fnmatch --- Unix ファイル名のパターンマッチ

ソースコード: Lib/fnmatch.py


このモジュールは Unix のシェル形式のワイルドカードに対応しています。これらは、 (re モジュールでドキュメント化されている) 正規表現とは 異なります 。シェル形式のワイルドカードで使われる特殊文字は、次のとおりです。

Pattern 意味
* すべてにマッチします
? 任意の一文字にマッチします
[seq] seq にある任意の文字にマッチします
[!seq] seq にない任意の文字にマッチします

リテラルにマッチさせるには、メタ文字を括弧に入れてください。例えば、'[?]' は文字 '?' にマッチします。

ファイル名の区切り文字 (Unixでは '/') はこのモジュールに固有なものでは ない ことに注意してください。パス名展開については、 glob モジュールを参照してください (glob はパス名の部分にマッチさせるのに fnmatch() を使っています)。同様に、ピリオドで始まるファイル名はこのモジュールに固有ではなくて、 *? のパターンでマッチします。

fnmatch.fnmatch(filename, pattern)

Test whether the filename string matches the pattern string, returning True or False. Both parameters are case-normalized using os.path.normcase(). fnmatchcase() can be used to perform a case-sensitive comparison, regardless of whether that's standard for the operating system.

次の例では、カレントディレクトリにある、拡張子が .txt である全てのファイルを表示しています:

import fnmatch
import os

for file in os.listdir('.'):
    if fnmatch.fnmatch(file, '*.txt'):
        print(file)
fnmatch.fnmatchcase(filename, pattern)

Test whether filename matches pattern, returning True or False; the comparison is case-sensitive and does not apply os.path.normcase().

fnmatch.filter(names, pattern)

pattern にマッチする names のリストの部分集合を返します。[n for n in names if fnmatch(n, pattern)] と同じですが、もっと効率よく実装しています。

fnmatch.translate(pattern)

シェルスタイルの pattern を、re.match() で使用するための正規表現に変換して返します。

例:

>>> import fnmatch, re
>>>
>>> regex = fnmatch.translate('*.txt')
>>> regex
'(?s:.*\\.txt)\\Z'
>>> reobj = re.compile(regex)
>>> reobj.match('foobar.txt')
<re.Match object; span=(0, 10), match='foobar.txt'>

参考

glob モジュール
Unix シェル形式のパス展開。