mmap --- メモリマップファイル


メモリにマップされたファイルオブジェクトは、 bytearrayファイルオブジェクト の両方のように振舞います。しかし通常の文字列オブジェクトとは異なり、これらは可変です。 bytearray が期待されるほとんどの場所で mmap オブジェクトを利用できます。例えば、メモリマップファイルを探索するために re モジュールを使うことができます。それらは可変なので、 obj[index] = 97 のように文字を変換できますし、スライスを使うことで obj[i1:i2] = b'...' のように部分文字列を変換することができます。現在のファイル位置をデータの始めとする読込みや書込み、ファイルの異なる位置へ seek() することもできます。

メモリマップドファイルは Unix と Windows で異なる mmap コンストラクタで生成されます。どちらの場合も、更新用に開かれたファイルディスクリプタを渡さなければなりません。既存の Python ファイルオブジェクトをマップしたければ、 fileno() メソッドを使って fileno パラメータの正しい値を取得してください。そうでなければ、 os.open() 関数を使ってファイルを開けます。この関数はファイルディスクリプタを直接返します(処理が終わったら、やはりファイルを閉じる必要があります)。

注釈

書き込み可能でバッファされたファイルへのメモリマップファイルを作りたいのであれば、まず最初にファイルの flush() を呼び出すべきです。これはバッファへのローカルな修正がマッピングで実際に利用可能になることを保障するために必要です。

For both the Unix and Windows versions of the constructor, access may be specified as an optional keyword parameter. access accepts one of four values: ACCESS_READ, ACCESS_WRITE, or ACCESS_COPY to specify read-only, write-through or copy-on-write memory respectively, or ACCESS_DEFAULT to defer to prot. access can be used on both Unix and Windows. If access is not specified, Windows mmap returns a write-through mapping. The initial memory values for all three access types are taken from the specified file. Assignment to an ACCESS_READ memory map raises a TypeError exception. Assignment to an ACCESS_WRITE memory map affects both memory and the underlying file. Assignment to an ACCESS_COPY memory map affects memory but does not update the underlying file.

バージョン 3.7 で変更: Added ACCESS_DEFAULT constant.

無名メモリ(anonymous memory)にマップするためには fileno として -1 を渡し、length を与えてください。

class mmap.mmap(fileno, length, tagname=None, access=ACCESS_DEFAULT[, offset])

(Windows バージョン) ファイルハンドル fileno によって指定されたファイルから length バイトをマップして、 mmap オブジェクトを生成します。 length が現在のファイルサイズより大きな場合、ファイルサイズは length を含む大きさにまで拡張されます。 length0 の場合、マップの最大の長さは現在のファイルサイズになります。ただし、ファイル自体が空のときは Windows が例外を送出します (Windows では空のマップを作成することができません)。

tagname は、 None 以外で指定された場合、マップのタグ名を与える文字列となります。 Windows は同じファイルに対する様々なマップを持つことを可能にします。既存のタグの名前を指定すればそのタグがオープンされ、そうでなければこの名前の新しいタグが作成されます。もしこのパラメータを省略したり None を与えたりしたならば、マップは名前なしで作成されます。タグ・パラメータの使用の回避は、あなたのコードを Unix と Windows の間で移植可能にしておくのを助けてくれるでしょう。

offset may be specified as a non-negative integer offset. mmap references will be relative to the offset from the beginning of the file. offset defaults to 0. offset must be a multiple of the ALLOCATIONGRANULARITY.

