20.1. html --- HyperText Markup Language のサポート

ソースコード: Lib/html/__init__.py


このモジュールは HTML を操作するユーティリティを定義しています。

html.escape(s, quote=True)

文字列 s 内の &<、および > を HTML セーフなシーケンスに変換します。これらの文字を含む HTML を表示する必要がある場合に使用します。オプションフラグ quote が真の場合、文字 (") および (') も変換します。これは例えば <a href="..."> など、引用符で括られている HTML 属性値を包含する時に役立ちます。

バージョン 3.2 で追加.

html.unescape(s)

文字列 s 中の名前や数字による参照 (e.g. &gt;, &#62;, &x3e;) を全て対応するユニコード文字に変換します。この関数は HTML 5 標準規格で定められた規則を用います。対象は有効な文字参照および無効な文字参照、そして list of HTML 5 named character references です。

バージョン 3.4 で追加.


html パッケージのサブモジュールは以下のとおりです: