は KeyError が送出されます。

Path.is_dir()

パスがディレクトリ (またはディレクトリへのシンボリックリンク) を指していた場合 True を返し、その他の種類のファイルだった場合 False を返します。

パスが存在しないか壊れたシンボリックリンクだった場合にも False が返されます; (パーミッションエラーのような) その他のエラーは伝搬されます。

Path.is_file()

パスが一般ファイル (または一般ファイルへのシンボリックリンク) を指していた場合 True を返します。その他の種類のファイルを指していた場合 False を返します。

パスが存在しないか壊れたシンボリックリンクだった場合にも False が返されます; (パーミッションエラーのような) その他のエラーは伝搬されます。

Path.is_mount()

パス名 path がマウントポイント mount point (ファイルシステムの中で異なるファイルシステムがマウントされているところ) なら True を返します。 POSIX では、この関数は path の親ディレクトリである path/..path と異なるデバイス上にあるか、あるいは path/..path が同じデバイス上の同じ i-node を指しているかをチェックします --- これによってすべての Unix と POSIX 系システムでマウントポイントが検出できます。 この関数は Windows では実装されていません。

バージョン 3.7 で追加.

パスがシンボリックリンクを指していた場合 True を返し、その他の場合は False を返します。

パスが存在しない場合も False を返します; (パーミッションエラーのような) その他のエラーは伝搬されます。

Path.is_socket()

パスが Unix ソケット (または Unix ソケットへのシンボリックリンク) を指していた場合 True を返します。その他の種類のファイルの場合 False を返します。

パスが存在しないか壊れたシンボリックリンクだった場合にも False が返されます; (パーミッションエラーのような) その他のエラーは伝搬されます。

Path.is_fifo()

パスが FIFO (または FIFO へのシンボリックリンク) を指していた場合 True を返します。その他の種類のファイルの場合は False を返します。

パスが存在しないか壊れたシンボリックリンクだった場合にも False が返されます; (パーミッションエラーのような) その他のエラーは伝搬されます。

Path.is_block_device()

パスがブロックデバイス (またはブロックデバイスへのシンボリックリンク) を指していた場合 True を返します。その他の種類のファイルの場合は False を返します。

パスが存在しないか壊れたシンボリックリンクだった場合にも False が返されます; (パーミッションエラーのような) その他のエラーは伝搬されます。

Path.is_char_device()

パスがキャラクターデバイス (またはキャラクターデバイスへのシンボリックリンク) を指していた場合、True を返します。その他の種類のファイルの場合 False を返します。

パスが存在しないか壊れたシンボリックリンクだった場合にも False が返されます; (パーミッションエラーのような) その他のエラーは伝搬されます。

Path.iterdir()

パスがディレクトリを指していた場合、ディレクトリの内容のパスオブジェクトを yield します:

>>> p = Path('docs')
>>> for child in p.iterdir(): child
...
PosixPath('docs/conf.py')
PosixPath('docs/_templates')
PosixPath('docs/make.bat')
PosixPath('docs/index.rst')
PosixPath('docs/_build')
PosixPath('docs/_static')
PosixPath('docs/Makefile')
Path.lchmod(mode)

Path.chmod() のように振る舞いますが、パスがシンボリックリンクを指していた場合、リンク先ではなくシンボリックリンク自身のモードが変更されます。

Path.lstat()

Path.stat() のように振る舞いますが、パスがシンボリックリンクを指していた場合、リンク先ではなくシンボリックリンク自身の情報を返します。

Path.mkdir(mode=0o777, parents=False, exist_ok=False)

与えられたパスに新しくディレクトリを作成します。mode が与えられていた場合、プロセスの umask 値と組み合わせてファイルのモードとアクセスフラグを決定します。パスがすでに存在していた場合 FileExistsError が送出されます。

parents の値が真の場合、このパスの親ディレクトリを必要に応じて作成します; それらのアクセス制限はデフォルト値が取られ、mode は使用されません (POSIX の mkdir -p コマンドを真似ています)。

parents の値が偽の場合 (デフォルト)、親ディレクトリがないと FileNotFoundError を送出します。

exist_ok の値が (デフォルトの) 偽の場合、対象のディレクトリがすでに存在すると FileExistsError を送出します。

exist_ok の値が真の場合、パス要素の末尾がすでに存在するがディレクトリではないときは FileExistsError 例外を送出しますが、ディレクトリであれば送出しません (POSIX の mkdir -p コマンドの挙動と同じ)。

バージョン 3.5 で変更: exist_ok 引数が追加されました。

Path.open(mode='r', buffering=-1, encoding=None, errors=None, newline=None)

組み込み関数 open() のようにパスが指しているファイルを開きます:

>>> p = Path('setup.py')
>>> with p.open() as f:
...     f.readline()
...
'#!/usr/bin/env python3\n'
Path.owner()

ファイルの所有者のユーザー名を返します。ファイルの UID がシステムのデータベースに見つからない場合 KeyError が送出されます。

Path.read_bytes()

指定されたファイルの内容をバイナリオブジェクトで返します:

>>> p = Path('my_binary_file')
>>> p.write_bytes(b'Binary file contents')
20
>>> p.read_bytes()
b'Binary file contents'

バージョン 3.5 で追加.