Raises an auditing event mmap.__new__ with arguments fileno, length, access, offset.

class mmap.mmap(fileno, length, flags=MAP_SHARED, prot=PROT_WRITE|PROT_READ, access=ACCESS_DEFAULT[, offset])

(Unix バージョン) ファイルディスクリプタ fileno で指定されたファイルから length バイトをマップし、mmap オブジェクトを返します。length0 の場合、マップの最大の長さは mmap が呼ばれた時点でのファイルサイズになります。

flags はマップの種類を指定します。 MAP_PRIVATE はプライベートな copy-on-write(書込み時コピー)のマップを作成します。従って、mmap オブジェクトの内容への変更はこのプロセス内にのみ有効です。 MAP_SHARED はファイルの同じ領域をマップする他のすべてのプロセスと共有されたマップを作成します。デフォルトは MAP_SHARED です。

prot が指定された場合、希望のメモリ保護を与えます。 2つの最も有用な値は、 PROT_READPROT_WRITE です。これは、読込み可能または書込み可能を指定するものです。 prot のデフォルトは PROT_READ | PROT_WRITE です。

access はオプションのキーワード・パラメータとして、 flagsprot の代わりに指定してもかまいません。 flags, protaccess の両方を指定することは間違っています。このパラメータの使用法についての情報は、先に述べた access の記述を参照してください。

offset may be specified as a non-negative integer offset. mmap references will be relative to the offset from the beginning of the file. offset defaults to 0. offset must be a multiple of ALLOCATIONGRANULARITY which is equal to PAGESIZE on Unix systems.

Mac OS X と OpenVMS において、作成された memory mapping の正当性を確実にするために fileno で指定されたファイルディスクリプタは内部で自動的に物理的なストレージ (physical backing store) と同期されます。

この例は mmap の簡潔な使い方を示すものです:

import mmap

# write a simple example file
with open("hello.txt", "wb") as f:
    f.write(b"Hello Python!\n")

with open("hello.txt", "r+b") as f:
    # memory-map the file, size 0 means whole file
    mm = mmap.mmap(f.fileno(), 0)
    # read content via standard file methods
    print(mm.readline())  # prints b"Hello Python!\n"
    # read content via slice notation
    print(mm[:5])  # prints b"Hello"
    # update content using slice notation;
    # note that new content must have same size
    mm[6:] = b" world!\n"
    # ... and read again using standard file methods
    mm.seek(0)
    print(mm.readline())  # prints b"Hello  world!\n"
    # close the map
    mm.close()

mmap can also be used as a context manager in a with statement:

import mmap

with mmap.mmap(-1, 13) as mm:
    mm.write(b"Hello world!")

バージョン 3.2 で追加: コンテキストマネージャのサポート。

次の例では無名マップを作り親プロセスと子プロセスの間でデータのやりとりをしてみせます:

import mmap
import os

mm = mmap.mmap(-1, 13)
mm.write(b"Hello world!")

pid = os.fork()

if pid == 0:  # In a child process
    mm.seek(0)
    print(mm.readline())

    mm.close()

Raises an auditing event mmap.__new__ with arguments fileno, length, access, offset.

メモリマップファイルオブジェクトは以下のメソッドをサポートしています:

close()

メモリマップファイルを閉じます。この呼出しの後にオブジェクトの他のメソッドの呼出すことは、 ValueError 例外の送出を引き起こします。このメソッドは開いたファイルのクローズはしません。

closed

ファイルが閉じている場合 True となります。

バージョン 3.2 で追加.

find(sub[, start[, end]])

オブジェクト内の [start, end] の範囲に含まれている部分シーケンス sub が見つかった場所の最も小さいインデックスを返します。オプションの引数 startend はスライスに使われるときのように解釈されます。失敗したときには -1 を返します。

バージョン 3.5 で変更: 書き込み可能な bytes-like object を使用できるようになりました。

flush([offset[, size]])

Flushes changes made to the in-memory copy of a file back to disk. Without use of this call there is no guarantee that changes are written back before the object is destroyed. If offset and size are specified, only changes to the given range of bytes will be flushed to disk; otherwise, the whole extent of the mapping is flushed. offset must be a multiple of the PAGESIZE or ALLOCATIONGRANULARITY.

None is returned to indicate success. An exception is raised when the call failed.

バージョン 3.8 で変更: Previously, a nonzero value was returned on success; zero was returned on error under Windows. A zero value was returned on success; an exception was raised on error under Unix.

madvise(option[, start[, length]])

Send advice option to the kernel about the memory region beginning at start and extending length bytes. option must be one of the MADV_* constants available on the system. If start and length are omitted, the entire mapping is spanned. On some systems (including Linux), start must be a multiple of the PAGESIZE.

