Tk を用いたグラフィカルユーザインターフェイス

Tk/Tcl は長きにわたり Python の不可欠な一部でありつづけています。Tk/Tcl は頑健でプラットホームに依存しないウィンドウ構築ツールキットであり、Python プログラマは tkinter パッケージやその拡張の tkinter.tix および tkinter.ttk モジュールを使って利用できます。

tkinter パッケージは Tcl/Tk 上に作られた軽量なオブジェクト指向のレイヤです。 tkinter を使うために Tcl コードを書く必要はありませんが、Tk のドキュメントや、場合によっては Tcl のドキュメントを調べる必要があるでしょう。tkinter は Tk のウィジェットを Python のクラスとして実装しているラッパをまとめたものです。加えて、内部モジュール _tkinter は、Python と Tcl とがやり取りできるスレッドセーフなメカニズムを提供しています。

tkinter の一番素晴らしい点は、速く、そしてほとんどの Python に付属していることです。標準ドキュメントが頼りないものだとしても、代わりとなる、リファレンス、チュートリアル、書籍その他が入手可能です。tkinter は古臭いルックアンドフィールでも有名ですが、その点は Tk 8.5 で大きく改善されました。とはいえ、他にも興味を引きそうな GUI ライブラリは多数あります。それらについてのより詳しい情報は 他のグラフィカルユーザインターフェースパッケージ 節を参照してください。