Path.read_text(encoding=None, errors=None)

指定されたファイルの内容を文字列としてデコードして返します:

>>> p = Path('my_text_file')
>>> p.write_text('Text file contents')
18
>>> p.read_text()
'Text file contents'

ファイルを開いた後に閉じます。 オプションのパラメーターの意味は open() と同じです。

バージョン 3.5 で追加.

Path.rename(target)

このファイルかディレクトリを与えられた target にリネームします。 Unix では target が存在するファイルの場合、ユーザにパーミッションがあれば静かに置換されます。 target は文字列か別のパスオブジェクトです:

>>> p = Path('foo')
>>> p.open('w').write('some text')
9
>>> target = Path('bar')
>>> p.rename(target)
>>> target.open().read()
'some text'
Path.replace(target)

現在のファイルまたはディレクトリの名前を target に変更します。target が既存のファイルかディレクトリを指していた場合、無条件に置き換えられます。

Path.resolve(strict=False)

パスを絶対パスにし、あらゆるシンボリックリンクを解決します。新しいパスオブジェクトが返されます:

>>> p = Path()
>>> p
PosixPath('.')
>>> p.resolve()
PosixPath('/home/antoine/pathlib')

".." 要素は除去されます (このような挙動を示すのはこのメソッドだけです):

>>> p = Path('docs/../setup.py')
>>> p.resolve()
PosixPath('/home/antoine/pathlib/setup.py')

パスが存在せず strictTrue の場合、 FileNotFoundError が送出されます。 strictFalse の場合は、パスは可能な限り解決され、残りの部分は存在するかのチェックをせずに追加されます。 もしパスの解決にあたって無限ループする場合は、RuntimeError が送出されます。

バージョン 3.6 で追加: strict 引数

Path.rglob(pattern)

これは Path.glob()pattern の先頭に "**" を追加して呼び出した場合と似ています:

>>> sorted(Path().rglob("*.py"))
[PosixPath('build/lib/pathlib.py'),
 PosixPath('docs/conf.py'),
 PosixPath('pathlib.py'),
 PosixPath('setup.py'),
 PosixPath('test_pathlib.py')]
Path.rmdir()

現在のディレクトリを削除します。ディレクトリは空でなければなりません。

Path.samefile(other_path)

このパスが参照するファイルが other_path (Path オブジェクトか文字列) と同じであれば True を、異なるファイルであれば False を返します。意味的には os.path.samefile() および os.path.samestat() と同じです。

なんらかの理由でどちらかのファイルにアクセスできない場合は OSError が送出されます。

>>> p = Path('spam')
>>> q = Path('eggs')
>>> p.samefile(q)
False
>>> p.samefile('spam')
True

バージョン 3.5 で追加.

現在のパスに target へのシンボリックリンクを作成します。Windows では、リンク対象がディレクトリの場合 target_is_directory が真でなければなりません (デフォルトは False)。POSIX では、target_is_directory の値は無視されます。

>>> p = Path('mylink')
>>> p.symlink_to('setup.py')
>>> p.resolve()
PosixPath('/home/antoine/pathlib/setup.py')
>>> p.stat().st_size
956
>>> p.lstat().st_size
8

注釈

引数の並び (link, target) は os.symlink() とは逆です。

Path.touch(mode=0o666, exist_ok=True)

与えられたパスにファイルを作成します。mode が与えられた場合、プロセスの umask 値と組み合わせてファイルのモードとアクセスフラグが決定されます。ファイルがすでに存在した場合、exist_ok が真ならばこの関数は正常に終了します (そしてファイルの更新日付が現在の日時に変更されます)。その他の場合は FileExistsError が送出されます。

このファイルまたはシンボリックリンクを削除します。パスがディレクトリを指している場合は Path.rmdir() を使用してください。

Path.write_bytes(data)

指定されたファイルをバイトモードで開き、data を書き込み、ファイルを閉じます:

>>> p = Path('my_binary_file')
>>> p.write_bytes(b'Binary file contents')
20
>>> p.read_bytes()
b'Binary file contents'

同じ名前のファイルがすでにあれば上書きされます。

バージョン 3.5 で追加.

Path.write_text(data, encoding=None, errors=None)

指定されたファイルをテキストモードで開き、data を書き込み、ファイルを閉じます:

>>> p = Path('my_text_file')
>>> p.write_text('Text file contents')
18
>>> p.read_text()
'Text file contents'

バージョン 3.5 で追加.