12.4. marshal — 内部使用向けの Python オブジェクト整列化


このモジュールには Python 値をバイナリ形式で読み書きできるような関数が含まれています。このバイナリ形式は Python 特有のものですが、マシンアーキテクチャ非依存のものです (つまり、Python の値を PC 上でファイルに書き込み、Sun に転送し、そこで読み戻すことができます)。バイナリ形式の詳細は意図的にドキュメント化されていません; この形式は (稀にしかないことですが) Python のバージョン間で変更される可能性があるからです。[1]

このモジュールは汎用の 「永続化 (persistence)」 モジュールではありません。汎用的な永続化や、RPC 呼び出しを通じた Python オブジェクトの転送については、モジュール pickle および shelve を参照してください。 marshal モジュールは主に、 「擬似コンパイルされた (pseudo-compiled)」 コードの .pyc ファイルへの読み書きをサポートするために存在します。したがって、 Python のメンテナンス担当者は、必要が生じれば marshal 形式を後方互換性のないものに変更する権利を有しています。 Python オブジェクトを直列化 (シリアライズ) および非直列化 (デシリアライズ) する場合には、 pickle モジュールを使ってください。 pickle は速度は同等で、バージョン間の互換性が保証されていて、 marshal より広範囲のオブジェクトをサポートしています。

警告

marshal モジュールは、誤ったデータや悪意を持って作成されたデータに対する安全性を考慮していません。信頼できない、もしくは認証されていない出所からのデータを非整列化してはなりません。

すべての Python オブジェクト型がサポートされているわけではありません。一般に、このモジュールによって読み書きすることができるオブジェクトは、その値が Python の特定の起動に依存していないオブジェクトに限ります。次の型がサポートされています。真偽値、整数、浮動小数点数、複素数、文字列、 byte 、bytearray 、タプル、リスト、 set 、frozenset 、辞書、コードオブジェクト。ここで、タプル、リスト、 set 、 frozenset 、辞書は、その中に含まれる値がそれ自身サポートされる場合に限りサポートされます。シングルトン NoneEllipsisStopIteration も読み書き (marshalled and unmarshalled) できます。3 未満のフォーマット version では、再帰的なリスト、 set 、辞書を書き出すことはできません (下記参照)。

There are functions that read/write files as well as functions operating on bytes-like objects.

このモジュールでは、以下の関数が定義されています。

marshal.dump(value, file[, version])

Write the value on the open file. The value must be a supported type. The file must be a writeable binary file.

値 (または値に含まれるオブジェクト) がサポートされていない型の場合、 ValueError 例外が送出されます — しかし、同時にごみのデータがファイルに書き込まれます。このオブジェクトは load() で適切に読み出されることはありません。

version 引数は dump が使用するデータフォーマットを指定します (下記を参照してください)。

marshal.load(file)

Read one value from the open file and return it. If no valid value is read (e.g. because the data has a different Python version’s incompatible marshal format), raise EOFError, ValueError or TypeError. The file must be a readable binary file.

注釈

サポートされていない型を含むオブジェクトが dump() で整列化されている場合、 load() は整列化不能な値を None で置き換えます。

marshal.dumps(value[, version])

Return the bytes object that would be written to a file by dump(value, file). The value must be a supported type. Raise a ValueError exception if value has (or contains an object that has) an unsupported type.

version 引数は dumps が使用するデータフォーマットを指定します (下記を参照してください)。

marshal.loads(bytes)

Convert the bytes-like object to a value. If no valid value is found, raise EOFError, ValueError or TypeError. Extra bytes in the input are ignored.

これに加えて、以下の定数が定義されています:

marshal.version

このモジュールが利用するバージョンを表します。バージョン0 は歴史的なフォーマットです。バージョン1 は文字列の再利用をします。バージョン2 は浮動小数点数にバイナリフォーマットを使用します。バージョン3 はオブジェクトのインスタンス化と再帰をサポートします。現在のバージョンは4です。

脚注

[1]このモジュールの名前は (特に) Modula-3 の設計者の間で使われていた用語の一つに由来しています。彼らはデータを自己充足的な形式で輸送する操作に 「整列化 (marshalling)」 という用語を使いました。厳密に言えば、」整列させる (to marshal)」 とは、あるデータを (例えば RPC バッファのように) 内部表現形式から外部表現形式に変換することを意味し、」非整列化 (unmarshalling)」 とはその逆を意味します。