他のグラフィカルユーザインタフェースパッケージ

主要なクロスプラットフォーム (Windows, Mac OS X, Unix 系) GUI ツールキットで Python でも使えるものは:

参考

PyGObject

PyGObject は GObject の GObject introspection を利用するバインディングです。 これらのライブラリの一つが GTK+ 3 ウィジットセットです。 GTK+ には、Tkinter が提供するよりも多くのウィジェットが付属しています。 オンラインで利用できる Python GTK+ 3 Tutorial があります。

PyGTK

PyGTK はより古いバージョンであるライブラリ GTK+ 2 に対するバインディングを提供しています。 それは C での実装よりはやや高級なオブジェクト指向インターフェイスを提供しています。 GNOME へのバインディングもあります。 オンラインで利用できる チュートリアル があります。

PyQt

PyQtは sip でラップされた Qt ツールキットへのバインディングです。 Qt は Unix、Windows および Mac OS X で利用できる大規模な C++ GUI ツールキットです。 sip は C++ ライブラリに対するバインディングを Python クラスとして生成するためのツールで、Python 用に特化して設計されています。

PySide2

Also known as the Qt for Python project, PySide2 is a newer binding to the Qt toolkit. It is provided by The Qt Company and aims to provide a complete port of PySide to Qt 5. Compared to PyQt, its licensing scheme is friendlier to non-open source applications.

wxPython

wxPython はクロスプラットフォームの Python 用 GUI ツールキットで、人気のある wxWidgets (旧名 wxWindows) C++ ツールキットに基づいて作られています。 このツールキットは Windows, Mac OS X および Unix システムのアプリケーションに、それぞれのプラットフォームのネイティブなウィジェットを可能ならば利用して (Unix 系のシステムでは GTK+)、ネイティブなルック&フィールを提供します。 多彩なウィジェットの他に、オンラインドキュメントや場面に応じたヘルプ、印刷、HTML 表示、低級デバイスコンテキスト描画、ドラッグ&ドロップ、システムクリップボードへのアクセス、XML に基づいたリソースフォーマット、さらにユーザ寄贈のモジュールからなる成長し続けているライブラリ等々を wxPython は提供しています。

PyGTK, PyQt, PySide2, and wxPython, all have a modern look and feel and more widgets than Tkinter. In addition, there are many other GUI toolkits for Python, both cross-platform, and platform-specific. See the GUI Programming page in the Python Wiki for a much more complete list, and also for links to documents where the different GUI toolkits are compared.