Availability: Systems with the madvise() system call.

バージョン 3.8 で追加.

move(dest, src, count)

オフセット src から始まる count バイトをインデックス dest の位置へコピーします。もし mmap が ACCESS_READ で作成されていた場合、 TypeError 例外を発生させます。

read([n])

現在のファイル位置からの最大 n バイトを含む bytes を返します。引数が省略されるか、 None もしくは負の値が指定された場合、現在のファイル位置からマップ終端までの全てのバイト列を返します。ファイル位置は返されたバイト列の直後を指すように更新されます。

バージョン 3.3 で変更: 引数が省略可能になり、 None も受け付けるようになりました。

read_byte()

現在のファイル位置のバイトを整数値として返し、ファイル位置を 1 進めます。

readline()

現在のファイル位置から次の改行までの、1行を返します。

resize(newsize)

マップと元ファイル(がもしあれば)のサイズを変更します。もし mmap が ACCESS_READ または ACCESS_COPY で作成されたならば、マップサイズの変更は TypeError 例外を発生させます。

rfind(sub[, start[, end]])

オブジェクト内の [start, end] の範囲に含まれている部分シーケンス sub が見つかった場所の最も大きいインデックスを返します。オプションの引数 startend はスライスに使われるときのように解釈されます。失敗したときには -1 を返します。

バージョン 3.5 で変更: 書き込み可能な bytes-like object を使用できるようになりました。

seek(pos[, whence])

ファイルの現在位置をセットします。 whence 引数はオプションであり、デフォルトは os.SEEK_SET つまり 0 (絶対位置)です。その他の値として、 os.SEEK_CUR つまり 1 (現在位置からの相対位置)と os.SEEK_END つまり 2 (ファイルの終わりからの相対位置)があります。

size()

ファイルの長さを返します。メモリマップ領域のサイズより大きいかもしれません。

tell()

ファイルポインタの現在位置を返します。

write(bytes)

メモリ内のファイルポイントの現在位置に bytes のバイト列を書き込み、書き込まれたバイト数を返します(もし書き込みが失敗したら ValueError が送出されるため、len(bytes) より少なくなりません)。ファイル位置はバイト列が書き込まれた位置に更新されます。もしmmapが:const:ACCESS_READ とともに作成されていた場合は、書き込みは TypeError 例外を送出するでしょう。

バージョン 3.5 で変更: 書き込み可能な bytes-like object を使用できるようになりました。

バージョン 3.6 で変更: 書きこまれたバイト数を返すようになりました。

write_byte(byte)

メモリ内のファイル・ポインタの現在位置に整数 byte を書き込みます。ファイル位置は 1 だけ進みます。もし mmap が ACCESS_READ で作成されていた場合、書き込み時に TypeError 例外を発生させるでしょう。

MADV_* Constants

mmap.MADV_NORMAL
mmap.MADV_RANDOM
mmap.MADV_SEQUENTIAL
mmap.MADV_WILLNEED
mmap.MADV_DONTNEED
mmap.MADV_REMOVE
mmap.MADV_DONTFORK
mmap.MADV_DOFORK
mmap.MADV_HWPOISON
mmap.MADV_MERGEABLE
mmap.MADV_UNMERGEABLE
mmap.MADV_SOFT_OFFLINE
mmap.MADV_HUGEPAGE
mmap.MADV_NOHUGEPAGE
mmap.MADV_DONTDUMP
mmap.MADV_DODUMP
mmap.MADV_FREE
mmap.MADV_NOSYNC
mmap.MADV_AUTOSYNC
mmap.MADV_NOCORE
mmap.MADV_CORE
mmap.MADV_PROTECT

These options can be passed to mmap.madvise(). Not every option will be present on every system.

Availability: Systems with the madvise() system call.

バージョン 3.8 で追加.